コラム

 公開日: 2014-07-07  最終更新日: 2015-03-31

行政書士の仕事は「仕入れ」がすべて?

  週明けから台風接近の余波でしょうか、雨が止みません。

 お元気ですか!
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今回のテーマは、物やサービスの価値についてです。
何かしら、相手に提供する事で報酬を得るという点から見れば、モノを売る場合も、情報やサービスの提供も同じ括りですね。

 「材料~素材」を「仕入れて」
 自分なりの「調理~加工」を加えて
 「価値をつけて」提供する。 この付加価値部分が「報酬」となる訳ですね。

 飲食の場合なら、新鮮な食材である事は大きなアドバンテージですね。
中には、素材の新鮮さが落ちた分を補う様な技巧(調理や味付け)で堂々の完成品とする場合もあります。
例えば、そのままでは食するには適さない牛スジも、手間と時間をかければ絶品の一品になります。

 逆に新鮮な食材ならば、何ら手を加えず素材そのものの味で十分「報酬を得られる」商品になりますね。仕入れルートを持っている事が大きなアドバンテージなのです。


 以前も書きましたが、私の仕事には決まった形はありません。私以外の同業者も当然扱っている業務をしています。 勝手な「調理」をしたら資格はく奪になり兼ねません!!

 では、他の仕事の様に、差別化は出来るのでしょうか?
「加工や調理」は禁じ手ですから、残るは「仕入れ」ですね。 士業で「仕入れ」とは???

 私の場合は「情報と知識」と考えています。

 常に変化する経済状況や社会情勢を知らずして、今に最適なアドバイスが出来る訳もありません。日々蓄積される知識、専門知識以外にも関連する業界の知識や所謂社会人として必須のマナーや社会常識というものも知識の範疇です。

 法の解釈の変化、新解釈の登場、新法の施行等、予想以上に変化、追加が発生しています。 特にこのコラムやブログ等の様に「文字に残る」情報の提供の場合はその鮮度(有効度)が問われます。

 私は可能な限り、関連する法令等は記載した日付、判例であればその年月日などを掲載します。食品の賞味期限ではありませんが、過去のブログの記載を見て安心したところ、その後の法改正で現在では適当でない事例が無いとは言えません。 皆様も、日付があまりに古い掲載事例は鵜呑みにはしないで下さい。

 気になる事項でしたら、お問い合わせいただけましたら、内容の適否を確認してお答えします。

 法は「絶対」ですがその効力は「不変」ではありません。 
その変化を常時把握しておくことで、その時々において「絶対」である内容をお知らせする事とお手伝いをする事が、この業界の「差別化」であり、個々の「売り・強み」となっているのです。



 と言う事で、何かこの件について、
より詳しくお聞きになりたい方は
こちらからお願いします。

https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/
 
 また、事務所の連絡先は 以下の通りです。

東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX) 

 TELは平日10:00~18:00
 FAXは24時間対応となっています。 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 3月29日付のJIJICOに 相続に関する記事が掲載されました。知らない間に借金を相続しない為に!親が亡くなったら確認すること 今回は知らずに親の借金...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
固定資産税の基礎知識

 【今日のポイント】  前回のコラムで固定資産の評価替えを採り上げたので、今回はそもそもの固定資産と固定...

[ 最近の話題から ]

今年は固定資産の評価替えの年です!

  【今日のポイント】  今日の内容は、たまたま知り合いとの雑談の中から気付いたものでした。 ~田舎の...

[ 最近の話題から ]

家なき子の規定の見直しとは?

 【今日のポイント】  今日のコラムは前回簡単に触れた「家なき子の特例」と、その見直しについて改めて紹介...

[ 終活~相続に関する問題 ]

相続税改正で遺言書にも影響が!?

 【今日のポイント】  4月からの税制改正に伴う相続税の節税対策の修正について相談されるケースが最近目立っ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

最近の葬儀と墓について考える。

  【今日のポイント】  最近の葬儀や墓に関する考え方、その意味するところに関しては従来から比べると大き...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ