コラム

 公開日: 2014-06-11 

相続時精算課税制度について

 今日は午後から雨模様の予報が出ている新橋界隈です。

  お元気ですか!
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。

 
 相続時精算課税、65才以上の親から20才以上の子(子が亡くなっている場合は孫)に対して、トータルで2,500万円までを生前贈与の合計額から特別控除枠として贈与税非課税とし、相続が発生した時点で特別控除枠で贈与を受けた額を相続財産に加算して相続税を計算するという制度です。

 一度はこの制度の話を聞かれた事はある方、多いのではないでしょうか。
実際に相続の相談に見えた方のほとんどはある程度の認識はお持ちでした。

 ですが、細かい点で誤解や勘違いをされているケースがありました。

 今日と次回の2回に分けて、代表的な事例を紹介したいと思います。

相続税課税対象以下の財産しかありませんけど?!


 これは、父1人子1人のケースの方の相談時に出た案件で、ざっと計算したところ、約3,900万円の財産が推定された、恐らく相続時にはある程度父親の生活費で減少しているはずで、3,500万円前後と考えているので、来年からの課税枠でも引っかからないから、この制度はウチには無縁でしょう?
 というものでした。

 確かに、想定通りに推移すれば相続税は発生しない可能性が高く、対策する必要はないとも言えますが2,500万円まで生前贈与(=今すぐでも)を受けても無税なのです。その後相続発生時に1,000万円前後の相続が発生してもこれも非課税枠内ですから、どう転んでも納税は発生しません。
 直近でまとまった資金を必要としている場合や、早いうちに子に財産を渡しておきたいという場合は相続税の非課税枠内であってもこの制度を利用するメリットはあるのです。

 また、仮に相続財産が3,600万円(相続人一人の場合の非課税枠)で2,500万円を超える金額を生前贈与したとしても、最終的には無税になります。 例を挙げてみましょう、3,000万円をこの制度を使って生前贈与した場合、2,500万円との差額500万円には一律20%の贈与税が発生します(500万×20%=100万)
ですが、相続発生時に財産合計額は3,600万円以内ですから、相続税の対象外となり、いったんは納付した贈与税相当分は還付されるのです。

 次回は逆に確実に相続税が発生する財産をお持ちの場合でのこの制度活用のメリットについて紹介したいと思います。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 3月29日付のJIJICOに 相続に関する記事が掲載されました。知らない間に借金を相続しない為に!親が亡くなったら確認すること 今回は知らずに親の借金...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自筆遺言は危険がいっぱい!?
イメージ

 【今日のポイント】  最近の経験から今日のテーマを決めました。先日遺言書作成の相談を受けて、...

[ 終活~遺言にまつわるあれこれ ]

お墓に関する実態リポート2018
イメージ

 【今日のポイント】  この時期になりますと自然と増えてくるお墓に関連する相談事例の中から、印象に残っ...

[ 終活~葬儀とお墓に関する基礎知識 ]

ご存知ですか? 7月は相続税の税務調査開始月です!
イメージ

  【今日のポイント】  通常7月と言いますと、夏のレジャーシーズンの始まり、なんとなく浮かれ気分に...

[ 最近の話題から ]

改正相続法~配偶者の居住権への懸念
イメージ

  【今日のポイント】  いよいよこれまでこのコラムでも紹介してきた相続法改正が決定しました。 その中...

[ 終活~相続に関する問題 ]

覚えておきたい! 今回の相続法改正のポイントは?
イメージ

 【今日のポイント】   ここにきて再び相続に関する問い合わせが増えてきました。 特にようやく今回の...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ