コラム

 公開日: 2014-01-13  最終更新日: 2015-03-31

高齢者のサポート ~銀行の課題

 3連休の最終日、天気は快晴ですが
一歩外に出ると寒いより痛いほどの冷気が満ちています。

 お元気ですか?
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今日はお休みですが、気になる記事がありましたので
忘れないうちに書き留めておきました。

 13日の日経朝刊によりますと2010年時で一人暮らしの高齢者は
全国で約500万人、認知症発症者は約280万人だそうです。

 さらに今後10年以上はどちらも増加傾向が続くとのことでした。

 そうなりますと、金融機関としては有力な顧客である高齢者やシニア世代が
今後は一人暮らしになったり。、認知症の発症などで新たな対応を迫られます。


1)独居高齢者への対応
   どちらかというと中小金融機関の対応で
  持ち前の地域密着型営業を活かした見守り策を打ち出しています。
  自治体との連携や社会福祉協議会と連携して安否の確認を行っています。

2)認知症への対応
   金融機関での認知症によるトラブルとしては
  カードの暗証番号を忘れ、引き出しが出来なかった。
  カードがロックされ、クレームになる。
  窓口で預金を下ろしたことを忘れ、残高の減少を銀行の責任問題とクレームをつける
  等などです。

   このために全国の金融機関では「認知症サポーター」を配置して対応を図っています。
  昨年9月時点で全国で16万人が支援員として活動しているとのことです。

   ただ、これも限界はあります。
  家族がいる場合ならば初期ならば任意後見や発症後であれば
  成年後見制度の利用で対応する他はありません。

3)資産の安全確保
   これは認知症発症の有無に関わらず、高齢者には必須の問題です。
  子供や孫への相続問題、自身の生活費の確保、一人暮らしの場合は
  其の後の遺産の処分方法や遺贈等が課題になります。
  特に一人暮らしの場合は別に高齢者でなくても既に課題となっているものです。

  2012年度に相続人が確認されずに最終的に国庫に没収された遺産額は
  なんと375億円余だったのです!
  
  

 心身が健全なうちに相続問題への対処や具体的な相続内容の相談、
遺言書の作成、その以前のエンディングノートの用意など
なかなか相談しようにも相手がいない、そういうケースが大半です。

  
 一般的には生命保険の担当者やファイナンシャルプランナー、
または私のような専門家に相談というのがこれまでの傾向でした。
ですがここにきて、金融機関も積極的に支援を始めています。

 この問題に直面している貴方や家族の方がいらっしゃるのでしたら
気軽に相談できる相手をまずは探しませんか?

 契約している生命保険各社、
 口座を持っている金融機関、
 なじみのファイナンシャルプランナー、
 この問題に詳しい行政書士・・・
 

 相談の選択肢は確実に増えてきています。  
国庫に財産を「進呈」したい方以外は、是非一度検討してみて下さい。 


 この記事を読まれてより詳しい内容をお知りになりたい場合は
 こちらからお気軽にどうぞ!

 https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/

 
 事務所の連絡先は 以下の通りです。

 東京都港区新橋2-16-1
 ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL) 月~金 10:00~18:00
 03-5157-5012(FAX) 24時間対応 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
今年最初の投稿です
イメージ

 【今日のポイント】   なんとこれが今年最初の投稿です。 ずいぶんと遅めの投稿になりました。最近はすっ...

[ 最近の話題から ]

お墓のお引越しサービスとは?

  【今日のポイント】  私の専門分野でもあるお墓の引っ越し、改葬は最近の少子化や都市への人口集中の影響...

[ 終活~葬儀とお墓関連 ]

年末年始休暇のお知らせ

 いつもお世話になっております。「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、気軽に活用出来る社会...

[ 新橋事務所日記 ]

相続税対策としての養子縁組

 【今日のポイント】  2015年1月に相続税が改正され、基礎控除額が大幅に引き下げられてからいろいろな相続税...

[ 最近の話題から ]

過熱気味のアパート経営

 【今日のポイント】  相続税節税効果を謳い文句に、土地を持つ個人がアパート経営に乗り出すケースが最近増...

[ 最近の話題から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ