コラム

 公開日: 2016-03-28 

弁護士(申立て代理人)の紹介

弁護士(申立て代理人)を紹介して欲しい、という依頼はよく受ける。

わたしは中小零細企業の顧問弁護士を安価でやってくれる弁護士の活動を支援する【L.A.P.顧問弁護士の会】の顧問をしているので、弁護士の知り合いは多い。
それらの弁護士は倒産処理を多くやっているので、以下のような申立て代理人(弁護士)の条件は満たしている。
申立て代理人(弁護士)の選び方 ① 対応姿勢
申立て代理人(弁護士)の選び方 ② 規定どおりの費用設定
申立て代理人(弁護士)の選び方 ③ 成功報酬の設定

しかし、単に〝弁護士を紹介するだけ〝のことはしていない。

理由は、弁護士法の規定で弁護士を紹介して報酬を得ることはできないからだ。
報酬をいただかなければいいのだろうが、弁護士はわたしが面談してわたしのスクーリングを通過した依頼人でなければ親身になって対応はしていただけないのだ。
単に「こういう依頼人が行きますので、よろしく」では、その弁護士にとってはドアをノックして入ってきた初対面の依頼人と同じになってしまうのだ。
たとえここにわたしが信頼できる弁護士の連絡先を記しても、同じことになってしまう。

それではわたしにとっては、責任を持って対応することにはならないからだ。

小規模零細企業の倒産処理は[少額管財]を目標にすべきことは言うまでもない。
その少額管財を実現するためには[少額管財を実現するための要件]が重要になるのだが、弁護士にとっては、初対面の依頼人とはそのようなデリケートな話はできないというのだ。

すなわち、単に紹介されるだけ(すなわち初対面)の依頼者には、なかなか踏み込んだ対応はできないと弁護士は言う。
この場合の〝踏み込んだ対応〝とは、依頼人の利益になり得ることや、倒産処理のグレーゾーンにあたることや、裏ワザのことだ。

具体的には、
・偏頗弁済にかかわること。
・詐害行為にかかわること。
・最後に残った資金の有効活用などのこと。
である。

そうした対応を可能にするためには、当事務所で依頼人と対応しその倒産案件の全貌を掌握し、処理方針を策定することがきわめて大事になる。

そうすることで、依頼人がどういう人物か、その会社がどういう会社か、どのような解決方針を持つか、依頼人は何を求めているか、などが把握できる。いわばスクリーニングができているために、弁護士はグレーゾーンにも踏み込むことができるのだ。
だいいち、わたしは依頼人が弁護士とお会いするときには必ず同行する(ほとんどわたしの事務所でそれは行われる)ことにしている。
その方が依頼人も弁護士も安心するからだ。

これができるのは、わたしが倒産経験者であるということが大きい、と弁護士には言われる。

また、弁護士費用は安いものではないので、特に初期費用には不安をお持ちの方は多いことだろうが、着手金が5万円ほどで、毎月2~3万円の延払いに応じていただける弁護士もいる(すべての弁護士がそうというわけではない)。

もし、費用や対応姿勢について信頼できる弁護士に遭遇できない方、あるいは弁護士に相談に行ったが満足のできる対応をしていただけない方などがいらっしゃったら、どうか当事務所に相談いただきたい。
依頼事項の全貌が把握でき、処理方針が策定できれば、有能な弁護士を紹介することはできるので、ご安心ください。
結果として、総費用では安く上がることは言うまでもない。

もちろん、倒産だけではなく倒産回避についても同様である。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ① (倒産時の二つの様相)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。倒産するかどうかの判断は、簡単なもの...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ