コラム

 公開日: 2015-07-20 

あるIT企業の破綻の経緯

インターネットを活用した事業を始めた事業家がいた。
今風に言えば、〝ウエブに特化したIT事業家の起業〝ということになるのだろう。
その経営者個人を特定されることを避けるために、事業内容は記さない。

三十歳台半ば、脱サラで既婚子どもが一人いる。
ウエブでの事業なので、大きな初期投資は必要とせず100万円程度の自己資金で社員は三人、小さなマンションの一室でスタートした。
事業は順調に推移し、売上も利益も少しずつ拡大していった。

二年目に事業拡大を目指し、ウエブ上での話題づくりを展開した。
その効果があったので、知名度は上がり売上も増加していった。
思いがけない影響もあった。
ベンチャー・キャピタルがアプローチしてきた。将来的な上場を目的に資本参加(出資)を申し入れた。
金融機関も寄ってきた。代表者に所有不動産はなく、代表者個人の連帯保証だけの保全条件で融資を申し入れてきた。
事業家の常として、資金があれば拡大再生産は容易になるので、出資も融資も受け入れることにした。

しかし、売上も利益も期待されるようには上がっていかなかった。
そこで、ベンチャー・キャピタルに相談した。
「ともかく売上を増やすようにしてください」
「売上ですか」
「そうです。売上を増やすようにしてください」
「利益は、上げなくてもいいのですか」
「利益のほうは少しメイキングしていただいて…、ともかく売上は右肩上がりの状態にしてください」
「………」
「ぼくはサラリーマンなので、会社のウエが納得できればいくらでも支援できるのですが、そこがうまくいかないと資金を引き上げられてしまいますから」
「………」
金融機関に相談しても、言われることはほとんど同じだった。

この経営者は、言われるままに、税理士と相談しながら試算表や決算書のメイキング(早い話が〝改竄〝だ)を繰り返しながら、事業を続けていった。
そのうち、ベンチャー・キャピタルや金融機関に提出する財務諸表の作成に忙殺され、事業に専念できなくなっていった。
しかし売上拡大最優先の事業展開では、利益が伴わなくなり、当然のことながら資金不足に陥る。
仕入れ資金が足りなくなり、買掛金が支払えなくなる。
運転資金が足りなくなり、給与や一般管理費の支払いができなくなる。
余剰資金がないのだから、借入返済もできなくなる。

そこで、わたしの事務所に相談に訪れた。

一見、資金不足の事業継続不能状態。
このまま事業継続を志向するとなると、売上と利益の拡大を図り、債務の支払い計画を伴った資金繰り表を作成することとなる。
その資金繰り表に対応するように、債権者の協力を仰がなければならなくなる。
買掛先に対しては、支払いの猶予(先延ばし)を。
給与や一般管理費も、支払いの猶予を。
借入返済も、元金の凍結(利息支払いのみ)に。

果たして、どう考えても債権者の協力が得られるような資金繰り表にはならなかった。
そこで、直ちに倒産処理に入ることをアドバイスした。

年商、2.5億円。
売上利益率(粗利率)、8%。
買掛金、0.5億円。
借入金、1.5億円。
出資金、2.0億円。
倒産処理による配当率、0.0%。

経営者の感想は以下のようだった。
・事業としては、じっくりやればなんとかなった。
・出資や融資が時期尚早だったし、過大だった。
・ベンチャー・キャピタルは会社や事業には興味がなく、ネットでの活動と売上だけに興味を持っていた。
・金融機関も売上と(メイキングされた)事業計画だけに興味を持っていた。
・あれで資金が出るなら、起業なんてずいぶんチョロいと思った。
・税理士もメイキングにはとっても協力的だった。たぶん、経営はわかっていなかったと思う。
・事業経営は、開発や営業などの事業運営(オペレーション)よりも資金管理などの会社の管理(マネジメント)のほうがはるかに難しい。

かくして、ベンチャー・キャピタルと金融機関のためのみ説明会を開き、理解を求めた。思ったほど紛糾することなく、粛々と受け止めていただけた。

いま、この倒産経営者は就業してサラリーマンを続けているが、いずれまた起業するものと思われる。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、仮定のケースで解...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ