コラム

 公開日: 2015-08-17 

倒産(法人の破産)の[Xディ]、三つのステップ

[倒産の日]を指す[Xディ]については以下の要素があるが、これらはすべて〝同じ日〝でなければならないとは限らないのである。

①事業を止める日
②代理人(弁護士)介入(債権者への連絡) の日
③地方裁判所への破産の申し立ての日

むしろ同じ日であることのほうが異例だ。一般的には同日だと思われていることが多いようだが、それは大いなる誤解だ。

①事業を止める日(止めざるを得ない日)とは、不渡り手形を出せばその日がそうだし、給与が払えなくなった日、買掛金が支払えなくなった日、など、どのようなきっかけであれ、事業活動が継続できなくなる日(事業活動を停止する日)をいう。
わたしが[Xディ]という場合は、この①事業を止める日を指すことがほとんどだ。

事業を止めて代理人(弁護士)が介入するまでの期間は、倒産会社は事業は止めただけで、何も手を打っていない段階になる。倒産会社が債権者に連絡しなければ、債権者は事業停止も知らないことになるこの期間は、非常に中途半端な期間といえる。
この期間に売掛金の入金を受け付けて、それが最大化したところで②のステップに移行するようなことも充分にあり得ることだ。
いわゆる[放置逃亡]はこの期間が継続していることになる。

②代理人(弁護士)介入とは、倒産会社が事業を止めてスタックした段階から、債権者に会社の終戦処理を始める連絡をすることを意味している。
なぜ代理人が弁護士かというと、破産免責の申し立てなどの代理権は(弁護士法によって)弁護士にしか認められていないため、(債務が払えないのだから)当事者能力を失った経営者が選ぶ代理人は弁護士以外にはありえないのである。
債権者である金融機関などは、当事者よりも事務能力に優れた代理人の弁護士との交渉を必ず求めてくる。すなわち、委任状を持った弁護士としか交渉しないのだ。
代理人の介入とは、すべての債権者に対して[介入通知]を出すことを意味し、これ以降の債権債務の管理などは一切この代理人である弁護士のハンドリング下になる。

代理人が決まると、すべての債権者はこの代理人と対応しなければならなくなる(直接の債務者である経営者にはコンタクトできなくなる)。
これで経営者は債権者とは(当事者能力がなくなったのだから)対応できなくなるので、経営者にとってはずいぶんとストレスが軽減できるようになる。
その反面、代理人の弁護士は債権者からの連絡を受けて大変忙しくなる。この段階の弁護士事務所にいたことがあるが、ヤミ金からマチ金、銀行やら債権者やら、社員や税務署に社会保険事務所まで、ものすごい量の電話がかかってくる。時には弁護士事務所に乗り込んでくる債権者までいる。
余談だがこの段階の対応を嫌がる弁護士も多く、だから倒産(破産)はやりたくない、といっている弁護士も多い。

弁護士の介入以降のステップとしては、法的処理である[法人の破産]になるのが一般的だが、それ以外に私的処理である[任意整理]になることもあり得るし、事業の継続を目指す[民事再生法]の適用申請になることもある。

③破産の申し立てとは、地方裁判所に[法人の破産]を申し立てる段階を指す。
すべての債権債務が確定してから(回収にあらず)申し立てすることが一般的だが、それらがまだとっちらかっている段階での申し立てもあり得る。
この段階は、地裁から[破産管財人]の指名を促すことでもあり(すぐに任命されるとは限らない。地方都市などでは決まるまで半年なんていうこともある)、要するにすべての処理は地裁(の指名した破産管財人)の支配下になることを意味している。

①事業を止める日から③地方裁判所への破産の申し立てまで、どれほどの時間がかかるのかという質問もよく受ける。
急げば①の翌日に③にいたることも不可能ではない。そのためには徹夜で申し立て資料を作成しなければならなくなるが。
早くしたいニーズがある場合は、要するに早く[免責]を得て社会復帰したいということだろうが、急ぐということは早く地裁の(破産管財人の)支配下になることなので、急ぐよりもある程度自由度のあるうちに処理できる範囲を広げておいたほうがいい、とわたしは考えている。
処分すべき財産があるような場合には、この間が半年以上かかったケースもある。

ちなみに、[少額管財]を地裁が受け入れる条件として、③の申立て前に代理人の弁護士が〝申立て前処理〝をしっかりやって、破産管財人の作業量が少なくなっていることがあげられる。
逆に言えば、その〝申立て前処理〝ができていないと[少額管財]を受け付けてくれないことはよくあることだ。

本来であれば、このような[Xディの三つのステップ]をしっかり把握してなだれ込まなければならないのだが、なかなかそうなってはいない。
それができるには、〝有能な弁護士〝にめぐまれなければならない。しかし実際はろくに説明もしない(運用についてわかっていないので説明できないのだが)弁護士ばかりなのだ。
倒産の事態に至った場合、弁護士とはこのようなことを徹底的に話し合って、了解した上で委任しなければならないことは、しっかりと心しておいていただきたい。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、仮定のケースで解...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ