コラム

 公開日: 2013-07-04  最終更新日: 2015-03-31

相違点~相続と贈与について

 こんにちは!
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の
寺田 淳です。

 日本生命のアンケート調査によりますとこの夏のボーナス、
約40%が「増えた」と回答したそうです。
 増えたと回答した中では20代が51,7%でトップ。
30代が41,6%でした。
 逆に減ったと回答した中では50代がトップで
15,3%だそうです。
 同じ50代として、いささか複雑な思いです・・・

 20~50代の平均では559,000円の支給で
これは前年比で64,000円のアップで、
これを受けての夏の遊興費の予定は平均で100,000円、
前年比で26,000円のアップだそうです。

 いよいよ景気回復が実感出来る距離に
近づいたと考える私は、楽観過ぎでしょうか?

 さて、今回は事務所に寄せられた問い合わせの中から
相続と贈与の違いについてです。

 税率が違う。
大半の方はこれを挙げますが
これは生前贈与と相続の場合であって、
贈与には他の形式もあるのです。

 この点について、簡単にまとめました。
また、相続・贈与双方に関連する「遺留分」
についても紹介しました。


【相続とは?】

 相続とは 被相続人の死亡を原因とする
一方的な財産の移転です。
一言で言えば、以上です。

 故人の財産的権利、義務をその死亡により
故人の配偶者や子供等の相続人として
法律で定められた者が包括的に引き継ぐことです。

 相続には法定相続と遺言相続があります。
遺言相続ならば故人の意思を表明することが可能ですが
法定相続の場合は故人の意思に基づくものではなくなります。


【贈与とは?】

 贈与とは 当事者間の相互の契約で成立するもの。
あげる側の意思だけでなく、受け取る側の
承諾の意思表示があって成立する契約なのです。


 贈与には、生前贈与、死因贈与、遺贈等があります。
生前贈与については以前何度か採り上げていますので
今回は「死因贈与」と「遺贈」について説明します。

<死因贈与>
私が死んだら○○を与える。
贈与する側の死亡が前提となる贈与です。

 これも当事者間の相互契約となります。
税金面で見れば「相続税扱い」となり、
その他は遺贈と同じ規定が準用されます。

<遺贈>
遺言による一方的な財産の移転です。
遺言によって遺産の一部を無償で、
または 一定の条件を付して譲与することです。

 受け取る側は相続人である必要はありません。
契約ではないので、受け取る側は拒否する事が出来ます。

 さらに遺贈には包括遺贈と特定遺贈の2つがあります。
包括遺贈とは「財産の半分を遺贈する」というように
財産の特定をしないもので
後者は「財産の中のこの土地を遺贈する」というように
具体的に内容を明記したものになります。

 包括遺贈を拒否する場合(遺贈の放棄)は
遺言者が亡くなったことを知った日から、
又は自分に対して包括遺贈があった事を知った日から
3か月以内に家裁に放棄の旨を申述しなくてはいけません。

期間を過ぎると、遺贈を承認したことになります。

 特定遺贈の場合は期間の定めがなく、
いつでも放棄は可能です。

 実際は利害関係者間で期間を定めて
意思表示の催告をすることが出来るので
期間を過ぎても意思表示をしない場合は
遺贈を承認したと判断されます。


《遺留分とは?》

 相続人が取得する事を法的に保証されている財産分を
「遺留分」といいます。

 基本的には故人の遺志が書かれた遺言書は
法定相続の規定より尊重されます。

 ですが、本来の相続人のその後の生活に
支障をきたすような遺言の場合、
例えば愛人や特定の相続人に偏重した内容の遺言だった場合
本来の相続人を守る意味からも
遺留分と言う形で相続財産の一定割合を
必ず留保されることとなるのです。

 この部分を侵害する遺言の場合は、遺留分が優先されます。
この権利を有する相続人は遺留分権利者と言います。

 ちなみに遺留分権利者は
配偶者と子供(子供死亡の場合の孫=代襲相続人含む)
直系尊属(父母、祖父母等)だけです。
兄弟姉妹には、権利はありません。

 前述したように、偏愛した子供だけに
財産を遺すような遺言に優先する。
この点はありがたい事です。

 ですが、逆にいわゆる「不肖の子」であっても
財産を遺さなくてはいけないという
反面も持ち合わせているのです。

 相続と贈与・遺贈の場合、
それぞれの税金(相続税、贈与税)は
課税対象価格、税率、控除額等で異なる事はご存知でしょうが
登録免許税率の違いは意外に知られていません。

 相続の場合は、0,4%
贈与・遺贈の場合は 2,0%です。

 但し 相続人が遺贈を受けた場合は
相続と見做されますので0,4%になります。

 また相続の場合は登録は単独で出来ますが、
遺贈・贈与の場合は受遺者と相続人全員
または遺言執行者との共同申請となります。


【遺贈の場合の税率は?】

 相続人でない方が遺贈を受けた場合、
相続税が適用されることは冒頭に書きましたが
相続人とは扱いが異なります!

 まず、この場合は基礎控除の対象にはならない点。
そして先週紹介しました「2割加算」の対象になる点です。

 ですから、不動産だけを遺贈されますと
基礎控除なく、相続税は2割増しの課税とされます。
ある意味、遺贈を受ける側にとっては
痛し痒しとなる場合があるので、注意が必要でしょう。



 これらの件で詳しくお聞きになりたい方は
こちらからお願いします。
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/
 
 また、事務所の連絡先は 以下の通りです。
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX) 

 TELは平日10:00~18:00
 FAXは24時間対応となっています。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ