コラム

 公開日: 2014-03-31  最終更新日: 2015-03-31

ぶっつけ本番は避けましょう! ~お試し遺言の勧め

 期末を飾る、週明けを飾る(?)いい天気の3月31日月曜日です。

 お元気ですか?
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。

 私は常々、遺言とはいかないまでも、財産目録やエンディングノート等を活用して
自分に属する情報をまとめておきましょうと書いてきました。

 以前は50才を迎えたら一度はまとめておくべきと書いてきましたが、今では40才になったら書いておくべきと考えています。何と言っても、それが家族への思い遣りなのですから。

 最近、同世代前後の方から、この件に関しての問合せが増えてきました。
最も多い質問が「何を書き記しておくべきか、最低限必要な項目を教えて欲しい。」
というものです。

 ここでは最も関心の高い「財産に関係する項目」を中心に「お試し遺言」
を書く事を紹介していきます。

家族構成について

 配偶者、子供、両親それぞれの氏名、生年月日、年齢、続柄、現住所、共稼ぎや独立した子供がいれば職業と勤務先、連絡先。学生であれば学校名。親もまだ就業しているならば同様の項目を記載しましょう。

貴方名義の財産目録

 ①預貯金: 取引金融機関名、支店名、預金の種類、可能ならば作成時の残高証明も
        記入しましょう。
 ②土地: 所在地、面積、用途(住居用、農地、山林など)と最新の路線価評価
       (倍率評価)額。
 ③家屋: 所在地、面積、用途、最新の固定資産評価額。
 ④生命保険等: 自動車保険、火災保険等も含めて契約保険会社名、契約者名、
           被保険者名、保険金額。
 ⑤有価証券等: 株式、公社債等の銘柄、株数、最新の株価等。
 ⑥その他:ゴルフ会員権等の銘柄、最新の市場価格。
 ⑦その他2:自家用車やオートバイ等のの車種、形式。 
 

貴方の財産目録2

 ここでは、「負の」財産を記載します。
 ①事業用の負債資産:個人事業主である場合等、最新の確定申告書(の写し等)。
 ②借入金等:借入先金融機関名、支店、金額、保証人の有無と、いる場合はその氏名。
 ③保証人:連帯保証人になっていれば、詳細な保証内容全般を記入します。

 意外にこれだけを調べるにもかなりの時間と労力を要するケースは多いのです。
特に不動産に関しては、権利証の所在がいつの間にか分からなくなっている等、調べてみて初めて気が付いたといった話がよく出てきます。 記載するには、書類の保管状況も確認できます。一挙両得(?)とも言えるのではないでしょうか?

 他にも、既に遺言を作成しているのであれば、遺言書の有無を。
また、前回の相続時期を記載する事も相次相続の可能性があるような場合は必要かと思います。

 遺言やエンディングノートを、一気呵成に完成させようとすると、手の付けどころに迷い、結局未完成のまま(または掛け声倒れ)で終わります。
 
 まずは、具体的に調べることが出来て、かつ最重要項目である財産関係から始めてみては如何でしょう?

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
香典にも贈与税、所得税はかかるの?

 【今日のポイント】  今回は相続とは直接関係ありませんが、葬儀の際に手にする「香典」の取扱いについての...

[ 終活~葬儀とお墓関連 ]

相続税節税 ~孫を養子にするもう一つのメリットとは?

 【今日のポイント】  相続税の節税の為、孫を養子にして法定相続人の数を増やし、非課税枠を拡げることで、...

[ 終活~相続 ]

相続に関して知っておくべきあれこれ ~遺言

 【今日のポイント】  いざ相続発生、相続人は誰と誰? 遺言書の有無は? 事前に知っておくとその時の混乱...

[ 終活~遺言 ]

タダほど高くつくものはなかった!?

  今日の話題は、まさに私自身に降りかかった災難?自業自得?の話です。 昨年のWindows10、 ネ...

[ 新橋事務所日記 ]

後見制度の見直し ~そのポイントとなお残る課題とは?

 【今日のポイント】  介護保険制度と同時に始まった「成年後見制度」ですが、その利用の進捗は思わしくあり...

[ 終活~後見制度 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ