コラム

 公開日: 2016-03-14 

電話での経営相談は、かえって遠回り

倒産は、ほとんどの方が初めて経験する。

疑問点がたくさんあるのは当たり前だ。早く確認して安心したい気持ちも判る。
わたしに倒産経験があるのでこれらについては痛いほど理解できる。
しかし、これらに対して電話で正しく答えるのは至難のわざなのだ。
いくら時間をかけて、FAXやメールを駆使した電話相談も、面談にまさるものはない。

百の倒産があれば、百の決着があるのだ。
どれとして同じものはない。

よって、当事務所では電話相談は受け付けていない。
遠回りに思えるだろうが、一度面談に来ていただいたほうが依頼人の疑問に答えるには早道であり、電話相談よりもはるかに有用なのだ。
もちろん一度面談した方であれば、状況がわかっているので電話相談には応じている。

例えば、こんな質問がよくあった。
「倒産すると、自宅不動産はどうなるのですか」

この質問に対応するには、いくつかの前提を確認しなければならない。
「その不動産の購入時期と購入金額は」
「その不動産に住宅ローンは残っていますか」
「その不動産に抵当権あるいは根抵当権はついていますか」
「ついているとしたらどの金融機関で設定金額はいくらですか」
「抵当権あるいは根抵当権での借入残高はいくらですか」
「その借入金融機関に、遅延などはありますか」
「最新の登記簿謄本はお持ちですか」
これらがわかって、はじめて住宅ローンあるいは抵当権(根抵当権)の権利者がどうするであろうか(任意売却にするか競売にするか)の説明ができる。

この質問の次にあるのは以下の質問が多い。
「いつまで住み続けられますか」
これには、抵当権者の金融機関によって対応が変わるので、その金融機関を確認したうえで、
「半年くらい」

「一年くらい」
か、あるいは
「三年は大丈夫でしょう」
などと答えることになる。

「買い戻すことはできますか」
このような質問には、以下の確認が必要になる。
「その辺りは、よく売買されるところですか」
「どのくらいの価格で取引されていますか」
さらに、
「どの程度の資金が用意できますか」
それらがわかってから、任意売却か競売になる可能性を推し量りながら、
「任意売却で買い戻す方法は…」
あるいは、
「競売になった場合の買い戻し方は…」
と答えることになる。
具体的には、権利者が金融機関の場合、その不動産の所有者では売却に応じない場合が多く、誰が所有者なら応じるか、その場合の手続きや税金はどうなるか、などの説明が必要になる。

以上は一例である。

これ以外にも、
「売掛金の回収はできますか」
「倒産の費用はいくらかかりますか」
「弁護士に相談に行ったのですが…」
「詐害行為にはならないでしょうか」
「免責になるでしょうか」
「倒産後の生活はどうしたらいいでしょう」
など、などの質問が実にたくさんあった。

百の倒産があれば、百の決着があるのだ。
どれとして同じものはない。

電話での経営危機相談が遠回りであることを、どうかご理解いただきたい。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ① (倒産時の二つの様相)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。倒産するかどうかの判断は、簡単なもの...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ