コラム

 公開日: 2013-05-28  最終更新日: 2015-03-31

衣食足りて礼節を知る ~守るべき職業倫理について

 明日にも梅雨入り宣言が東京にも出るようですね。
また蒸し暑い季節の到来です。
今年はスーパークールビズを取り入れますか・・・

 お元気ですか?
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の
寺田 淳です。


 最近の新聞記事で成年後見という言葉が目立っています。

 ひとつは、今夏の参院選挙から成年被後見人に選挙権を回復させた。
というものでした。 
 もうひとつは
相次ぐ資格者の成年後見人の不祥事です。

 今日はこの記事について書いてみようと思います。

 成年後見制度とは簡単に言えば
障害者や高齢者等判断能力が十分でない人を保護、
その財産を管理する制度です。
管理だけではなく契約の締結や財産処分等、
大きな権限を持つことが出来る制度です。

 親族でも後見人にはなれますが、
一般的には士業関係の資格者が従事するケースが多いです。
理由としては、職業から来る安心感と信用度であることは
言うまでもありません。

 昨年末の時点では
全国で約13万6千人がこの制度を利用しているそうです。

 ですが最近、選任された資格者の不祥事のニュースが後を絶ちません。
不祥事の大半は被後見人の財産を勝手に流用、着服等です。

 元東京弁護士会副会長、九州弁護士会連合会理事などと言った
いわば、業界の重鎮と言われる立場の人間が
引き起こしている事が事態の深刻さを表しています。

 最高裁によりますとこの2年半で特定できた
資格者の引き起こした不正は24件、
被害額が4億7千万円だそうです。

 不祥事の原因は概ね後見人の本業の不振から来る生活困窮や
事務所経営の維持困難等の資金繰りの悪化です。

 法律を生業とする仕事であっても
やはり先立つものがないと、堕ちてしまうのです。

 成年後見の不祥事に限らず、
禁止されている依頼を受けて生計を立てるケースはあります。

 私の従事する行政書士の場合ですと
不正使用を知りつつ住民票や戸籍謄本等の個人情報を取得、
第三者に提供し報酬を得るという不祥事がありました。

 通常、住民票の写し等は 本人、
または本人から委任された者しか入手は出来ません。

 ですが、行政書士は正当な依頼を受けた場合、
その職務権限で 住民票の写しや戸籍謄本の写し等を
入手する事が可能なのです。

 行政書士は、行政書士法第11条で
「正当な事由がある場合でなければ、依頼を拒むことは出来ない。」
とされています。

 この依頼を拒むことが出来る正当な事由の一つに
「依頼人がその書類を犯罪その他不法な用途に供する意図が明白な場合」
というのがあるのです。

 単純な住民票の取得や記載内容の情報入手だけを目的とする依頼は
まさにこれに該当します。

 先の成年後見人にしても、より重要な個人情報を把握、管理する職務です。

 当然ですが、どちらもその大前提は職業倫理に拠るところが大です。

 ですが、残念ながら 現実は「衣食足りて」ませんと
「礼節」は後回しにされます。

 前回のブログでも書いてますが、
生活の安定確保が図れるだけの備えをしないで
起業・独立開業する事は、どんな職種であっても厳禁です。

 小売業や、飲食業であれば、安易な値下げや
効果を考えない広告宣伝への浪費に繋がり
我々のような業界では「違法行為」でその日を凌ごうとなってしまうのです。

 これから起業を考える貴方はこのような惨めな境遇にならないよう
入念な事業計画を立てて下さい。

 特に士業の場合は、差別化が難しい業種です。
資格取得したという事は、厳しい職業倫理観が
求められるという事です。

 前掲の記事を反面教師として
業務に邁進していきたいと痛感した次第です。

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

遺言の効力

 夫婦で店をやってます。 自宅兼店舗で他にこれと言った財産...

T・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ