コラム

 公開日: 2016-06-27 

偏頗弁済(詐害行為)と放置逃亡-ある依頼の経緯

その依頼人は債権者を連れて相談にいらっしゃった。

・半年かかった仕事の入金で買掛債務を支払った直後に、税務署から預金口座と売掛金を差押えされた。
・この税金の差押えがあったため事業の継続ができなくなり、破綻処理をせざるを得ない。
・税金の差押えは不当ではないか。
・弁護士に相談に行ったところ、差押え直前に行った買掛金の支払いは[偏頗弁済]にあたるので、破産管財人から[詐害行為]と認められ、その支払いは否認され返還を求められる(場合によっては裁判を起こされる)、と説明された。
・同席した債権者は税務署による差押え直前に支払いを受けた債権者で、その債権者の債権が守れるように受任していただきたい、と言ったら、弁護士から受任できないと言われた。

非常にデリケートな案件だったので、(受任していただけそうな)弁護士にも同席を求め二度目の詳しいヒアリングをした。

・税金の滞納は三期にまたがり、再三の督促を受けていた。
・滞納税金については長期の延払いをお願いしていたが、その約束が守れず差押えの予告も受けていた。
・買掛先は50社にも上り、これも三期前から支払えていないところもあった。
・買掛先には、入金があり次第督促の厳しいところに支払っていた。
・代表者は半年ほど前から給与がなく、お子さんが三人いる家庭は崩壊状態だった。

これらの状況から、事業はとっくに破綻していて早急に破綻処理をしなければならない段階であることは明白だ。

・税金の差押え直前の入金は4,000万円で、20日。
・買掛金の支払いは全50社(1億2,000万円)のうちの7社、3,500万円で、同日の20日。
・25日には税務署に支払えない旨の事情説明に行っている。
・税金の差押えは月末。この間10日間。

この流れの中では、事業継続の確信があったとは到底思えない。破綻はかなり前から意識していたはずだ。
にもかかわらず、督促があったからといっても特定の債権者(買掛先)に支払ったのであれば、偏頗弁済は避けられない。

さらに(同席している)債権者への支払いの正当性を破産管財人に認めていただくのはどう考えても無理だ。その理由は、
・かなり前から破綻を覚悟していたはずだ。
・税金の滞納も何回も督促を受け、その都度約束しそれを反故にしていたので、この差押えは不当ではない。
・本来優先順位をつけられない買掛金のうち、(督促の強かった)特定の債権者に支払いをした。
・依頼人は、最後の売掛金の入金を持って破産申し立てをしなければならなかった。

同席していた債権者の希望は以下のようだった。
・とりあえず弁護士に受任していただき、債権者に受任通知を出していただきたい。
・そのうえで、債権調査に時間をかける。
・かなりの時間(一か年ほど)をかけた後で、破産の申立てを行いたい。
・偏頗弁済を受けた債権者は、その売掛金はすでに消費して手元にない、ということにする。
・この破産にかかる費用は全部わたし(偏頗弁済を受けた債権者)がもつ。

同席した弁護士とわたしの見解は以下。
・状況から見て、会社は破綻状態だったことは避けられない。
・税金の差押えは、優先債権であるので不当ではない。
・入金からの時間の流れから見て、[偏頗弁済]は避けられない。
・この段階で弁護士が介入したら、直ちに破産申し立てをしなければ債権者は収まらないだろう。申立てを一年先にすることはできない。
・このような無謀な委任を受ける弁護士は、相当の“ワル”でなければいないだろう。弁護士費用も膨大にかかるだろう。
・破産管財人はこの偏頗弁済は[詐害行為]とみなし、否認し返済を求めてくるだろう。
・どう抗っても、最終的には裁判を起こしてでも支払い分は回収するだろう。

同席した弁護士とわたしの最終的な結語は以下となった。

・依頼人が当事者(破綻した経営者)ならば、直ちに弁護士に委任し、直ちに破産の申立てをするべきだ。
・その場合、偏頗弁済を受けた債権者の救済はできなくなる。

・依頼人が偏頗弁済を受けた債権者で、受け取った債権を守ろうとするならば、破産申立てはできないのだから当事者に[放置逃亡]を促すしかない。
・放置逃亡の時効は、最長10年と考えればよい。

この件の難しいところは、依頼人である倒産の当事者(経営者)と偏頗弁済を受けた債権者が同席していたことだ。
利益が相反している二人だからだ。この状況では、たいへんに話しにくい。

わたしは、依頼人である相談者を前にすると必ず以下のことを申し上げる。
「わたしはあなたの利益を守る立場で相談に応じます。
場合によってはあなたよりも欲が深い判断をすることもあります。
でも、ご提示するいくつかの施策は、最終的にはあなたに判断していただきたいのです」
利益が相反している二者の前では、この方針はあまりにも無力だった。

この後、[放置逃亡]についてわたしの知っていることをいくつか説明した。
わたしの依頼人の中には、放置逃亡中にどうしてもピリオドを打ちたくなって相談にいらっしゃった方も何人かいるので、それらの事例をお話ししたのだが、とても複雑な気持ちだった。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、仮定のケースで解...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ