コラム

 公開日: 2013-12-21  最終更新日: 2015-03-31

相続トラブル その実態は!?

 世間は3連休の初日ですね。
昨日とはうって変わっての快晴の朝です。

 お元気ですか?
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 いきなりですが、貴方は両親や兄弟との人間関係はいかがなものでしょうか?
普段は仲がいい、または可も不可もない程度の付き合い。
中には兄弟姉妹の間でも犬猿の仲ということもあるのでは?

 さて、昨年2012年に「遺産分割」に関連する紛争で家裁が取扱った件数は
約17万5千件あったそうです。
 同年の死亡者数は約125万人強でしたから
おおよそですが、相続発生の10件に1件は裁判沙汰の争いとなっていたのです。 
まさに「争続」から「争族」に陥ったのです。

 日経BPの行った50歳以上の男女2千人強を対象としたアンケート調査によりますと
約2割は相続で揉めたことがあると回答していました。
また33%はまだ相続を経験していないとの回答でした。
と言う事は、相続経験者の30%以上がトラブルに遭遇していることになります。

 相続に関して既に両親等と話し合いや対策を講じたりしているかについては
22%超が実施したことがあるでしたが逆に言えば80%弱は何もしていないという事です。
さらに、相続問題に関して不安があるかの問いには26%しか、あると回答していません。 
即ち、世間の約80%前後の方々は相続について不安に思わず、相談もしていないのです。

 本当に大丈夫でしょうか?

 相続に関しての代表的なトラブルとしては
・親の面倒を全く見ていない相続人の問題
・財産が土地や自宅だけ等、分割困難なものばかり
・お墓問題、祭祀の継承に関する問題
・住む当てのない田舎の実家など扱い困難な遺産の問題
・遺言状への不満、記載内容の不備など
・婚外子、異母兄弟の問題など
 等が上位に来ています。

 不安も持たず、対策を講じていない家庭でも
実は上記の課題のうちひとつくらいは思い当たる節があるのではないでしょうか?

 また先に挙げた約70%の相続経験者からの回答では
二次相続に対してより警戒感を持っているとの事でした。

 例えば父親が亡くなった時です。
一次相続は母親が財産の大半を相続することで大半の場合相続税は非課税になります。
また母親が一括して受け継ぐ事で兄弟間にも支障はないのです。
ですが、母親からの二次相続の場合は一次とは違い相続税の課税は免れません。
さらに兄弟がいれば遺産分割についての話し合いが待っています。

 その時に、上記のようなトラブルが発覚したら?
一時相続の時は棚上げに出来た問題も兄弟間での遺産分割で今度は避けられません。
分割困難な遺産、お墓の問題、空き家になる実家、遺言書の不備、など等です。

 つまるところ、
トラブルの原因は親子ともども、問題を先送りにしたり、棚上げにしたことから来ています。
 相続の問題については、私のモットーである「先憂後楽」の観点で臨むことが何よりの
解決策だと思います。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 円満な相続のためには、正式な遺言書を遺すことは欠かせないことです。遺言書を作成しないまま相続発生となった場合に、トラブルになりやすい事例とは?仮に遺...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
離婚の際のお金の決め事

 【今日のポイント】  離婚の場合に必ず出てくるのがお金の問題。慰謝料、財産分与、そして年金分割。...

[ 離婚関連 ]

生前贈与以外の贈与 ~死因贈与と遺贈について

 【今日のポイント】  贈与と言えば、イコール生前贈与と捉えている方が多いのですが、贈与には他にも「死...

[ 終活~贈与 ]

相談するということは意外に難しい?

 【今日のポイント】  第三者に自分の抱える問題や不満、悩みを相談する。特に私のような相談を業務とする...

[ 新橋事務所日記 ]

人を動かす、人を育てる

 【今日のポイント】  会社勤めの方から「部下を動かすにコツは何でしょうか?」「部下に育って欲しいので...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の女性の終活から ~お墓について

 【今日の話題】  家の為に、家族の為に、という女性観を見直す時代になったのでしょうか?女性の終活の中...

[ 終活~葬儀とお墓関連 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ