コラム

 公開日: 2015-10-26  最終更新日: 2015-11-16

倒産と社員の税金

会社が倒産した場合の社員の税金はどうなるか。

①所得税
会社の会計処理としては、社員の[所得税]は社員の給与から(暫定的な金額が)差引かれ、一時会社の預かり金として処理され、会社が納付することになっている。最終的な年間所得税額は、[年末調整]で調整されるの一般的な処理である。

だが、倒産するとその直前の数か月分が納付されずに会社に預かられたままになってしまう場合がほとんどである。

こうした場合、その未納部分は預かり金処理した会社に納付義務があるのだが、会社はなくなってしまうので納付できないことがほとんどだ。
法人の破産処理をした場合で、売掛金を回収したりして、配当原資ができた場合には優先債権なので納付(というか、徴収)されることもあり得るが、稀なことだ。

その社員は納税証明を取るとその会社の預かり金分は納付されていない状態になっている。
納税証明が必要になる場合は、その空白部分を新たに(重複して)納税しなければならなくなることもある。
次に就業した会社で年末調整するか、自分で確定申告しなければならない。

その空白部分については、その社員が追徴されるようなことがないのが一般的だ。

では、会社はどうなるか
会社は倒産するとなくなってしまうので、支払うべき主体である会社がなくなってしまうので納付できないで終わってしまう。

社員は天引きされただけで納付されないので損することになる。
国も徴収できないので損することになる。
会社は預かり金のまま納付できずに終わる。これは得したことになるのだろうか。

②地方税(住民税)
地方税も上の[所得税]と基本的には同様である。

ただ、地方税の場合は、納付を要求してくる地方自治体はあるようである。地方自治体による違いがあるが、納付を要求する地方自治体は多くなっている。
確かに納付はされていないのだから、行政サービスを受けるには自治体が要求してくるのはわかるが、社員にしてみれば天引きされていれば納得のいかないことだろう。

といって、会社はなくなっているので会社に請求はできない。
会社の代表者(代表取締役)がいたとしても、個人保証(連帯保証)はしていないのだから、その責任を取るいわれもない。
納得のいかないことだが、致し方ないことだと言わざるを得ない。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【改定】 破産宣告ってなんだ

このコラムは、より判りやすくするために2017年7月17日に改定した。破産宣告という言葉がある。この[破産...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産と破産

※ このコラムは、正確さを期すために2017.7.3.に修正した。[倒産]は法律用語ではないが、[破産]は本来は法...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 放置逃亡するとどうなるか

このコラムは、問い合わせが多いので、より判りやすくするために2017年6月19日に再々度の改定をした。事業経営...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の仕方(倒産の具体的方法)

このコラムは、問い合わせが多いので、より判りやすくするために2017年6月5日に再々度の改定をした。●倒産とは...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産すると「会社」はどうなるのか

このコラムは、より判りやすくするために2017年5月29日に改定した。倒産とは、債務超過で資金不足になり債務を...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ