コラム

 公開日: 2013-02-11  最終更新日: 2015-03-31

退職前に地域デビュー

3連休最後の月曜、建国記念日です。
天気も良く、行楽日和になりそうですね。

 今日は、
いつもの相続の話題から少し離れてみたいと思います。

 男性の場合、人生の中で仕事が占める比重は
大半と言ってもいいのではないでしょうか?
 しかしながら、自営業の場合を除けば、定年退職という
「期限」はつきものです。

 最近は65歳定年制が法制化されましたが
いずれはたどり着くことに変わりはありませんね。

 仕事から離れたとき、貴方はどこに居場所を見出しますか?

 まず考えるのは再就職や転職でしょう。
ですが、これは現状はかなりの狭き門です。

 当面の生活に問題のない状況であれば
次の選択肢は地元での社会活動参加でしょうか。

 意外に地元での人的交流や情報交換の中から
就職先が決まるというケースもあるので捨てたものではありません。

 ですが、新しい人間関係の構築は
そう簡単に出来るものではありません。

 そのためにも、退職前の地域デビューが大切なのです。

 地域のつながりを大切にする事に関しては異論はないようで、
震災後の調査で強く意識したことの項目では
これを挙げた人は 全体の33,5%で 3人に一人が挙げていました。

 男女別では女性の方がやや高いようです。
また年齢が上がるとより女性は意識を高めています。
(参考)
40代男性  28,9%  40代女性  30,6%
50代男性  31,2%  50代女性  41,4%

 なかなか男性が伸びない理由としては
男性は中高年になればそれなりに会社では責任ある立場となり、
若年層や女性と対等に接する機会が減り、ともすれば苦手意識が先に立ちます。

 言い換えれば
業務能力は高いが、コミュニケーション能力は低いという事です。

 女性でも 
最近は共稼ぎを始め仕事を持っていた人は近所の主婦層とは疎遠になり、
男性と同じ状況になる傾向は増加しているようです。

 よく言われるように、
会社を離れれば、肩書には何の意味もありません。
肩書を忘れると共に、老いも若きも「対等」という
意識で接することも大切でしょう。

 特に男性の場合は、女性の話をじっくり聞くという事が
地域社会に溶け込むには欠かせないポイントです。

 また、過剰に新参者とへりくだったり、
何でも引き受けるようなことはやめましょう。
 出来る事、出来ない事は最初に明確に伝える。
そうしませんと、「断ると嫌われる」などの意識が
だんだん強まり、次第に交流自体を避けるようになってしまいます。

 まとめますと
1)肩書を忘れる
2)誰もが対等な立場と心得る
3)出来る出来ないを明確に伝える
4)女性の話をじっくり聞く
 これを意識する事。

 あとは、気の合う人を早く見つける事でしょうか?

 どうです?
これらのことを退職後から始めると結構時間がかかりますよ。
退職前の今から、
少しづつ、
地元デビューを始めていきませんか?

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

起業の時の身近な資金手当て

 【今日のポイント】  いざ起業・開業! 計画は吟味した、満足のいく内容に仕上げた! 残すは資金の手当...

[ 起業・転職・再就職 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ