コラム

 公開日: 2016-03-01 

倒産の実態 M&A詐欺が横行しはじめているらしい

先日、不思議な相談があった。
ある会社が、その会社を買い取りたいのだが、売る気はあるかという打診があったというのだ。
地方都市で羽振りのいい会社が東京に拠点を設けたい、というのが理由だった。この件は、職種など詳細は記せない。
仲介者は紹介を受けた経営コンサルタントだった。

その会社はここ三期利益が出せずに、粉飾決算をしてかろうじて利益を出しているように見せかけている。
このような、利益が出せずかつ会社に資産がない会社を査定すると、売値は出ないものだ。つまり、“タダ”。売りたくても値段のつかない会社。

わたしが、迷うことなく売却することだ、と勧めたことは言うまでもない。
なぜならば、この会社を終わらせるためには、会社に財産がないので代表者の個人財産をつぎ込んでも(根抵当権がついているから拒めるわけもないのだが)、借入債務ばかりではなく買掛の債務も残ってしまう。すなわちたくさんの被害者が出る倒産である。

それを買いにきたのであれば、いくらでもいいから売ってしまえ。その上でしばらく働かせてもらい、キリのいいところで辞めて次の道を探すことが最も都合がいい。
わたしはそう進言した。

その後そのコンサルタントが、買い取りたいという会社(北のほうにあるという)を訪ねよう、ついては今までの活動費やら何やらで数百万円出してくれないか、といい出したという。
売る方が、買っていただくために金を払うというのは、どう考えてもありえない話ではないか。
これは、詐欺だ。と思ったので、すぐに手を引くようにアドバイスした。

買われようとした会社は、この間価値のないものを買いにきたというので、早く売ってしまおうと取らぬ狸の皮算用。夢のような時間をすごしていたものだという。
しかし、一転持ち出しになるという。
その瞬間、この会社の社長は金を捻出しようとしたらしい。しかし、他の役員たちが反対し、わたしのアドバイスもあったのでこの話は立ち消えになった。

中小零細企業の経営者諸君、どうか、このような詐欺に合われんことを祈る。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、仮定のケースで解...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ