コラム

 公開日: 2013-12-20  最終更新日: 2015-03-31

税務調査 相続税はここを調べる

 
 お元気ですか?
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 これまで、遺言や相続についていろいろな事例や
注意事項を紹介してきましたが、実は相続の最大の問題は
相続の完了後に待ち構えているのです。

 それは、税務調査です。

 場合によっては相続終了の2,3年後に連絡が来て
いろいろな問い合わせ(=尋問?)を受けます。

 基本は現預金の流れの把握です。

 以前に紹介しましたが、
相続財産の約50%は不動産で現預金は25%前後ですが、
税務調査による申告漏れの相続財産では約40%が現預金という結果が出ています。

 代表的な問い合わせ、確認を求める事項は以下のようになっていました。

① 被相続人(故人)の学歴や職歴、趣味等を尋ねる。


   職歴、役職などから平均的な年収が推定出来ます。
   累計の収入額と比べ相続財産が非常に少ない場合。
   当然、チェックを入れられます。

   趣味でゴルフでした、と答えた場合
   会員権の申告があったかどうかをチェックされます。


② 相続人の職歴などを尋ねる。


   例えば妻が相続人の場合、専業主婦だったか、仕事をしていたかで
   妻名義の預金量が妥当なものかどうかが判断できます。
   結婚以来専業主婦なのに、妻名語の口座にン千万の残高があれば・・・
   確実により徹底した追求が始まります。


 

③ 生前贈与の確認。


   問いかけに贈与はあったと答えるとその後の説明が煩わしいと考えて
   贈与はないですと答えてしまうと、その後贈与の事実が判明した場合に
   言い逃れは出来ませんし、②と同様の追求の開始です。


④ 被相続人(故人)名義の通帳や印鑑などの確認。


   死亡前後の入出金履歴の確認は当然で、通帳にメモや書き込みがないか?
   等を調べます。
   ご丁寧に出金欄に誰にいくら、誰にいくらと書き込んでいた例もあったようです。
   
   故人の印鑑の使用の形跡を確認します。
   朱肉をつけないで手持ちの紙に押印し、もし跡が残ったら
   最近この印を使用したとみられます。
   その場合は誰が、いつ、どうして使ったかを追求されます。


 

⑤ 被相続人の日記、手帳、生前使っていた部屋の確認。


   預貯金に関する記録や記載の確認。
   物証の確認。
   相続直後だと、ある程度警戒心も働き、それなりの「片づけ」を心がけますが
   さすがに2,3年も経過しているとつい、うっかりが出てしまいます。
   そこを衝いてきます。


⑥ 家族名義の預貯金の確認(入出金の履歴の確認)。


   収入とのバランス、支出の内容などの確認をします。
   前述したとおり専業主婦の妻に分不相応な残高があると追及は必至です。
   高額の入出金の記録があればその内訳を追及されます。

⑦ 室内の確認。


   よく採り上げられるのが申告書に記載のなかった金融機関のカレンダーや
   景品類が室内にあった場合、意図的に申告書に記載しなかったのでは?
   という見方をしてきます。

   また相続後の家族旅行の記念写真を居間に飾っておいたりしますと
   いつ、何名で、費用はいくらだったか、宿泊先の連絡先の確認まで
   調べられます。 
   当然、誰が支払いをしたのかの確認もあります。  

   無造作に置かれた海外旅行のパンフひとつから同様の問い合わせが
   始まる場合もあるようです。

 
 これ以外によく採り上げられる事例に、「妻のへそくり」があります。
わたしのやりくりで貯めたのだから」
「日頃の節約の結果であって私の財産です!」 

 妻の働いた収入からのへそくりならば問題はありませんが
それが故人の収入からのものであれば、れっきとした「相続財産」なのです。
原資は故人が稼いだのですから、どうにもなりません。



 結局は、小手先のごまかしは百戦錬磨の相手にかかっては却って被害拡大を
招くのがオチです。
 正直な申告と合法的な節税を心がけていれば、いつ税務調査の連絡が来ても
あわてることはないのです。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様個人事業主が常に考えておくべきこと

 【今日のポイント】  私のように、個人事務所や個人事業で日々働いているおひとり様。仕事に関する全責任...

[ おひとり様の終活 ]

今年の確定申告顛末記

 今日のコラムは、先月コラムで取り上げましたパソコンの不具合の続編?的なぼやきです。確定申告の時に直面し...

[ 新橋事務所日記 ]

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認...

[ 終活~相続 ]

新しい形で自分情報を記録する
イメージ

 【今日のポイント】  万が一の備えとして、遺言の前段階にエンディングノートの作成を考える方が増えていま...

[ 終活~エンディングノート ]

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ