コラム

 公開日: 2015-02-23 

倒産しないという選択

倒産状態にあっても、倒産しないという方法を選ぶことができるか。

原理的にはできる。

事業としての採算性が維持できていればという前提は欠かせないが、債務を支払わない(返済しない)で、事業を続ける方法である。

では、債務を支払わないとどのようなことが起こるか。

金融機関からの借り入れの場合は、[金銭消費貸借契約書]という契約によって債務責任がはっきり決められている。
残高があったり、売上入金などの振込みがその金融機関の口座に入れば差し押さえられる。不動産などに抵当権の設定があれば、その抵当権が実行される(競売に付される)。連帯保証人が設定されていれば連帯保証人が請求される。その連帯保証人に不動産があれば差し押さえられるだろうし、口座に残高があれば差し押さえられるだろう。しかしそれらがなければ請求は受けるが、金融機関は何もできないだろう。

商工ローンなどはきつい追い込みをするし、マチ金、ヤミ金だと仕事ができないくらいの追い込みになろう。それ以上にかれらは何らかの保全(抵当権や連帯保証人や売掛債権の譲渡など)をしているだろうから、それが実行されると思われる。

買掛金などの営業上の債務があれば、もう仕事はしてくれないだろうし、その残債は請求を受けることになる。この手の債務は代表者が連帯保証をしていることはほとんどないので、代表者が追われることはないだろうが、裁判を起こされることはあり得るし、売掛先に債権譲渡を求められることもあろう。

ローンやリースは、払えなくなればまずその物件をもっていってしまううえ、連帯保証人が請求されることになる。

光熱費や電話代などの一般管理費は、払えなくなれば止められてしまううえに残債分は請求を受けることになる。

税金と社会保険の債務があれば、これは優先債権なので強制執行を受けることになる。売掛金の差し押さえや、会社の財産(賃貸の事務所であれば保証金など)の差し押さえなどである。

などなど、これらの債務と戦いながら事業を続けていくことは、原理的にはできるとは言える。実際、そうしたアドバイスを専業としているコンサルタントもいらっしゃるようだ。

だが果たして、それほどまでの戦いをしながら続けなければならないほどの価値が事業にあるか、という疑問がわたしには大きい。
少なくとも、神経的に相当にタフでなければ対応はできないだろうし、わたしが勧めたりしたことはほとんどない。

しかし、現実的にはこのようなことが起こるのだが、それは連帯保証人をしてくれた第三者がどうしても破綻を許さない、というような〝人間関係〝がその裏にあることや、所有不動産を競売で失いたくない、というような〝財産問題〝がその根にあることが多い。

だが、そのような理由で倒産しないでがんばっても売上減や利益減でいずれ破綻を迎えることになることが多く、その段階での悲惨さは目を覆いたくなるようなものだ。

わたしが、このようなことを勧める可能性があるとしたら、債務が金融機関だけ(それも銀行、信金、信組、農協などの真っ当な金融機関)の場合で、不動産などの抵当権設定がなく、代表者の連帯保証(不動産などの財産もない)だけのケースだけだろう。

経営者であっても人間的な生き方ができなくなったら、直ちに方向転換することが何よりも大切だ、とわたしは思っている。
そのためには、倒産を回避して現状維持を保つよりも、破綻処理(法人の破産や任意整理と経営者個人の破産)はとても役に立つとも思っている。

これら、倒産に関する詳しい情報は、わたしのホームページ『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照ください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ① (倒産時の二つの様相)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。倒産するかどうかの判断は、簡単なもの...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ