コラム

 公開日: 2013-04-08 

 後悔しない生き方とは?

今度こそ、春が訪れが本物のような気候ですね。
本格的な衣替えをしてもいいかもしれません。

 お元気ですか?
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の
寺田 淳です。


しない後悔とした後悔?


 現在のところ、私の業務は
本業である相続関連の相談と並んで
再就職や、定年後の人生についての相談が
2本柱となっています。

 最近、同世代の数名の方とお話しさせて頂いた時に
皆さん異口同音にこう言いました。

「なんであの時、しなかったんだろう。」

 しなかった内容は、人それぞれですが
転職、起業の検討のほかにも
資格の取得の為の勉強、社外人脈作りなど
「しなかった後悔。」を口にします。

 逆に、
既に定年退職された方や、早期退職に応募して
新たな人生を選んだ方がよく口にするのが

「なんで、こんなことしてしまったんだろう。」でした。

 してしまった内容もいろいろで
焦っての再就職で、結局早々に再度退職したり、
退職金のあるうちにと、薦められるままに
胡散臭い投資話に乗ったり、マンション経営に乗り出した結果
虎の子が消滅した等です。
こちらでは、「早まった行動を後悔。」していました。 

 今月から本人が希望すれば
定年年齢を65歳まで引き上げる事が企業に義務付けられました。
 また、年金の支給年齢が61歳からに引き上げられました。

 給与水準のアップよりも生活の安定化を優先した内容と
私は考えていますが、かえって、第二の人生の決断を下すには
諸刃の剣ではないかと思います。

 65歳定年となれば、ますます再就職の機会は狭き門になっています。
その時になって身の処し方を考えるのは、やはり遅すぎでしょう。


後悔しない生き方は 貴方自身が決めること


 ここまで述べてきたように
40歳過ぎた貴方がどういう後半生を望むかは
貴方自身の判断で構わないのです。
 ・がむしゃらに会社の業務に邁進し、役員、経営陣を目指す。
 ・つつがなく職を務めあげ、ハッピーリタイアメントに。
 ・後半生を託す新たな仕事に向かって活動を開始する。
 ・第二の人生の為に公的資格を取得する。
 ・第二の人生の為に社外人脈の構築を推進する。

 よくこの世代は仕事が忙しくて仕事以外の勉強や研修参加の
時間が捻出出来ないといいます。
 
 以下に紹介したのは、私も使用している
1日を30分単位でスケジューリングするノートです。
 時間管理にアクションプランナー

 自分の行動や、今後の予定をこれに書き込んでみると
意外に空の時間が多いのが視認出来ます。

 慣れてくると要件を効率よく配置して時間を無駄なく
使うことが出来るようになりました。

 まずは、自分の行動を棚卸してみましょう。
以前の職場では拡販期の超多忙な時に冗談交じりに
「1日は24時間あるんだ、イベントまでまだ3日、72時間あるんだから
企画を考えるには十分すぎるだろ!」と、部下を叱咤してました。
(私も、先輩にこう指導を受けてましたから)

 時間と言うものは気付かないうちに
自分には甘い管理になりがちです。
 ここで出て来た「余裕の時間帯」を
どう活用するかは 貴方次第です。

 少なくとも、
「後悔しない生き方」を考える時間は
貴方自身の手で生み出せるのです。


 次回は、
多少の自慢になりますが、私の行政書士受験の
顛末を少し紹介しようと思いますので、宜しくお願いします。

 

 今日の内容について 
詳しくお知りになりたい方は
 こちらからお気軽にどうぞ!
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/

 
 事務所の連絡先は 以下の通りです。
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX)  

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親と話す相続

 90代の高齢の父親がなかなか相続について考えてくれません...

K・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
香典にも贈与税、所得税はかかるの?

 【今日のポイント】  今回は相続とは直接関係ありませんが、葬儀の際に手にする「香典」の取扱いについての...

[ 終活~葬儀とお墓関連 ]

相続税節税 ~孫を養子にするもう一つのメリットとは?

 【今日のポイント】  相続税の節税の為、孫を養子にして法定相続人の数を増やし、非課税枠を拡げることで、...

[ 終活~相続 ]

相続に関して知っておくべきあれこれ ~遺言

 【今日のポイント】  いざ相続発生、相続人は誰と誰? 遺言書の有無は? 事前に知っておくとその時の混乱...

[ 終活~遺言 ]

タダほど高くつくものはなかった!?

  今日の話題は、まさに私自身に降りかかった災難?自業自得?の話です。 昨年のWindows10、 ネ...

[ 新橋事務所日記 ]

後見制度の見直し ~そのポイントとなお残る課題とは?

 【今日のポイント】  介護保険制度と同時に始まった「成年後見制度」ですが、その利用の進捗は思わしくあり...

[ 終活~後見制度 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ