コラム

 公開日: 2014-09-09  最終更新日: 2015-03-31

その課税額、自身で確認していますか?

 雨も上がり、今日は外出日和の予報です。

 お元気ですか!
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今朝の日経朝刊に出ていました「固定資産税の徴収ミス」の記事はお読みになった方も多いかと思います。 徴収ミスが「過少」であれば、税務署以外誰も文句は言わないでしょうが(苦笑) さすがにそれはなく、「過徴収」というのは、善良な納税者から見れば腹立たしい事ですね。

 なぜ、こういう事態になるかとその原因についても書かれていましたが、単純なデーター入力時の数字の打ち間違えによる地積(土地の面積)の過大評価や、住宅用地に適用される特例の適用忘れ等、ヒューマンエラーが主原因だそうです。

  「お上のやる事に間違いはない。」 は今は昔の話になってしまいましたね。

 実は、かくいう私もこれとは違うケースでしたが、お上のミスを実体験しています。 
この仕事に就いてからですが、参考までにと思い父親名義の「深山幽谷」にある土地の固定資産税の納付履歴を調べたところ、ある年から地目が変更され、課税価額が「上方修正」されていたのです。

 早速、問い合わせをしたところ、近隣の土地開発に伴う評価見直しの際に「勝手な見込み判断で」変更していたのです。
「隣接する土地に県道が延伸され、住宅地開発が決定された為、エリア全域の見直しの際に、取り違えたようです・・・」
3度目の問い合わせで、漸くここまでの回答を得ることが出来、即地目変更と過徴収分の修正を約してくれました。(とはいっても総額でも〇万円単位のレベルですので公表は差し控えます)

 自慢にもなりませんが、父の土地は木々が生い茂る「森林」と化しており、また道路にも面していません。 一度でも現地を見れば分かりそうなものですが、「思い込み」なのか「確信犯」だったのかは、未だに判断しかねます。

 確定申告を経験した方はご存知でしょうが、金額に疑義がある場合はこちらから申告しなければいけません。先方からご丁寧に「何年度分の申告額は過大です、返金しますから連絡を」とは絶対に来ません。 その逆は必ず連絡が来ますが。

 固定資産税も同様ですし、相続税の場合の不動産の評価額も「他人任せ」にするのは危険(または損)を伴うのです。
仮に貴方名義の不動産、または父親や母親名義の不動産があるという方でこれまで自分でその評価額を計算したという方、いらっしゃいますか?

 国税庁のHPを見れば、全国の路線価が掲載されていますから、そこからおおよその評価額が分かり、それを基にして相続税の推定額も算定出来るのです。

 私の業務でもある「相続財産調査」では、相続財産の全貌把握のために不動産物件等もその詳細を調べます。 そこから導き出される推定の相続税総額から相続税対策や適法な節税対策を考える事に繋がります。

 この意味からも、親子健全な体調のうちに財産の情報の共有化は必須事項と、私は思います。
その為の第一歩として、まずは固定資産税の額、地目、地積の確認を始めてみてはいかがでしょう?

 よく言われるたとえ話ですが、「金持ちほど支払いの際の内訳や明細をじっくり確認し、内容の確認を求め、おカネのない人ほど明細を見もせずにポケットにしまったり、即捨てている。」と言います。

 さらに話が飛びますが、相続問題で泥沼の近親憎悪に陥るのは遺産額がせいぜい5,000万円以内のケースが最多だそうで、億単位の場合には事前の打ち合わせを済ませているケースが多く、さほど揉めることが無いと言います。

 好き嫌いや得手不得手の問題ではなく、数字に関心を持つ事、自分でも計算してみる習慣をつける事、決して損にはならないと私は信じています。



 さて、おしまいは余談ですが、近年「深山幽谷」にある土地を実見しましたが、役所の区画図では直線で仕切られている隣接する土地との境界線でしたが実際は木々と下草に覆われた丘、谷、小川などが入り組み、当然境界線を示す標識もなく、相続したとしてどう扱っていいのか? しばし唖然としました。

 登記簿を見た後は、実際の不動産の現況も確かめておく方がいいと思った私の体験談でした。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

週刊現代の2017年10月14・21日合併号で記事が掲載されました。 今や「負動産」ともいわれる使いみちのない土地の相続で頭を悩ます方が少なくありません。この状...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
いよいよ始まる基礎控除枠縮小後の相続税税務調査

 【今日のポイント】  国税庁が13日に発表した税務調査結果から見る申告漏れと追徴課税の実態とその傾向につ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

 成年後見制度~親の後見人になる場合の注意点は?

 【今日のポイント】  認知症を始めとして、病気や事故で判断能力が著しく低下した場合、成年後見制度によっ...

[ 終活~後見制度を知ること ]

いま最も厳しい環境のサラリーマンは 40代半ば!!

 【今日のポイント】  最近の新聞や雑誌などでは50代で次の仕事を考え始めないと間に合わない等の記事が特集...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

「負動産」と化す所有者不明の「不動産」問題

 【今日のポイント】  全国にはどのくらいの所有者が分からない土地があるでしょうか?先日発表されたデ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

個人認証カードはただ今連敗中!?

 【今日のポイント】  今を去ること2年前の10月から通知が開始され、2016年1月から交付が始まった「マイナ...

[ マイナンバー制度の基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ