コラム

 公開日: 2012-06-18  最終更新日: 2015-04-01

いい葬儀とは? 

 こんにちは!
新橋駅前の寺田淳行政書士事務所の
寺田  淳です。

 今回も葬儀に関するコラムです。

 日本の年間死亡者は2010年では約120万人。
今後も死亡者数は増加の傾向で
毎年1万5千人のペースで増加するという予測もあります。

 そんな中で葬儀に関する考えも多様化してきています。
これまでは平均して200万円前後を葬儀費用として
かけていたのがごく一般的でした。

 今後は、家族葬や直葬等の簡素な葬儀を望む傾向が
増加するようです。

 直葬とは火葬のみで埋葬するもので20万円前後で
済むようです。

 元来、葬儀の「主役」は故人であるはずですが、
遺族の感情、世間体や 見栄等が複雑に入り混じって
結果的には、遺族が主役のセレモニーになりがちです。

 故人が生前から豪華絢爛な葬儀を望んでいたら別ですが
普通は過度な負担は避けるよう考えているのが普通でしょう。

 しかしながら、それを公開していなければ・・・

 最近話題になっていますが、葬儀件数の増加に伴い
悪質な業者が増加しているのも事実です。

 具体的な事例は省きますが、以下の点に
まずは留意してください。

① 病院で亡くなった場合、霊安室から自宅への搬送
  これは、病院と契約している業者が行うのは
  仕方ないでしょうが、だからと言ってその後の
  葬儀一式まで「お任せ」してしまう義理はありません。

② 当然葬儀に関しての相談時には「費用」が絡みます。
  遺体の安置にはドライアイスは必須です。
  が、通常1日分で1万円が上限です。
  また、夏季などは防腐処理が必要として高額な
  処理費用を提示します。

③ 通常 祭壇や棺の価格も相応なレベルを判断出来ません。
  ここでも業者への一任=言いなり、世間体等が顔を覗かせます。

④ お通夜や告別式を考えますと飲食が発生します。
  これも、大半は業者におんぶにだっこでお任せのケースが
  多いようです。

⑤ 場合によって、宗派のお寺とも葬儀業者は連携しています。
  特に都会に住んでいて地域の繋がりの希薄な場合は
  どこに宗派の寺があるのかわかりません。
  お坊さんへのお布施、戒名料などまでまとめて請け負う
  「サービス」なるものも存在しています。
  費用の明細は・・・どうなってるでしょう?

以上、すべてをまとめて解決する策はたったのひとつです。

  事前に、調べること。  これだけです。 


 ⑤の場合、自宅近隣に同じ宗派のお寺があるかどうか?
これなどはインターネットで検索すれば簡単です。

 残りの①~④については
例えば入院している病院の出入り業者から事前にサービス内容を
聞き出しておく。
 価格も単品ごとの明細を問い質す。
 
 複数が存在しているならば必ず双方から見積もりをとる。
違いの部分についてはその相違の理由を必ず追求する。

 上記の場合は必ず書面、文書でのやりとりにします。
動かぬ証拠です。

 冠婚葬祭で「値切る」「ケチったと思われたくない」は
 結局、遺族の意識でしかないのです。
 
 では、さらに効果的な策はないかと言われれば、
 
 あります。

 生前に、どのような葬儀を望むかを聞いておく。

 さらに、ハードルが高くなったと感じるでしょうね。

 そうです、ここまでは遺族目線での話でしたが、
この最後の1件は 自身の問題なのです。

 人生の仕舞い方は 人それぞれです。

 自分の望む仕舞い方を用意することが 
遺言書に次ぐ、家族への思いやりなのです。

 ~故人の遺志により~

 これは、千金の重みをもつ言葉です。
ただでさえ、別離に際し途方に暮れている
家族に少しでも負担を軽くさせる気があるならば
この話を切り出すのは、貴方からなのです。

 蛇足ですが、家族葬や直葬で簡素に済ませたとしても
お別れの会や、偲ぶ会については友人知人の意向もあり
無下には出来ない場合も多いでしょう。

 ひとつのやり方ではありますが、
故人の行きつけの店、友人知人との語らいの店などを
後日借りる形で行うのが最も故人を偲べるのではないでしょうか?

 遺族の方々もひと段落ついた後ですし、サービスや手配は
お店に任せればいいことです。
 語らいの時間を十分取ることが可能です。

 昔からの流れである お通夜~本葬~告別式
一括しての実施は見直す時期でしょう。

 すべての軸足は故人に置き、故人を偲ぶ時間を
充分に取る事。

 葬儀の意義を考えれば 
これに尽きるのではないでしょうか?

 個別のお話でしたらこちらからどうぞ
 https://mbp-tokyo.com/office-terada/inquiry/personal/


 事務所の連絡先は 以下の通りです。
東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル7階ハローオフィスC-3

 03-5157-5027(TEL)
 03-5157-5012(FAX)
平日は10:00~19:00
土日祝日は予約のみとさせて頂きます。 

この記事を書いたプロ

寺田淳行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 寺田淳

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL:03-5157-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

 質問) そちらの業務の対象かどうかもよく分からないのですが    相談してもいいでしょうか?     その場合、直接の電話、お問い合わせからの連絡等ある...

これまでのメディア掲載
アントレ2016秋号にて

 今度はリクルート社が発行する情報誌「アントレ」2016秋号の特集記事、「今こそ開業!脱。先送り人生」で、私の起業に至るまでのインタビュー記事が採り上げられるこ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
遺言書と任意後見で第二の人生をサポートする行政書士

50代から直面する親子間の問題と、満足できる「第二の人生」をサポートする(1/3)

 新橋駅前の行政書士・寺田淳さんは、自身と同じ50代の男性に向けた相続・遺言問題と、充実した第二の人生を迎えるための再就職・転職・独立に関してのサポート・サービス業務に取り組んでいます。 最近、相続に関する個人向けセミナーを開催する機会...

寺田淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

50代男性の悩み(親問題・自身の将来)に強い行政書士です。

事務所名 : 寺田淳行政書士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7F ハローオフィスC-3 [地図]
TEL : 03-5157-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5157-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

寺田淳(てらだあつし)

寺田淳行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

 相続手続きのイロハ

 全く突然に父が急逝しました。 一人暮らしでしたが、元気...

I・W
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
特別縁故者に入所施設が認定されました。

 【今日のポイント】  新聞でも掲載されていた長年入所していた支援施設に身寄りのない入所者の遺産相続が認...

[ 最近の話題から ]

遺言では遅すぎること ~葬儀・墓・家

 【今日のポイント】  遺言に書かなくてはいけないことはいろいろありますが、遺言に遺しても意味がないも...

[ 終活~エンディングノート ]

マイナンバーで出来る事

 【今日のポイント】  2017年度の税制改正の内容が明らかになりました。その中で、確定申告の際の医療費控...

[ 最近の話題から ]

知っていますか? 固定資産税の仕組み

 【今日のポイント】  土地や建物を所有すればついて回るのが「固定資産税」です。今日は課税のポイント、...

[ 新橋事務所日記 ]

最近の相続トラブルについて

 【今日のポイント】 相続にまつわるトラブル、いろいろあります。法定相続分、遺留分、特別受益、寄与分な...

[ 終活~相続 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ