コラム

 公開日: 2013-02-15  最終更新日: 2015-03-31

還付手続きについて ~相続税の場合

 こんにちは!
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の
寺田 淳です。

 
 ここまで相続税の申告に関する記事を
連続して書いてきました。
 相続税については
書こうと思えば、まだまだテーマはありますが
一応、今回を以ていったん区切りとするつもりです。

 今回は、税金の還付請求という話です。
相続税の申告の対象者すべてが 相続税を納付していない
というと驚きませんか?

 ですが、 相続税の申告が必要なケースの中には
「申告をして、相続税がゼロになった」 ケースがあるのです。

 相続税には
これまでも紹介してきたように さまざまな減免措置が有ります。
・配偶者の税額軽減措置
・相次相続控除
・小規模宅地の特例
など等・・・

 これらを講じた結果、
相続税納付を免れたというケースが これなのです。

 ここでポイントなのは
もともと相続税がかからないケース
だから 申告しなくても課税対象にはならない
という訳ではないのです!

 ここでもこれまでと同じルールです。
あくまでも自ら申告しませんと減免措置は受けられません。

 では、知識不足、準備不足で
あたら払わなくてもいい相続税を納付してしまったと 気が付いた場合、
相続税の還付請求という救済措置があるのです。

 現段階では、二本立てとなっています。

1)法定申告期限が2011年12月2日以前に到来する場合

①「更生の請求」・・・ 法定申告期限からの経過期間が 1年以内の場合
②「更生の申出」・・・ 同 1年超3年以内の場合
③「嘆願」   ・・・ 同 3年超5年以内の場合
  といった各種の手続きによって払い過ぎの分を取り戻すことが可能です。

2)法定申告期限が2011年12月2日以降に到来する場合

  一律「更生の請求」に一本化されます。 期限は5年以内です。

  5年を超えた場合はあえて言わなくても、お分かりですね。

 相続税は特に仕組みを知らないと損をする税金です。
前回も書きましたが 税務署は相続税の軽減措置について自発的に教えてはくれません。
その代り記載内容に不備や疑惑があれば徹底的な税務調査をかけてきます。

 自分を守るのは自分だけ、
相続税の場合は、特に肝に銘じて下さい。

 

 今日の内容について 
詳しくお知りになりたい方は
 こちらからお気軽にどうぞ!
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/

 
 事務所の連絡先は 以下の通りです。
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX)  

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 円満な相続のためには、正式な遺言書を遺すことは欠かせないことです。遺言書を作成しないまま相続発生となった場合に、トラブルになりやすい事例とは?仮に遺...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
貴方には「信用」と「信頼の」区別は出来ていますか?

 【今日のポイント】  信用と信頼、同じではないということは分かっていても、では何が違うのかと問われて即...

[ 起業・転職・再就職で必要な事 ]

サラリーマンの副業 ~所得区分で課税も変わる?

 【今日のポイント】  最近は仕事に支障が無い範囲でアルバイトや副業を認める会社が増えています。ですが...

[ 新橋事務所日記 ]

任意後見と家族信託で安心の「見守り」を

 【今日のポイント】  成年後見制度における後見人の主な仕事とは何か? それは、突き詰めると「被後見人の...

[ 終活~後見制度を知ること ]

最新の路線価発表! 賢く利用して相続税節税を!

 【今日のポイント】  この3日に発表になりました「路線価」貴方の土地はどうのような評価額でしたか?...

[ 最近の話題から ]

法定相続情報一覧表について
イメージ

 【今日のポイント】  既に始まった相続に関連する新しい制度、「法定相続情報証明制度」で求められる「法...

[ 終活~相続に関する問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ