コラム

 公開日: 2015-05-25 

勇気と想像力とサム・マネー

チャーリー・チャップリンの『ライムライト』の中のせりふですね。
カルヴェロがテリーを励まそうとした言葉です。

このせりふは、実にさまざまに誤って記憶されているようなのです。
勇気と想像力とサムマネー
勇気と希望とサムマネー
夢と希望とサムマネー
夢と勇気とサムマネー
愛と希望とサムマネー、などなど。
わたしは、「愛と勇気とサム・マネー」と憶えていました。

頭に「人生で大切なものは三つある」というせりふがつくと記憶している人も多いです。
正確には、以下です。

「Yes, life is wonderful, if you're not afraid of it. All it needs is courage, imagination, and a little dough. 」

訳すと以下のようになると思います。

「人生はそれを恐れなければ、素晴らしいものなんだ。
それには、勇気と想像力以外の何物も必要じゃない。
…そのうえに、ほんの少しの食べ物があれば、ね」

後半のリズムは、畳み込むように「courage, imagination」が必要だと言って、最後に(硬い言葉ばかりじゃなんだからと、付け足すように)「and a little dough.」 と言っているように思えます。

Courage(カリッジ)は文字通り[勇気]か[精神力]でしょう。
Imagination(イマジネーション)は[想像力]です。
a little dough(リトル・ドウ)のdoughはお金の俗語と訳されることが多いようですが、ドーナッツ(doughnuts)のドゥ(小麦粉を練ったもの)ですから、[お金]よりも[食べ物]としたほうがいいと思います。

ポイントは前半にあるように思います。

すなわち、Yes, life is wonderful, if you're not afraid of it.(人生はそれを恐れなければ、素晴らしいものなんだ)という、後半の言葉の〝前提〝が重要なのではないか。

つまり、人生で成功するため、でもなければ、生きていくうえで大切なこと、でもなく、恐れることなく人生(その人生はすばらしいに決まっている)に立ち向かうこと、を前提にしていることこそが重要なのではないか、と思うのです。

そのように読んでいくと、[勇気]は、これは人生を恐れないという前提に対比した、闘争心を持った信念に見えてきます。
[想像力]はその信念を維持するために必要な心構えでしょうか。
そして[少しの食べ物]は、そうした堅苦しい精神主義的なイメージだけでなく、もっと日常的な少しは食べるものも必要だ、と説いているように思えます。

チャールス・チャップリン。優れたクリエーターですね。脱帽です。

「脚がなくては踊れないわよ」
テリーの泣き言にカルヴェロがさらに続けます。
「わたしは腕のない男を知っている。でもかれはヴァイオリン協奏曲を弾くんだ。そいつは自分の脚でヴァイオリンを弾くんだ。
きみは、闘おうとしないだけなんだ。 人生を降りちゃってる。
いつも病気のなかで、死のなかで、自分にブツブツいっている。 しかし、死と同じように人間には避け得ない事実もあるんだ。それは〝生〝なんだ。人間の生なんだ。
この宇宙を動かし、地球を回転させ、樹々を育てている力を、考えて見給え。
同じような力が、きみのなかにもあるんだ。
少なくとも、勇気は持つんだよ。そして自分でそれを使おうという心がけを持つんだ!」

わたしは、倒産の局面にあるすべての経営者にこの言葉を贈りたいと思います。

どうか、この言葉から勇気と想像力が得られますように。

※これら、[倒産]や[破産]についての詳しい情報は、わたしのホームページ
  『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照してください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、仮定のケースで解...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ