コラム

 公開日: 2014-08-15  最終更新日: 2015-03-31

生前準備が浸透しない理由とは? 

  お元気ですか!

 今日もコラムを更新しました。
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


  私もこの仕事を始めてもうすぐ3年、この2年はエンディングノートから相続や遺言、あるいは後見等の「最期の時を迎える前の備え」についてを主体にコラムを書いてきました。

さらに最近はTVや雑誌等でもエンディングノートや葬儀までのあれこれ、お墓の話などこれまでどちらかと言えば避けられてきた話題が公に話が出来る環境に変ってきました。

 ですが、改めて相談や依頼に来られる方々は基礎的な部分を判っていなかったり、思い込み、思い違い等がかなり見受けられます。

 概ね私のところに足を運んで下さる方はブログやコラムを読んできていますし、相談に来られた方からの口コミの場合でも大半はこのコラムを読んでからというケースが大半です。なのに、書かれてある内容を改めて相談されたり、意味を取り違えて理解してきたりと(この点は私の文章力にも問題ありなのですが)いう例が少なくありません。

 先日も凍結された口座の解除についてでしたが「戸籍」と「住民票」を混同し、現住所の区役所に出向いて「戸籍謄本」を取得しようとした方がいらしゃいました。

 別件では区役所のフロアから連絡されてきて「戸籍謄本の申請用紙がありません! 〇〇区では全部事項証明というものしかないそうですが、どうしたら?」と相談されました。

 お二方とも基本的な部分の理解不十分の結果、気の毒に貴重な1日を無為に費やしたのです。

~念のため、前者は本籍地の役所でしか戸籍謄本は取得できませんし、後者にも繋がりますが最近は戸籍謄本というより全部事項証明という名称が多くなっています。内容は同一のものです~


 特にいざ本番(不謹慎な表現ですが)となって慌てて相談に来られる方が口をそろえて言われる事があります。「いや~、実際の場面になったらすっかり忘れてしまって」「雑事に忙殺されていつの間にか何をして何をしてないかも分からなくなりました。」という苦労話でした。

 立場を変えて、行政書士の取扱業務は一説には2万件を超えるとありました。
恥を忍んで書きますが、すべてを網羅出来ている訳もなく、自分でメイン業務と決めた何種類かの業務関連についての基礎知識、最新情報、実際の事例収集等に日々追われているのが実態です。

 ですが、確実に体得出来て自身の血肉となるのは毎日の座学よりもただ一度の実務経験です。頭では理解出来ていても実際の場面ではその通りの順番で事が進むとは限りませんし、応用や柔軟な対応を強いられる方が多いかもしれません。

  
 例えば受験、資格試験や 趣味の検定等を考えてみましょう。

 これらも毎日の研鑚が結果に繋がるものですが、上記とは決定的に違う点があります。
それは実施日があらかじめ決められている=いつまでにという目安が当事者が把握出来る点です。

 いつの時点で100%の備えをしておく為には、今日は此処まで、明日は此処までといったタイムスケジュールの逆算が可能ですね。(実行出来るか出来ないかは別ですよ)

 これに対して「その時を迎えてからの行動」はいつ訪れるか分かりません。
明日かもしれませんし、10年後かもしれません。 それまでは当てもなく日々研鑚を続けるのです。

 最近はあまり耳にしなくたっており個人的には気になってはいる事ですが、地震の備えもどうでしょう?節電、節水、緊急避難用品、非常食の備蓄等今でも持続できている方、どのくらいいるのでしょう?

 生前準備についても全く同じと思います。
実施日が当日まで分からない事でせっかく一時期根を詰めて学習した事もストックしておいた資料等も時間の経過とともに「初期化」してしまうのです。

 
・いつ来るかわからない
・でも必ずやってくる
・それは親子の年齢に関係なく貴方にも当てはまる

 貴方が50代ならば、親の立場、子の立場共に上記3点を常に念頭に置いて下さい。
生前準備の意識が浸透するかしないかは、ひとえに本人の自覚にかかっているのです! 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様個人事業主が常に考えておくべきこと

 【今日のポイント】  私のように、個人事務所や個人事業で日々働いているおひとり様。仕事に関する全責任...

[ おひとり様の終活 ]

今年の確定申告顛末記

 今日のコラムは、先月コラムで取り上げましたパソコンの不具合の続編?的なぼやきです。確定申告の時に直面し...

[ 新橋事務所日記 ]

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認...

[ 終活~相続 ]

新しい形で自分情報を記録する
イメージ

 【今日のポイント】  万が一の備えとして、遺言の前段階にエンディングノートの作成を考える方が増えていま...

[ 終活~エンディングノート ]

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ