コラム

 公開日: 2014-04-09  最終更新日: 2015-03-31

何が変わるの?相続税(その2)

 今日はいい天気ですが、明日はまた荒れ模様の予報が出ていますね。
なかなか春が落ち着いてくれません。

 こんにちは!
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今日は前回に引き続き改訂相続税についての2回目です。

相続税の税率構造の改訂


 要は1億円を超える相続発生の場合の税率が細分化され、引き上げられると言う事です。

 これまで(現行)の各法定相続人の取得金額と税率は以下のようになっています。

 ~1,000万円以下             10%
 1,000万円を超え~3,000万円以下   15%
 3,000万円を超え~5,000万円以下   20%
 5,000万円を超え~1億円以下      30%

 ここまでは、来年以降も変更はありません。このままで適用されます。

 1億円を超え~3億円以下       40%
 3億円を超え~              50%

 このラインが以下のように改訂されます。
 
 1億円を超え~2億円以下       40%
 2億円を超え~3億円以下       45%
 3億円を超え~6億円以下       50%
 6億円を超え ~             55%

 高額になるほど、細分化され、最高税率も引き上げとなります。
 (私には、別次元の話ですからピンと来ていませんが…)

 ※上記の「各法定相続人の取得金額」とは、課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いた金額、即ち課税遺産総額」を法定相続人の数に算入された相続人が法定相続分に応じて取得したものとして計算しています。 前回紹介したように、これは相続税額の決定の意味合いで、実際の相続割合で按分された場合には個人に課せられる金額とは一致しない場合が出てきます。

 また実際上はここから控除額が差し引かれます。

 参考)来年からの控除額の一覧
    ~1,000万円以下      控除無し
    ~3,000万円以下      50万円
    ~5,000万円以下      200万円
    ~1億円以下        700万円
    ~2億円以下       1,700万円
    ~3億円以下       2,700万円
    ~6億円以下       4,200万円
    6億円超え         7,200万円


税額控除額の引き上げ


 以下の2点が改訂されます。

 1)未成年者控除の控除額が 
   現行の「20歳までの1年につき6万円」から「20歳までの1年につき10万円」へ。

 2)障害者控除の控除額が
   現行の「85歳までの1年につき6万円」から「85歳までの1年につき10万円」へ。
   特別障害者の場合は現行の12万円から、20万円へ。

 例えば未成年者の場合、15歳の時点で相続人となったとすると20歳まで5年間ある訳です。これを計算式に当てはめて、来年からは10万円×(20-15=5)で50万円の控除となるのです。この部分の控除は相続人の実態に即した算出税額からの控除となります。

 相続税制の改訂は、基礎控除の引き下げや税率アップ等ばかりに目が行きますがそれだけではない点は、理解しておかないといけませんね。

  次回は、税額控除の改訂に続く「喜ばしい方の」改訂である「小規模宅地等の特例」
  これについて紹介する予定です。 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
イメージ

サラリーマンの副業と確定申告 マイベストプロの専門家による情報サイト「JIJICO」に2月13日付で私の執筆した記事が掲載されました。タイミングよく、確定申告直...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

(50代の)男はツライヨ!? その時直面する3つの問題とその解決法を共に考えましょう!(1/3)

 新橋駅前で行政書士事務所を開業している寺田淳さんは、自分と同じシニア世代が置かれた立場や環境に対し、自身の経験から導いた指導やアドバイスを通じて3つの課題に関するサポート・サービス業務を専門としています。 特に最近顕著なものに、定年後...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
公営の無料職業情報サイトが開設予定

 【今日のポイント】  起業にしても転職にしても、重要なことは正確な情報収集です。その為にはより多くの...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

 恒産なきもの 恒心なし

 【今日のポイント】  私が独立した時は60歳の定年を迎えた時にはある程度今後の人生における仕事をどうする...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

今やセカンドライフは20年計画で考える!?

 【今日のポイント】  2月1日付の日経新聞夕刊に、 「セカンドステージ:生涯現役、助走が肝心」という...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

2022年の生産緑地問題とは?

 【今日のポイント】  生産緑地、この言葉を聞いてピンとくる方は少ないかと思いますが、近い将来に大きな...

[ 最近の話題から ]

 2週続けてコメントが掲載されました!!
イメージ

 1月最終日のコラム投稿は、手前味噌な内容です。 週刊現代の1月27日号、2月3日号と2週連続で私のコメントが...

[ 新橋事務所日記 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ