コラム

 公開日: 2013-01-11 

改正犯罪収益移転防止法

 こんにちは!
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の
寺田  淳です。


 今回は
皆様へのお知らせとお願いがテーマとなります。
「改正犯罪収益移転防止法」
というものに関する事です。

 この法律は今年の4月1日から施行されます。

 目的としては
マネーロンダリング
テロ資金の供与防止を図るものです。

 このために何がどうなるのか?

 具体的には
取引時の確認事項等が追加されます。


 〇本人確認について

氏名、
住所、
生年月日(個人)
名称・所在地(法人)
が分かるものが必要です。

 〇通常の取引について

個人の本人確認書類に
・運転免許証
・健康保険証 
・国民年金手帳
・住民基本台帳カード (氏名、住居、生年月日の記載のあるもの)
・パスポート
※運転経歴証明書
(これは理由があって自主的に免許証を取り消した方の申請により交付される証明書
です。 高齢者の自主的返納を促す目的と免許証に変わる公的な身分証明書として
この制度が平成14年より導入されています。)
・在留カード
・特別永住者証明書
など等を必要とします。

 法人の場合

・登記事項証明書
・印鑑登録証明書 (名称、本店または主たる事務所の所在地の記載のあるもの)
など

 具体的な取引で必要な確認項目に移ります。

 取引には
対面取引と、非対面取引(ネット、郵送等の場合)があります。

 我々行政書士の仕事は対面が基本です。
ですから 対面取引の場合に絞って解説します。

 〇個人との対面取引の場合の確認項目

1)運転免許証、
健康保険証等の提示に加え
取引の目的、及び職業の申告

2)住民票の写し
顔写真のない官公庁発行書類等の提示
取引の目的、及び職業の申告

3)上記2)に 本人確認書類に記載の住所に
取引関係文書を書留郵便等により転送不要郵便等として送付

※非対面取引(インターネット、郵送等)について
簡単にまとめますと
・本人確認書類またはその写しの送付、
・取引の目的及び職業の申告と
・本人確認書類に記載の住所に
取引関係文書を書留郵便等により転送不要郵便等として送付
  で、確認となります。

 〇法人の場合の対面取引

・法人の登記事項証明書
・印鑑登録証明書 等
 本人確認書類の提示

・取引の目的の申告
・定款等事業内容が確認出来る書類の提示
・ 実質的支配者に関する本人特定事項の申告 に加え
 実際に取引の任に当たっている担当者の本人確認書類の提示
  で、確認となります。



 では、
実際我々行政書士の業務に絡む内容は、
貴方からの依頼につぃて関係するケースとは何でしょうか?

 概ね、以下の通りです。

・宅地または建物の売買に関する行為又は手続き

・会社等の設立または合併等に関する行為又は手続き

・200万円を超える現金、預金、有価証券その他の財産の管理・処分

 これらの行為の代理
または代行を行う事を内容とする契約の締結時に
上記のような確認作業が必要となります。

 但し、
・租税、罰金、過料等の納付
・成年後見人等裁判所または主務官庁により選任される者が
職務として行う他人の財産の管理・処分
・任意後見契約の締結
等は除かれます。

確認業務が追加され
やや煩雑になるかと思いますが
これも、不正な取引の根絶を図るものですので
宜しくご理解とご協力をお願いします。



 今日の内容について 
詳しくお知りになりたい方は
 こちらからお気軽にどうぞ!
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/

 
 事務所の連絡先は 以下の通りです。
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX)

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
今年最初の投稿です
イメージ

 【今日のポイント】   なんとこれが今年最初の投稿です。 ずいぶんと遅めの投稿になりました。最近はすっ...

[ 最近の話題から ]

お墓のお引越しサービスとは?

  【今日のポイント】  私の専門分野でもあるお墓の引っ越し、改葬は最近の少子化や都市への人口集中の影響...

[ 終活~葬儀とお墓関連 ]

年末年始休暇のお知らせ

 いつもお世話になっております。「すべての人が生活の安定と向上の為に法律を身近に、気軽に活用出来る社会...

[ 新橋事務所日記 ]

相続税対策としての養子縁組

 【今日のポイント】  2015年1月に相続税が改正され、基礎控除額が大幅に引き下げられてからいろいろな相続税...

[ 最近の話題から ]

過熱気味のアパート経営

 【今日のポイント】  相続税節税効果を謳い文句に、土地を持つ個人がアパート経営に乗り出すケースが最近増...

[ 最近の話題から ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ