コラム

 公開日: 2013-11-21  最終更新日: 2015-03-31

名義変更・自分たちで用意するものとは?  ~自分でする不動産登記 その4

 街中は次々とクリスマスバージョンの
イルミ、飾り付けが始まってますね。
昨年以前と比べて今年はいい意味で前のめりになっている気がします。
やはり、景気回復の予感が成せる技でしょうか?

 お元気ですか?
生活に密着した法律相談と第二の人生支援に邁進している
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の寺田 淳です。


 今回は、名義変更の際に必要とされる書類のうち
自分たちで用意するものについてお話ししたいと思います。

 今回紹介する書類については自分たちのペースで用意することが
出来ますので最初に用意しておいても構いません。

 まず最初に、贈与者自らが手続きを行うのであれば必要ありませんが、
子供にその手続きを代理してもらう場合は「委任状」が必須となります。

 また「贈与」の場合には双方で贈与の認識を共有し、
受贈者側が応諾した旨を明記しておきます。
これは相続時に贈与があった証明とするためです。

 今回は、形式に則って「贈与契約書」を用意する、
というパターンを紹介していきます。

 まずは「委任状」です。

 言うまでもない事ですが実の息子であっても委任状は不可欠です。

 委任状に決まった書式はありませんが誰が誰に、
どこまでの権限を委任するかを明記する必要があります。

 下記の見本例では不動産の登記作業全般の委任状として作成しました。

 委任状見本


 次に今回は不動産を生前贈与の形式で所有権を移転させるとしていますので
「贈与契約書」の作成に入ります。

 これも決まった書式はありません。
誰(A)の何を、誰(B)に贈与をする。 誰(B)もこれを受諾する。

 この項目さえ書かれてあれば十分です。

 贈与契約書見本

 見本では略していますが、書面の左上部には収入印紙を貼付して押印しておきます。

 また両方とも横書きの形式にしてありますが縦書きでももちろん構いません。
ただ、縦書きの場合は数字の表記に留意する必要があります。
(漢数字のほうが見易い等)

 不動産の情報以外は、特に入手すべき資料等はありませんので
親子で都合のいい時に、文面を考えて作成すればいいのです。

 さて、ここまでの内容は法務局のHPや士業の方々のHP等で広く紹介されています。
ではこれだけの情報で実際の窓口でスムースに申請が進むでしょうか?

 例えば、委任状の場合
① 委任状にも「捨印」は必要かどうか?
② 委任状の年月日と、登記の原因となる年月日は同一でいいいのか?
③ 委任状の末尾の住所氏名は自筆なのか?
④ 委任状末尾での押印は実印なのか?
⑤ 権利者・義務者の住所氏名は自筆なのか?
⑥ 捨印と押印は同一でないといけないのか?

 同じように、贈与契約書の場合も
① 収入印紙は、いくらのものを貼付するのか?
② 印紙に契印とあるが、誰の、どの印で契印するのか?
③ 捨印は必要か?
④ 契約書文中の年月日と、末尾の年月日は同一でいいのか?
⑤ 末尾の双方の住所氏名は自筆でないといけないのか?

 さらにこの文書の事例では「証書2通を」「各自1通づつ」保管とありますが、
贈与契約書は窓口で提出を求められます(贈与契約書は添付書類のひとつです)

 そうなりますと実際は3通作成しなくてはいけないのでしょうか?
コピーでの提出はどうでしょう?

 いかがですか?
最も記入事項がシンプルなこの2つの書類でも
意外に即答できない箇所があるとは思いませんか?

 今回の問いかけの回答はこのテーマの最終回に
紹介しようと思います。

 では今回はこの辺で失礼します!

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ