コラム

 公開日: 2016-03-21 

法人の破産と(社長)個人の破産

同じ[破産]にも、[法人の破産]と[個人の破産]がある。

この違いはどこにあるのか。

破産とは、債務が大きすぎてそのままでは事業や生活ができなくなるので、持てる財産は投げ出すので、残った債務は免責にしてほしい、ということだ、と解釈できる。

[法人の破産]の場合は、その法人(会社)はなくなってしまうのだ。
・会社のすべてがなくなってしまう。
 ・代表者も、役員も、社員も、アルバイトも、なにもかも。
・契約しているものはすべて解除される。
 ・営業上の契約も、賃貸契約も、雇用契約も、何もかも。
・会社の持てる財産もすべてなくなってしまう。
 ・それが不動産であれ、機械設備であれ、机やいすに至るまで、なにもかも。
全てがなくなってしまうので、手続きとして[免責]はない。
免責されるまでもなくすべてがなくなってしまうのだから、改めて[免責]する必要がないのだ。

[個人の破産]の場合、個人は生きていかなければならないので、一定の“財産”だけ残して、それ以外の財産がなくなってしまうのだ。
・現金は99万円以上がなくなる。
・預金は20万円以上がなくなる。
・市場価格で20万円以上の財産はなくなる。
 ・車でも査定価格が20万円以下なら保持できる。
 ・家財道具(TVやパソコンなど)も、20万円以上で売れなければ持っていられる。
 ・100万円で買ったパテックフィリップでも買い取り価格が20万円以下なら持ち続けられる。
 ・…そもそもそれらは“申告制”なので、判らなければ問題にはならない。
 ・破産管財人が個人の破産者の家に来てどんな財産があるかをチェックするようなことは、一切ない。
法人の破産では財産などすべてがなくなるのだが、個人の破産では生きていかなくてはならないので、すべての財産がなくなるわけではないのだ。
申し立てた債務は[免責]されるが、それ以外のものは保持し続けることもできる。
ここが、法人の破産と個人の破産の大きな違いと言えるだろう。

10年ほど以前は、会社の破綻処理は放置したまま、社長(代表者)個人の破産だけをすることは黙認されていた。
負債総額別の[予納金]を収めれば個人の破産だけを受け入れてくれた。
さらには、財産がなければ[同時廃止]という運用方法で、破産管財人もつかずに2万円の予納金でで処理できたものだ。

しかし[少額管財]という運用方法が開発され実施されるにつけ、上のような代表者個人の破産だけを地裁に申し立てても受け入れられなくなった。
そのような申立てに対しては、少額で対応してあげるから[少額管財]という運用方法の申立てをして、法人の破産と代表者個人の破産をワンセットで処理しなさいと指導されるようになった。
この少額管財は破産管財人が地裁に任命され、処理に介在する。
以上は少額管財を採用している東京地裁などでの運用の実態である。

仮に法人の破産の負債総額が8,000万円で、個人の破産の負債総額が5,000万円だとすると、予納金は100万円と80万円となり、合計180万円(個人の破産だけなら80万円)が少額管財では20万円でできるようになったわけだから、どちらにしても大幅に少額化が実現したことになった。
ありがたい運用方法の変化だと思う。

以前は負債総額別予納金が払えずに[放置逃亡]がとても多かったのだが、少額管財の運用が実現しても、相変わらず放置逃亡はたいへんに多い。
倒産処理をせずに放置逃亡すると、時効までの年月は債権者に追われ続けざるを得ない。
事業上の債務の時効は[五年]だ。五年は長い。
個人の債務の場合な最大[十年]が。十年は五年よりもはるかに長い。
その間、差押えの恐怖が続くことになる。

少額管財の予納金が用意できないのだが、どうしたらいいだろう、という相談も多いのだが、このような運用の変化を思うにつけ、少額管財の予納金である20万円は死にもの狂いで集めていただきたいものだと思っている。

※ 少額管財の運用を採用していない地裁の場合では、同時廃止も受け付けてくれない上に負債総額別の予納金が残っているところが多いために、倒産処理の費用が高額のままなので放置逃亡が減らない要因になっているといわれている。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、仮定のケースで解...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ