コラム

 公開日: 2013-12-02  最終更新日: 2015-03-31

コンビニエンスストアにおける証明書等の自動交付(コンビニ交付)

 お元気ですか?
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。

 先週いっぱいかけて自分でする登記手続きについて
解説してきましたが、これに関連する項目で質問が来ましたので
今日は、この質問についてお話ししたいと思います。

 メールで届いた問い合わせはこのようなものでした。
「最近、住民票と印鑑証明はコンビニでも発行出来ると聞いたのですが」

 結論を先に言えば、「その通りです。」
但し、それが可能な市区町村であれば、という制約付きですが・・・

 実は、今回の記事を書く際にも掲載を迷ったのですが
まだまだ適用可能な市区町村が少ないので見送っていました。
ですが、お問い合わせを受けては、省略したままではいけませんね。
参考までに紹介することにします。

 コンビニエンスストアにおける証明書等の自動交付(コンビニ交付)
この制度は今年の4月に公表され
セブンイレブン、サークルK・サンクス、ローソン、ファミリーマートに
この5月から順次導入されています。

 利用が可能な店舗はマルチコピー機が設置されている店舗で
ファミリーマートを除き残りの3社では全国店舗で対応可能です。

 利用可能な時間はさすがに24時間とはいきませんで
6:30から23:00となります。
ですが土日の対応も可能で、12月29日~1月3日の期間を除けば
ほぼ年中利用可能となります。(メンテ等の個々の事情を除く)

 住いの市区町村に関係なく全国どこの店舗でも対応可能です。
ですから、不動産のある町のコンビニで自分の住民票を発行出来るのですから
ど忘れしても自宅にUターンなんてことはしなくていいのです。

 結構づくめの話なのですが、ひとつ課題があります。
対応している市区町村は、まだまだ少ないのです。

 例えば東京都では23区のうち
渋谷、中野、荒川、葛飾、足立の5区のみ。 都下でも三鷹と町田の2市だけなのです。

 全国的にも県庁所在地で対応しているのは、さいたま市と福岡市だけでした。

 では幸いにも対応している市区町村にお住まいの場合、
具体的にどういうサービスが受けられるのでしょう?

 対応全自治体で可能なものは
・住民票の写し
・印鑑証明書  の2つがあります。

 一部の対応自治体で可能なものは
・戸籍証明書
・戸籍の付票
・税証明書   となっています。

 このサービスを利用するには手続きが必要です。

まず、事前に当該市区町村役場で「自動交付サービス利用登録」を済ませておきます。

 渋谷区を例にとれば区役所の住民戸籍課窓口か出張所
又は区民サービスセンターの窓口です。

 住基カードを提示して登録手続きをします。
写真入りの住基カードでない場合は運転免許証やパスポートを一緒に提示します。

また、住基カードを発行された方は質問されたと思いますが
・住基カードの暗証番号(4ケタの数字)
・電子証明書の暗証番号(4~16ケタの英数字)
  を設定する事になっています。

 この4ケタの暗証番号が登録時には必要となります。

 登録の手数料は(渋谷区は)無料です。

 証明書等の交付手数料は自治体ごとに異なるので事前に確認して下さい。

 渋谷区の場合は住民票、印鑑証明の場合
通常の窓口での発行では共に300円です。

 これがコンビニ交付だと共に250円で50円安く交付されます。


 登録を済ませた後は当該のコンビニの店頭でカードリーダ付きのコピー機に
住基カードをかざし、本人認証の上、交付手数料を投入すれば
証明書が印刷されて出てきます。
(セブンイレブンの場合、電子マネーnanacoでも支払いは可能となっています。)

 参考までに関連のあるサイトを紹介します。

コンビニエンスストアにおける証明書等の自動交付(コンビニ交付
 
渋谷区のコンビニエンスストア証明書自動交付サービス

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 円満な相続のためには、正式な遺言書を遺すことは欠かせないことです。遺言書を作成しないまま相続発生となった場合に、トラブルになりやすい事例とは?仮に遺...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺産分割から住居を除く? 法制審議会試案より

 【今日のポイント】  遺産分割の結果、泣く泣く亡き配偶者との思い出が詰まった実家を売却して遺産相続の為...

[ 終活~相続に関する問題 ]

貴方には「信用」と「信頼の」区別は出来ていますか?

 【今日のポイント】  信用と信頼、同じではないということは分かっていても、では何が違うのかと問われて即...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

サラリーマンの副業 ~所得区分で課税も変わる?

 【今日のポイント】  最近は仕事に支障が無い範囲でアルバイトや副業を認める会社が増えています。ですが...

[ 新橋事務所日記 ]

任意後見と家族信託で安心の「見守り」を

 【今日のポイント】  成年後見制度における後見人の主な仕事とは何か? それは、突き詰めると「被後見人の...

[ 終活~後見制度を知ること ]

最新の路線価発表! 賢く利用して相続税節税を!

 【今日のポイント】  この3日に発表になりました「路線価」貴方の土地はどうのような評価額でしたか?...

[ 最近の話題から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ