プロTOP:松浦章彦プロのご紹介

病気や介護など、老後のあらゆる不安に備えるために「自分年金」の形成を促進(1/3)

老後に備えた資産形成や不動産活用を考える税理士 松浦章彦さん

余裕あるセカンドライフを実りあるものにするために…

 65歳以上が人口の4分の1を占める超高齢化社会に突入した日本において、余裕のある老後を送るためには、若いうちから資金形成を考える必要に迫られます。盛んに議論されているように、今後は総人口が減少するにもかかわらず、高齢者は増え続け、社会的な負担が激増。年金が支給されるのかも不透明です。さらに、年金の支給開始年齢が65歳に引き上げられるなど、高齢者・生産年齢者(15~64歳)にとっても苦難の時代を迎えそうです。そんな時代の到来に、どんな準備が必要なのかという疑問に応えているのが、「松浦章彦税理士事務所」の松浦章彦さん。

 「年金だけを老後の生活資金と考えていては、絶対にパンクします。現状、国民年金は満額払っていても年間80万程度。厚生年金は高額受給者でも年間250万円ほど。両方合わせても年額340万円がいいところでしょう。家賃などの固定費を払う必要がなければ、何とか人並みの生活ができるレベルです。でも、旅行へ行ったり、趣味に打ち込んだり、余裕のある老後を送りたいですよね?」

 そう話す松浦さんは、最近になって東京・虎ノ門にあった事務所を、目黒区に移しました。新しい事務所は人通りが多い目黒通り沿いに位置し、歩道から事務所の中が見えるビルの1階にあります。移転した理由も、今後は老後に向けた「自分年金」を形成する必要性が増加するため、地域の人から親しまれやすい事務所、訪れやすい外観を意識したからだと語ります。

 では、具体的に松浦さんが一般の人にどんなアドバイス、提案をしているのか。前述のように、65歳を過ぎれば多くの人が年金生活に入り、多額の現金を貯蓄しているのはごく少数。必然、年金をもらいながら貯金を取り崩して生活しても、すぐになくなってしまいます。そんな中、流動性資産と呼ばれる現金、貯金、株など以外に、土地や不動産などの「資産」を所持する人は多いといいます。松浦さんが注目し、自分が力になれると考えているのも、そんな人々です。

<次ページへ続く>

【次ページ】 遺産相続や介護、病気などの危険性に備える

最近投稿されたコラムを読む
料金ご案内

1.法人向け基本業務の料金表2.個人事業者様向け基本業務の料金表3.相続税・贈与税の確定申告業務の料金表4.個人向けSPOT業務の料金表  ①所得税&消費税の確定...

松浦章彦プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

老後の資金や相続で困らない様に自分年金や不動産活用をサポート

事務所名 : <Office MⅡ>松浦章彦税理士事務所
住所 : 東京都目黒区中町1-41-7 イニシアイオ目黒学芸大学Ⅱ 1F [地図]
TEL : 03-6303-4951

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6303-4951

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松浦章彦(まつうらあきひこ)

<Office MⅡ>松浦章彦税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
近頃珍しい不動産仲介会社のちょっと好い話!
イメージ

先日、総務省統計局が平成25年住宅・土地統計調査を公表し話題になっています。取分け、総住宅数に占める空き...

[ 知らないと損!資産運用の税務 ]

ふるさと納税の経済的利益が、一時所得として課税の対象になる?
イメージ

6月初めJIJICOに、「ふるさと納税の賢い活用法」と題する一文を掲載しました。ところが先般、“地方自治体...

[ そうだったのか!税金Q&A ]

国税庁が公表した所得税等の確定申告状況で、色々と世情が見えてきます!
イメージ

5月末に国税庁が、平成25年度の所得税・個人事業者の消費税・贈与税の確定申告の状況等を公表しました。1....

[ 相続税・贈与税対策のポイント ]

法人成りのメリットが規制される可能性があります!
イメージ

法人実効税率引下げに伴う代替財源が、政府税調等で議論されています。具体的には、外形標準課税の適用範囲拡大や...

[ そうだったのか!税金Q&A ]

未分割財産の中に貸家がある場合の家賃収入は誰のもの?
イメージ

姉弟間の遺産分割協議が纏まらず、止む無く調停を申し立てたお客様が居られます。先般漸く調停が成立しましたが、...

[ そうだったのか!税金Q&A ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ