コラム

 公開日: 2014-03-21  最終更新日: 2015-03-31

起業の時にかけるメガネとは?

 東京は快晴の3連休初日です。

 おはようございます。
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。

 
 3連休とは言いながら、私は明日も仕事です。
景気回復の余波なのでしょうか、ここにきて、創業の相談者が続きます。
会社設立の申請とか、資金計画等の相談ではなくそれ以前の起業の決断の相談です。

 アクセサリーの店を持ちたい、出店場所、扱う品数、値付け
どれを最優先にしたらいいのか? 

 喫茶店を開業したいが、ドリンクメニューはそのくらい揃えたら?
フードメニューはどのくらい用意すべきか?

 私は経営コンサルタントではありませんから、たいそうなご託宣は
言えるはずがないのですが、ひとつだけ話すことは、あります。

 何を開業後のメイン業務にするのかは、凸レンズのメガネをかけて考えて下さい。

 例えば私の業務でしたら、主なものでも相続や遺言、後見人契約、会社設立案件、
入管業務、風営業、建設業等の開業申請… 実際は万を超える業務が扱えます。
ですが、「出来る業務全般」「何でもやります」の宣伝では、誰にも響かないでしょう。

 同じように喫茶店でも「コーヒーも紅茶もフレッシュジュースもおいしいいです。」
「ケーキもサンドイッチもパスタもあります。」ではオーナーも意気込みとは裏腹に
ユーザーから見れば、下手をしたらこれだけ手を広げてたら肝心の味は大丈夫か?
という最悪のイメージになりかねません。

 凹レンズでものを観ると、えてしてこのような結論に落ち着いてしまいます。
視野が広がり過ぎて、あれもこれもしておかないと、用意しないと失敗する!
という負のスパイラルにはまり込むのです。

 ここは逆に凸レンズで、焦点を1点に絞り込むのです。
焦点が合えば、火が付きますね。 そこから突破口が自然に広がります。

 何か1点、これなら自他ともに認める得意技、決め手というものを持つ事です。

 聞いた話ですが、ある天ぷらの名店で先代を受け継いだ2代目は
先代と同じレベルの天ぷらを揚げているのですが、
常連のお客から見たら先代と同じ味ではどうしても印象は薄くなります。

 この時に2代目は天ぷらのネタを増やすとか刺身や前菜などを追加する等
新規のメニュー追加という選択はしませんでした。
〆のごはんと香の物を先代のものから一新し、新たな味を提供したのです。

 料理の内容は先代と変わらず、〆の一品にオリジナリティを加えたことで
2代目である自分のカラーを付け加えることに成功しました。

 いかがでしょうか?
貴方が考える起業・開業の方向性は揺るぎないものにまで昇華していますか?
「選択と集中」という言葉は、よくビジネス雑誌や企業理念で採り上げられていますが
それなりの意味は確かにあるのです。

 間違っても「経営の多角化」等を創業時から考えない事です。

 私のようなまだまだ経験も浅い新米の行政書士でもなんとかやっていけているのは
50代の同世代の抱える問題に特化したサービスに絞り込んだからと思っています。

 相続問題、遺言、再就職、転職、独立、親の介護等、自身が直面する、してきた
内容ですから言葉の裏付けには自信があります。

 同様の内容を私のブログ「先憂後楽」でも書きましたので、
参考までにリンクを張っておきます。
先憂後楽

 では、皆さんは楽しい3連休をお過ごし下さい!! 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様個人事業主が常に考えておくべきこと

 【今日のポイント】  私のように、個人事務所や個人事業で日々働いているおひとり様。仕事に関する全責任...

[ おひとり様の終活 ]

今年の確定申告顛末記

 今日のコラムは、先月コラムで取り上げましたパソコンの不具合の続編?的なぼやきです。確定申告の時に直面し...

[ 新橋事務所日記 ]

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認...

[ 終活~相続 ]

新しい形で自分情報を記録する
イメージ

 【今日のポイント】  万が一の備えとして、遺言の前段階にエンディングノートの作成を考える方が増えていま...

[ 終活~エンディングノート ]

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ