コラム

 公開日: 2014-06-29  最終更新日: 2015-03-31

人口調査発表、その意味するものとは?

 おはようございます。
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今日も最近の新聞記事からの引用です。
本来の業務とはかけ離れますが、気になる記事でしたのでまたまた採り上げました。 

 今月25日に総務省が発表した住民基本台帳に基づく人口調査の結果はご存知ですか?
47都道府県のうち、実に39道府県では人口が減っているという衝撃の内容でした。

 増加の8都県では東京がトップで0,53%、 以下、沖縄、愛知、神奈川、埼玉、宮城、福岡、そして滋賀となっています。 千葉、大阪、京都、兵庫、新潟、静岡、広島等の政令指定都市でも人口減が始まっているのです。

 更に、市区町村単位で見ると、実に80%近い1,440市町村で人口減少となっていました。

 人口が減ればどうなるか? 
最初は地域経済の活動の沈滞化が始まりますね。
大規模な小売店は売上が減少すれば撤退します、それに伴って雇用環境にも影響が出てきます。大規模でなくても、コンビニでも日々の集客が落ちればいずれは撤退です。
デリバリーも回数あって成り立つビジネスですから、負のスパイラルに落ち込むでしょう。

これに続いて公共・行政サービスの低下が始まります。
利用客が減ればバスの本数、電車の本数は当然のように「間引き」されていきます。
病院や公共施設も利用頻度によっては統廃合が現実化します。

 公共のサービスには人口の多寡によって変えられないものもあります。
一人でもその地域に住んでいれば、電気、水道などは完備させなくてはいけません。
常に設備のメンテナンスが発生します。生活道路のメンテも通行する人数には関係なく必要な業務です。

 ですが、その為の財源である税収が激減していれば、いずれは従来通りのサービス体制の維持はかなり難しいものになります。 いずれ全国に「ゴーストタウン」が普通に存在する光景が当たり前になる? 否定は出来ませんね。

 私の事務所にも郷里に帰って起業したい旨の相談に見える方が何人かおりました。
ですが、郷里の実態や今後の推移をどこまで正確に把握しての決断なのかどうか? 私もその地域の現状までは分かりませんから一概に断定は出来ませんが、単に知り合いが多い、競合が少ない、または無いからというだけでは、とても持続は期待出来ないでしょう。

 では、起業や開業するなら、やはり人の多い場所がベストなのでしょうか? 
今回の調査で人口増加のトップだった東京都ですが、実際には「日本人」だけの自然増減で見ると3年連続で減少しているのです! 自然増減とは「出生者数」から「死亡者数」を差し引いた数で、23区のうち12区が自然増でしたが都内全体でみると自然減で、かつ日本人だけで見ると約1,600人の自然減だそうです。

 これを埋めるのが「転出」と「転入」の差による「社会増減」で、これの増加によって東京都は人口増になっています。江東区、大田区、世田谷区の3区だけで約5,000人の増加となっており、23区中22区で1,000人以上の増加だそうです。ですが市町村クラスでは武蔵野、府中、多摩の3市しか人口増になっておらず、区内集中が見て取れます。

 日本人が減少なのに人口が増加しているのは、言うまでもなく外国人が増加しているという事です。外国人の場合は、転入による社会増も出生による自然増も認められており、 この結果東京の人口増を支えていたのは地方からの転入日本人と外国からの転入、出生によるものと言えます。

 データには外国人が最も転入するのは新宿区で、以下豊島区、板橋区、中野区、台東区と続き、子供を産むのは江東区、江戸川区、大田区、板橋区、北区となっていました。

この様な今までとは異なる人口の形態を、起業・開業の観点から見るならば、どう捉えたらいいのでしょう?

 例えば 士業の立場から見れば外国人の転入が多い、増加中の地域ならば入管手続き業務や各種の官公署への届出支援が思いつきますし、それ以外でも家捜しや子供の学校や病院等のアクセス面でのアドバイス等もビジネスチャンスの一つに数えられます。

 とはいえ、語学力に不安があるので二の足を踏む、私も全く自信がありませんからよく分かりますが、ならば語学に堪能なパートナーと提携してより外国人に特化したサービスを前面に立てる事が考えられます。

 高齢者の多く暮らす地域であれば、ますます本業に関連する支援・代行サービスの提供というビジネスチャンスが発生します。

 仮に貴方がこれから起業・開業する場合、こうした人口動態の変化も考慮する必要があるでしょう。

 持ち家比率の高い地域であれば、いずれは高齢者が人口の多数を占める事になります。
マンションでも分譲だけの物件ならば将来は高齢者専住?物件になります。

 なぜなら、子供は独立し、親の職業を継がない限り(継いだ場合でも例外はありますが)家を出ます。転勤族であればなおさらですし、帰京した場合でも子供の存在や2世帯が同居出来るほどの広さが無ければ結局は別れて暮らすことになります。これは一戸建てでもマンションでも同じ流れです。

 さらに、こういう地域では高齢のおひとり様も多くなるでしょう。

 こういう地域で求められるサービスとは何か?

 この逆に新興住宅地や湾岸沿いのおしゃれなマンション等では若い世代が中心になります。少なくとも20年前後はそこでの暮らしが生活の中心になる可能性は高いでしょう。

 こういう地域で求められるサービスは何か?

 
 一見、人が多く行き交う活気ある街でもその中身を注視すると、それぞれの地域性が垣間見えるはずです。 その点さえ見誤らなければ、貴方の起業・開業の成功の確率はひとケタ高まる事でしょう。

 

 この件について、
より詳しくお聞きになりたい方は
こちらからお願いします。

https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/
 
 また、事務所の連絡先は 以下の通りです。

東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX) 

 TELは平日10:00~18:00
 FAXは24時間対応となっています。 r

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

 12月3日(日)に前回のセミナーと同じ朝日新聞社本社内の読者ホールで50代からの起業をテーマにしたセミナーで講師として再登壇しました! 今回は二部構成とな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
起業・独立準備に欠かせない 時間とおカネ について

 【今日のポイント】  起業・独立に向けてのセミナーや指南書は今やブームと言ってもいいほどですね。起業...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

生前整理のリアル

  【今日のポイント】   終活の第一歩として、生前整理という方は多いですね、 まだ若い世代でも「断捨離...

[ 終活~生前整理に関して ]

相続税申告の要否、相続情報と税務署の関係について

  【今日のポイント】  相続に関する話題、中でも相続税の申告や納付に関する話題については尽きることがあ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

知っておいて損は無い 相続税に関する最新情報あれこれ

 【今日のポイント】  今年も残り1ヶ月を切りましたね、毎年この時期になりますと「喪中連絡」が届きます。 ...

[ 終活~相続に関する問題 ]

シニア世代は今や消費の担い手に!?

 【今日のポイント】  最近はシニア世代をターゲットにした各種の案内が目立つようになってきました。大き...

[ 最近の話題から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ