コラム

 公開日: 2014-03-28  最終更新日: 2015-03-31

身近におります! 行政書士です。

 
 家の周りの桜もほぼ満開になりました。
いよいよ、春本番ですね!

 
 お元気ですか?
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 前の会社を退職した時に同時に今の品川区に転居して
早や4年が過ぎました。 本当に早いものでした。

 4年も暮らせばいろいろ顔なじみのお店は出来てくるものです。

 かかりつけの内科、外科、整形外科、歯科、眼科、それに付随する処方箋薬局。
 いきつけのラーメン店、中華料理店、居酒屋、レストラン、蕎麦屋等の飲酒奥関係。
 他にも、書店、コンビニ等の物販関係。
 床屋、眼鏡店、カーディーラー、取引銀行や証券会社等の生活関連の相手先。

 近所ではないですが、港区にある菩提寺やその系列の寺社霊園など。

 ざっと数えて、60近くの「顔なじみ」が出来ました。 意外に多くてびっくりでした。

 ここに挙げた相手には私の職業の事も話してます。
そのうち約40軒からは、いろいろ相談や口コミでの紹介を受けたりとお世話になってます。
顔なじみになって、打ち解けて来ますと自分達の相談事や不安な事、疑問な事の他に、
親戚や知人の悩み事まで相談してくれます。 

 私は開業以来、このコラムや、ブログで広く業務のPRはしてます。
ですが、具体的な仕事に結び付くのは直接会話する事に勝るものはありません。
中高生の頃は「喧嘩しなければ真の友人にはなれない。」
社会人では「まずは、一緒にメシを食おう、仕事の話はそれから」等と言いますが
これもやはり相手を見据えてから、関係を深めようという考えの表れでしょう。

 ただ、紹介や口コミでいらっしゃる方も、最終判断はコラムやブログ、フェイスブックを
見て、決めているという事でした。 
 地道な「営業」と、SNSでの訴求は今のところクルマの両輪のような役割になってます。


 そんな中で、世間話から業務に関係するような話になった時に、結構びっくり発言がありました。 以下は実際に遭遇した「思い違い」の例です。

 「コウショウ役場ってのは揉め事の仲裁をしてくれますか?」 
   ~この方は、「公証役場」を「交渉役場」と思い込んでいました。

 「最近は毛筆の書体で印刷できるから、遺言書にも自書した雰囲気が出せますね。」
   ~自筆証書遺言の事を指していましたが、毛筆だろうが、印刷ではダメなんです!

 「で、行政書士さんは、相談1時間でおいくらくらいかかるんでしょう?」
   ~相談だけなら、無料ですよ、私は時間制限も設けてません。

 「相続や遺言って、弁護士さんしか相談出来ないって言われたんですけど?」
   ~以前「弁護士さんに」相談した「先輩の思い込み発言」を鵜呑みにしてました。

 恐らく、私から話を振らなければ、この後も長く思い違いしたまま過ごされたでしょうね。
法律というものが、まだまだ一般庶民の中では「敷居が高い」存在だと痛感しました。


 皆さん、法律はある意味「ツンデレ」です。 
こちらが近づきませんと、向こうから歩み寄ってはくれません。
さらには、上記したように、根拠のない一般人のアドバイスを鵜呑みにしたり、
個人の勝手な判断で行動しますと却って揉め事を大きくしてしまいかねません!

 こんなこと、聞いていいものか? と悩むなら
こんなことだけど聞いてみるか? と切り替えて下さい。

 私は、これからも地元の活動範囲を広げて、大いにPRするつもりです。
今後とも、宜しくお願いします! 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

香典にも贈与税、所得税はかかるの?

 【今日のポイント】  今回は相続とは直接関係ありませんが、葬儀の際に手にする「香典」の取扱いについての...

[ 終活~葬儀とお墓関連 ]

相続税節税 ~孫を養子にするもう一つのメリットとは?

 【今日のポイント】  相続税の節税の為、孫を養子にして法定相続人の数を増やし、非課税枠を拡げることで、...

[ 終活~相続 ]

相続に関して知っておくべきあれこれ ~遺言

 【今日のポイント】  いざ相続発生、相続人は誰と誰? 遺言書の有無は? 事前に知っておくとその時の混乱...

[ 終活~遺言 ]

タダほど高くつくものはなかった!?

  今日の話題は、まさに私自身に降りかかった災難?自業自得?の話です。 昨年のWindows10、 ネ...

[ 新橋事務所日記 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ