コラム

 公開日: 2012-07-11  最終更新日: 2015-04-01

不動産の相続

こんにちは!
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の
寺田  淳です。


 相続問題で多いのが
相続財産が自宅とその土地しかないような場合です。
相続の中でも最難問のひとつです。

 子供あるいは相続人が一人の場合は
問題はありません。

 が、子供、相続人が二人以上の場合は
そう簡単には話が進みません。

 2010年の国税庁のデータによりますと
相続税が発生した場合の相続財産の内訳は
土地と家屋で50%を超えています。

 これでも、20年前と比べるとかなり
構成比は下がってきています。
(ピーク時は70%以上が不動産でした)

 相続時のトラブル防止に少しづつ現金預金や
有価証券等に切り替えつつあるのですが
土地家屋の占める割合は依然大きいものがあります。

 では、子供二人に家と土地一軒分しかないという場合、
(ほとんどはこのケースでしょう)
どう財産分割をするのでしょう。

選択肢としては次の4つがあります。

 ① 土地家屋を現状のまま2人で分割して相続する。

    ⇒実際には非現実的です。

 ② とりあえず、共有 という形にする。

    ⇒公平な相続の形にはなります。
     但し、売却、建替えには共有者全員の同意が必要です。
     共有時の相続人が代替わりした際に分割の申し出が発生する可能性が残り
     場合によっては子や孫の代に禍根を残す恐れがあります。

 ③ 代償分割~土地家屋を相続した人が、
          他の相続人に相当分の金銭を支払うことで
          事実上分割相続とするものです。

    ⇒この場合土地家屋を相続する人に他の相続人に対して
     支払い可能なだけの財政基盤が必須となります。
    ⇒不動産の算定基準には4つの方式があります。
       「実勢価格」
       「公示価格」
       「相続税評価額」
       「固定資産税評価額」     
     それぞれ算定方式が異なりますので価格の幅が生じます。
     特に後者の2つの基準値は公示価格の7~80%が普通ですから
     双方の思惑が一致するまでには相当な困難が予想できます。

         
 ④ 換価分割~対象の土地家屋をすべて売却、その代金を分割相続します。

    ⇒最も公平で、恨みっこなしのやり方ではあります。    
    ⇒ただ、よほどの好立地でない限り、売却の金額交渉で
     ひと苦労します。 現金が緊急で入用等の背景を持つ
     相続人がいたりしますと、安く買いたたかれる場合もあります。

     何より長年暮らしてきた土地家屋を手放す事へのプレッシャー
     にも悩まされることになります。

    
  こういう問題の場合、徒に問題の先延ばしを繰り返し
 のっぴきならない事態に追い込まれるケースが多いようです。

  繰り返しますが、「先憂後楽」の考えで臨んでください。
 早めに全員で協議し、必要ならば専門家に相談することです。

  これこそが将来の不安・危険要素への最高の対応策です。

 個別のご相談でしたらこちらから
https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/

 事務所の連絡先は 以下の通りです。
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX)
平日は10:00~19:00
土日祝日は予約のみとさせて頂きます。 
 
 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載

 先日発表されました高齢者の定義を従来の65歳以上から、75歳以上とし、65~74歳の世代には新たな呼称として「准高齢者」と定義する提唱について、当事者、雇用側の企...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

後見と相続について

  入院中の90才になる父に最近認知症の兆候が出始めたよ...

K・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
相続税節税 ~孫を養子にするもう一つのメリットとは?

 【今日のポイント】  相続税の節税の為、孫を養子にして法定相続人の数を増やし、非課税枠を拡げることで、...

[ 終活~相続 ]

相続に関して知っておくべきあれこれ ~遺言

 【今日のポイント】  いざ相続発生、相続人は誰と誰? 遺言書の有無は? 事前に知っておくとその時の混乱...

[ 終活~遺言 ]

タダほど高くつくものはなかった!?

  今日の話題は、まさに私自身に降りかかった災難?自業自得?の話です。 昨年のWindows10、 ネ...

[ 新橋事務所日記 ]

後見制度の見直し ~そのポイントとなお残る課題とは?

 【今日のポイント】  介護保険制度と同時に始まった「成年後見制度」ですが、その利用の進捗は思わしくあり...

[ 終活~後見制度 ]

マイホームは分譲マンション ~直面する問題とは? 

 【今日のポイント】  持ち家派と賃貸派、「イエ」の問題を語るとき、真っ先に遭遇する問題ですが、その中で...

[ 新橋事務所日記 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ