コラム

 公開日: 2014-08-24  最終更新日: 2015-03-31

ますます増える「相続・遺言」関連広告と注意点とは?

 なぜか東京は集中豪雨や異常気象に遭遇しません。
今日も、やや曇りがちですが普通の夏の日です。

 お元気ですか?
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 もうすぐ9月です、そして年末まであと4ヶ月になります。
2015年もあっという間にやってくるでしょうね。

 今回は、以前から何度も採り上げましたし、最近は新聞、雑誌やテレビでも採り上げられる事が多くなった「相続・遺言」に関する話題と、それに関連する各業種からのアプローチについてです。

 今月発売の月刊誌の広告宣伝の頁で「相続・遺言」関連の広告を掲載していた業種と内容です。

1)銀行・信託銀行   
  遺言信託、孫への教育資金贈与信託。

2)建設・不動産関連  
  2世帯住宅、不動産の等価交換方式による節税提案。
  タワーマンション節税。
  相続対策としての賃貸住宅事業。

3)証券会社     
  各種の相続サービス、相続財産調査、資産承継のサポート等。

4)当の月刊誌出版社  
  相続・遺言セミナー開催のお知らせ ~上記内容の包括的な解説等


 貴方のところにも、取引金融機関や証券各社、または見知らぬ不動産各社等から打診はありませんか?

 現在私は金融機関3行、証券会社2社、不動産会社1社と取引をしていますが、既に4月時点で全部からこの手の内容の案内やセミナーの勧誘が届きました。なかなか機を見るに敏な取引先ばかりです(苦笑)

 今回紹介した月刊誌では掲載されてませんでしたが、生保業界も「相続税対策としての活用」の啓蒙に注力しています。他にもFP(ファイナンシャルプランナー)関係からも案内状等も目立っています。


 もちろん、ビジネスが絡む話ですから「下心あっての」セミナーであり、資料提供ではあります。
しかしながら、最新の節税対策としての提案には耳を傾けてもいいと思います。

 ですが、その前段階として、親の立場であれば、遺言書の用意や財産の分配について、子の立場であれば相続人の確定や相続財産の把握は最低限済ませておくべきで、さらには子は相続の発生後の各種の届け出や手続き全般についても知っておくべきです。

 さらに、出来れば改正される相続税法や、贈与税の引き上げ、その逆の非課税枠の改訂等、法的な内容についても一通りは調べておくべきでしょう。

 自分たちの財産を把握していれば、セミナーで教えられた節税法が今の自分に適当なものかどうか、自身で検証する事が出来ます。 帰宅後に自分たちで試算する事も可能になります。

 多くの場合、無料診断、無料アドバイス等の名目で相続税の計算や、この提案を用いた場合の節税効果等をサポートしてくれますが、「個人情報」は筒抜けになっている訳です。

 その後の、営業連絡がある事は言わずもがなですね。

 サービスは受けるが、営業トークは断固謝絶出来るような「意志強固」な方なら、問題ありません。

 せっかく調べてくれたのだから、話だけでも・・・ 
 自分では心許ないから、面倒だから頼んでしまうか?・・・という優柔不断型の場合は要注意です、せめて複数の提案を聴いて比較する事はお忘れなきように! どの世界でも「相みつ」は必須です。

 最も問題なのは、セミナーに行けば結局は売り込みされる。煩わしい事は嫌いなので全てお断り! 自分で調べれば何とかなるでしょう。という唯我独尊的な対応です。

 
 言うは易し、という通り相続人の確定や相続財産の調査という初歩的な作業ですら正確に対応出来る一般の方は滅多にいません。

 以前にも書きましたが戸籍をとりに本籍のある場所でなく、居住している場所の区役所に行ったという笑えない話も少なくないのです。

 まして相続税の正しい計算や、相続人毎の相続税額の算定等は一回でパスする事は難しいでしょう。
これら以外にも死亡届の提出期限や金融機関への連絡と口座凍結、相続放棄の期限、相続税の申告と納付期限等、初めての相続発生の場合、ついうっかり忘れがちになるものです。

 話は聞きたいが、そのまま営業の話に持ち込まれるのはどうも・・・
 でも相続に関する事はイロハから知っておきたい・・・

 このような場合に、お気軽に私(のような行政書士)に御連絡下さい。
一般的な手続きの説明や疑問点等への回答は「無料相談」で承ります。

 遠くの親戚(銀行?)よりも、近くの行政書士、出来れば寺田を、思い出して頂ければ幸いです。 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ