コラム

 公開日: 2014-08-12  最終更新日: 2015-03-31

遺言の書き方ひとつで変わる相続2  ~寄与分について

 お盆真っ最中の今週ですが、貴方は今帰省先でしょうか?
それとも家族で旅行でしょうか? 私は今日も事務所です・・・


 こんにちは!
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今日のテーマは前回に引き続き、遺言の書き方で変わる相続についてです。

寄与分 ~平等の為の公平な相続とは?


 子供が2人以上いる場合、皆平等に可愛いと思うのが親心なのでしょうが、親の心子知らずで親への接し方にはかなりの温度差がある場合、親としては悩みます。
 仮に一人住まいの自分のところによく顔を出してくれ、面倒を見てくれる子と、忘れた頃にやってきて目的はお金の無心ばかりという子、後者には相続させたくない!までは行かないにしても、自分に良くしてくれた子には「特別な」相続をさせてあげたいと思っても仕方ないことでしょう。

 その反面、出来の悪い子ほどかわいい? という想いで相続に差をつけるのは忍びない。でもそうなるとよくしてくれた子の方に不満が残るのでは? あっちを立てればこっちが立たずですね。

 自分の遺した遺言で兄弟喧嘩を招いては死んでも死に切れない、でも介護してくれた子には報いてあげたい。不毛な押し問答を繰り返しているうちに「その時を迎えた」という事態となれば、結果は最悪です。

 何度も書きましたが、遺言が無ければ「法定相続」に基づいた「遺産分割協議」で相続を完了させなくてはいけません。が、親に対しての温度差はこの時に「爆発」するのが一般的です。

 ~俺は長男なんだから、法定相続分は貰って当たり前!
 ~実家に残って面倒見てたんだ!長男次男関係なし!相当のプラスαは当然の要求!

 ~親の面倒を口実に預金を自由に引出していたろう!何に使ったか明細を見せろ!
 ~もしかしたら親に寄与分を書けと強制したんだろう!

 など等、ここまで来るともはや修復は不可能に近いです。典型的な泥仕合ですね。

 確かに、同居している事を口実に「恩恵を過分に」享受するケースもありますし、親が仮に認知症等になっていた場合はほぼ自由に、無制限に親の口座を「活用する」という話も聞きます。

 まじめに親の介護や世話にかかった分だけを口座から引き出していたとしても、別居している他の兄弟から見れば「証拠不十分なグレーゾーン」としか見てくれません。この様な事態を回避するには、事前に兄弟間で協議の上、親の口座から一定額を介護専用の口座を新設し,移動させておく事です。

 この口座の通帳の入出金の履歴を見れば引き出した日付と金額は一目瞭然で、そこに領収証等の証憑を添付しておけば、とやかく言われる隙を与えません。

 蛇足ですが、親が認知症になり、同居の子供が成年後見人になっていた場合は特にお金の出し入れには慎重を期すことです。親族の間での盗みや横領等は「親族相盗例」と言う規定が刑法に定められており、被害に遭った本人からの訴えが無ければ罪に問えないのです。

 ですが、最高裁の判例で成年後見人になっている子の場合はこれを適用せずとなり、実際に認知症の親の財産を無断で使って有罪判決が出ています。後見人としての月額報酬等を貰ってないのだから考慮してという釈明も通りません。あくまでも「業務上横領」とされるのです。

・親の夕食におかずを買った「ついでに」自分の分も買ってしまう。
・親の病院への送迎用のマイカーが古くなったので、新車のワンボックスに買替えた。
・病院に行く際に、見栄えのいい格好でなくてはとスーツを新調した。

 最初は小額でも、ついつい、このくらいまでなら、これだって介護の枠内だとどんどん自分勝手な判断が膨らみます。 親の財産はあくまでも親のモノという単純な理屈を忘れないようにしましょう!

 子供たちにこの様な修羅場を招かない為には、貴方が心を決めるしかないのです。
勇気を持って遺言書に面倒を見てくれた子供の貢献度を明記して寄与分を書く事です。
寄与分には法定相続のような「強制力」はありませんが、何といっても「親の最期の願い」なのです。これを邪険にするまでの「不肖の子供」はさすがにそうはいないでしょう(ゼロとは言いません)

 よく混同されがちなのが「平等と公平」です。
親の心情的には子供間に差をつけたくないと思うでしょうが、それを優先するという事は遺産の相続に公平さを欠くことになるのです。あえて不平等にすることが、公平な遺産の分割になる事を理解して下さい。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ