コラム

 公開日: 2014-06-20  最終更新日: 2015-03-31

生前贈与 賢い活用法とは

 後半25分で未だに0-0のまま。
動くに動けない試合展開です!


 おはようございます。
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今日は、本業に関連する話題を採り上げました。

 相続税の引き上げまで半年を切った事からか
最近は賢い生前贈与についての情報が数多く見受けられるようになりました。

 よく採り上げられる事例に、「名義預金」の警告です。
一昨年のデータになりますが、2012年に相続税の税務調査は12,000件で、このうちの80%で申告漏れが指摘されています。 そして、そのうちの37%が現預金の申告漏れでした。

 これは親が子に知らせないまま子の名義で預金口座を設け、その通帳自体も親が管理している場合=名義預金が原因であることが多いようです。 この場合、たとえ年間で110万円以内の額であっても贈与とは認められない為、遡って相続税と算定され、申告漏れと指摘される事になります。

 あくまでも贈与とは、「贈る側」と「貰う側」が「合意して」いる事が条件の「契約行為」なのです。
ですから、貰う側の子が知らないままに現預金を「贈与」する事は出来ません。

 もう一つ、将来の贈与計画を「最初から決めてある行為」も贈与とは認められません。
例えば、総額1,000万円を今年から10年かけて年100万円づつ贈与する。これなら110万円の暦年贈与の枠内だから何の問題はない?!

 いいえ、そんな事はなく、税務署は初年度に一括贈与したと判断すると思って下さい。
あくまでも、判断を下し、判定を下すのは税務署です。 

 では、これに対抗する方法はあるのでしょうか?
  
 あります。  その都度、親と子の間で「贈与契約書」を締結するのです。

 先の例のように、1,000万円を「規則的に」毎年100万円づつ10年間贈与する場合に、1年毎に親子間で贈与契約を結んでおけば、結果は同じに見えますがこの場合は暦年贈与と見なされ、一括贈与の指摘を免れる事が可能です。 1年に一回、契約書を作成するだけで贈与が認められるのですから、この程度の手間は厭わないようにしましょう。

 さらに最近では、金融機関が生前贈与を意識した商品を用意しています。
三菱UFJ信託銀行では生前贈与を無料で代行する「暦年贈与信託 おくるしあわせ」を今月2日から発売しました。

 仕組みとしては、贈与者から一定金額を預かり年1回を基本に贈る側と受け取る側双方の意思を確認して、資金の振込を行うというものです。

 これですと、名義預金と認定されることもなく、当事者が手間をかける必要もないので安心安全な生前贈与が可能となります。

 この他にも、1年毎の生前贈与額に「差」をつけて贈与する。 1年目は90万円、翌年は110万円といった感じで微妙に金額に差をつけておけば、一括贈与には当たりません。 たまに120面円程度の「贈与税非課税枠」を僅かに超える額を贈与し、最低限の贈与税を支払っておけば、まず指摘される事はありません。

 相続と違い、贈与は 今すぐに、渡したい人に渡せる事がメリットですが、その分、課税も厳しいものになります。 ですから、「生前贈与は、早いうちから、長い時間をかけて」というのがポイントになるのです。

 この件について、
より詳しくお聞きになりたい方は
こちらからお願いします。

https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/
 
 また、事務所の連絡先は 以下の通りです。

東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX) 

 TELは平日10:00~18:00
 FAXは24時間対応となっています。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
相続に関して知っておくべきあれこれ ~遺言

 【今日のポイント】  いざ相続発生、相続人は誰と誰? 遺言書の有無は? 事前に知っておくとその時の混乱...

[ 終活~遺言 ]

タダほど高くつくものはなかった!?

  今日の話題は、まさに私自身に降りかかった災難?自業自得?の話です。 昨年のWindows10、 ネ...

[ 新橋事務所日記 ]

後見制度の見直し ~そのポイントとなお残る課題とは?

 【今日のポイント】  介護保険制度と同時に始まった「成年後見制度」ですが、その利用の進捗は思わしくあり...

[ 終活~後見制度 ]

マイホームは分譲マンション ~直面する問題とは? 

 【今日のポイント】  持ち家派と賃貸派、「イエ」の問題を語るとき、真っ先に遭遇する問題ですが、その中で...

[ 新橋事務所日記 ]

確定申告とマイナンバー
イメージ

 【今日のポイント】  2月を目前に、確定申告の準備に四苦八苦している方も多いかと思いますが、いよいよ今回...

[ マイナンバー制度 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ