コラム

 公開日: 2013-03-17  最終更新日: 2015-03-31

人が集まるということ

 
 すっかり春本番のような気候の週末です。
貴方はいかがお過ごしでしょうか?

 新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の
寺田 淳です。

 自分で商売をする場合でも
会社内で組織人として働く場合でも
成功する為のの大きな要因は、
自然とその人の周りに人が集まるという事だと私は思います。 

 人柄、人徳、人望、といったものでしょうか。
これはどうのようにして得られるのでしょう?

 組織に属していれば、その役職によっては
人が集まらざるを得ない場合があります。
ただ、その職を離れれば一瞬にして人は寄り付きません。

 でも、自分で商売をする場合、している場合は
すべては自分に帰します。
 完全な自己責任100%の世界です。

 そのような中で、自然に人が集まってくるには
何がポイントになっているのでしょう。

 私の周囲にいる「人の集まる人」を観察するなかで
以下のような想いを抱きました。

 

人は人が集まるところに集まる

 当たり前の事です、極めて単純なことです。
ですが、貴方は一人で初めての食堂や喫茶店に入れますか?
さらに、店内に先客が誰もいなければどうでしょう?

 ただ、誰かから口コミでここはいい店という情報を得ていたら?
誰もいない店を見て「一番乗りだ!」「好きな場所に座れる」と
抵抗なく入れるのです。

 では、口コミをしてくれた人はなんでしてくれたのでしょう?
 
 

人は満足の得られるところに集まる

 満足をどう捉えるかは難しいことですが、
例えば飲食であれば、自分の嗜好に合った場合や期待以上の
味や、サービスを受けた場合などでしょうか。

 私のような業種であれば自分の要望を叶えてくれた、
新しい解決策に導いてくれたなどでしょうか。

 これは自分を良い気持ちにしてくれる。
 自分の為になったという言い方も出来るでしょう。

 
 

人の心を感動させるのは唯人の心のみ

 では、お客を迎える側から言えることは何でしょうか?
お客が良い気持ちになり、満足するという事は、貴方が感動を与えたからです。
貴方の誠意や、もてなしの心が通じたという事です。

 そして 人が感動するのは計算や、打算ではありません。
人の心を感動させるのは唯人の心を持ってのみなのです。

 人は良くも悪くも、感動に左右されます。
良い感動であれば、親しい人には共感して欲しいものです。
同じ感動体験を味わってもらいたいのです。
 悪い感動であれば、他の誰にも同じ思いをして欲しくないとなります。
 同じ口コミでもその差はまさに天国と地獄ですね。

 私の業務は
例えばレストランのように個々の差別化で内容を競うようなものではありません。。
家電業界のようにディスカウント合戦による薄利多売の業種でもありません。
 

 出来る事は、相談者には納得いくまで話していただき
納得できるまで、説明することで信頼を勝ち取ることです。

 信頼あってこそ、先に挙げた人望や人徳が生じるのです。
 
 事務所を開業して、営業を始めてほぼ1年半。
おかげさまで、信頼を得ることが出来たのか
少しづつですが、業務も軌道に乗ってきました。
 こういう時期が、つい初心を忘れがちなのです。

 ですからあえて、今回はこのテーマを選びました。
これからも初心を振り返りつつ、業務に励もうと思います。

 


 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
おひとり様個人事業主が常に考えておくべきこと

 【今日のポイント】  私のように、個人事務所や個人事業で日々働いているおひとり様。仕事に関する全責任...

[ おひとり様の終活 ]

今年の確定申告顛末記

 今日のコラムは、先月コラムで取り上げましたパソコンの不具合の続編?的なぼやきです。確定申告の時に直面し...

[ 新橋事務所日記 ]

「法定相続人でない家族の介護」は相続に反映されない!?

  【今日のポイント】  両親に対する長年の献身的な介護も、相続発生の時には多くの場合「特別寄与分」と認...

[ 終活~相続 ]

新しい形で自分情報を記録する
イメージ

 【今日のポイント】  万が一の備えとして、遺言の前段階にエンディングノートの作成を考える方が増えていま...

[ 終活~エンディングノート ]

これも相続税節税法? ~離婚

 【今日のポイント】  相続税の節税方法としては「番外編」になりますが、離婚することで財産を「非課税で...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ