コラム

 公開日: 2016-05-09 

倒産の原因(間接的原因と直接的原因)

倒産とは、債務超過に陥って支払いや返済ができなくなり、事業の継続ができなくなる状態だ。

倒産するには必ず原因がある。

◆直接的原因
これは、[資金の問題]だ。
資金不足。資金ショート。
これは100%そうなる。

会社が資金不足に陥って、債務(給与、借入、買掛、税金、社会保険、その他一般管理費など)が払えなくなれば会社は運営できなくなる。
この問題の解決には、債権者に支払いの延期を承諾していただくか、どこかから資金を調達する、があるが、どちらにしても問題の先延ばしであり、根源的な解決ではない。
短期的に問題が解決したとしても、遠からずまた同じ問題におそわれることになる。

この直接的原因を抱えている企業は、300万社ある企業の6%にあたるとみられている。
この[6%]とは廃業率と同じで、年間18万社。月間でいえば1,500社が倒産して廃業していくと思われる。

◆間接的原因
これは、非常に多岐にわたるが絞っていくとこのところの傾向としては以下の三つが大きいようだ。

資金の問題
短期的でリカバリーが可能な資金の問題は、間接的原因と言えるだろう。
しかし、リカバリーできなければ上の直接的原因に移行することになるのは、言うまでもない。
・金融機関からの融資による調達が難しくなる。
・金融機関からの融資を引き揚げられる。
・今までの融資の先延ばしが断られる。
・借入返済の条件変更(リスケジュール)が拒否される。
など。
 
人材の問題
人材の問題は、その内容はこれまた多岐にわたる。
・有能な営業部長(技術者)が辞めてしまった。
・必要最低限の人材が集まらない。
・社内のトラブル(パワハラ、セクハラ、社内不倫、など)。
・退職者のトラブル。
・サービス残業。
・待遇格差問題。
などなど。

事業モデルの問題
要するに“売上や利益が上げられないという原因(儲からなくなる原因)”だ。
・事業体そのものが構造的に利益を上げられなくなるケース。
・業態として不況業種になってしまった。
・将来性に期待が持てない。
・競合の出現による競い合いの激化。
・外注、下請けであれば、元請けとの契約問題。
・元請けからの受注量の低減。
なども避けられない変化だ。

この間接的原因は、[カネ(資金の問題)]、[ヒト(人材の問題)]、[シクミ(事業モデルの問題)]に大きくは区分できる。

資金的問題が決定的問題になる前であれば、何とかリカバリーはできるものだ。
しかし事業モデルにしても人材にしても資金の問題にしても、リカバリーに追われる間は売り上げにも影響があるだろうし、小規模零細企業であれば代表者がそのリカバリーに追われるとその間の事業運営に大きな影響を及ぼすことになる。
そうしたことから、この間接的原因を抱えている企業は大変に多く、300万社ある企業の66%にあたるとみられている。
この[66%]とは[欠損法人]と同じで、年間200万社。月間でいえば170,000社が日々欠損状態になったり利益が上げられる状態になったりの間を行き来していると思われる。

◆倒産の(間接的)原因とそのリカバリー
倒産回避の相談は、おおよそ上のような間接的原因の段階にあるか、もう直接的原因の段階かに至っているか、の見極めが第一の関門となる。
現実的には、経営者は事業継続を希望しているケースでも、よく精査してみると事業継続が難しいと判断せざるを得ない場合がほとんどだ。

事業継続を志向する場合に、わたしは[利益の出る事業モデル]を第一義と考えているのだが、この利益の確保こそが難しいのだ。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、仮定のケースで解...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ