コラム

 公開日: 2015-02-09 

倒産の現場(社員説明会)に立ち会ってきた

東京の都心部にある会社の倒産の、まさにその日に立ち会ってきた。

その会社の社員は社内にいる人よりも社外の現場に出ているほうが多いので、通常の就業時間が過ぎた夜の七時に集められた。会社の一番大きな会議室。
一番奥のテーブルに社長と弁護士がこちらに向いてが座り、少しはなれたテーブルに取締役が二名。手前には社員が二十名ほど。

社長が口火を切って語りはじめた。少し緊張しているようだった。
「今日、急に集まってもらったのは、この会社が今日で倒産するからです。大変申し訳ない」
椅子から立ちあがって社員に向かって深々と頭を下げた。
「大変残念なことですが、資金が続かなくなったので、会社の事業継続は本日でできなくなったのです」
社員の平均年齢は三十歳くらい。ため息も聞こえる。貧乏ゆすりも見える。半分は社長の顔を見ていた。残りの半分は下を向いている。
一番後ろで見ていたわたしにも社員が衝撃を受けているのが伝わってくる。ただし、予測されていたことが今起こっているというような、ゆるやかな衝撃だ。

以降、順次以下のことを説明した。
・債務総額は約五億二千万円。
・理由は、事業の売上減、利益減による資金不足による。
・本日を持って会社は倒産となる。社員諸君は解雇せざるを得ない。
・給与はこの後で給与明細とともに手渡す。
・解雇になるので、解雇手当を一か月分を給与に加えて支給する。
・離職票は間に合わなかったので、数日後に郵送する。
・社員諸君はその離職票をハローワークに持っていって失業手続きをしてほしい。
・会社は倒産処理に入る。
・ここにいる代理人の弁護士が会社の倒産処理を行う。
・会社にある私物は本日中に持って退出すること。
・明日以降は代理人の弁護士の立会いがなければ会社には入れない。
・継続中の仕事をどうするかは、役員でプロジェクト・リーダーが得意先と調整する。
・継続的に参加するかどうかは諸君の意思しだい。
「大変申し訳ない。しかしこれ以上事業を続けていくと損失が大きくなって諸君に給与が支払えなくなるおそれがあったので決断したのです。どうか、理解していただきたい」
社長にとって社員に倒産を直接告げることは大変つらいことだが、この社長は凛とした態度でそれをやり遂げた、内容はシビアだが口調は優しかった。

弁護士が補足説明をする。
・当職がこの会社の破産処理を受任した弁護士である。
・これ以降、社長は当事者能力を失う。この会社の管理責任者は当職になる。
・代表者である社長は個人で会社の借入債務などの連帯保証をしている。
・社長は個人財産を供出してこの責任を取る。
・社員の給与や解雇手当が支給されない倒産は多い。
・この会社ではそれが支給できたことは、経営者の努力の結果として認めてあげてほしい。
・今夜、この会社の入り口に張り紙をしてこの会社は入れなくなる。
・社員諸君の私物については本日中に持ち出してほしい。

質疑応答になった。
質問を受けるといわれても、何をどう質問するかもわからず、会場は少しざわついていた。
社員たちはこの事態を淡々と受け止めていたようだった。衝撃はあるが、大きな衝撃という印象ではない。淡々と事態を受け入れているようだった。
雇用保険(失業保険)に関するいくつかの質問、私物搬出に関していくつかの質問があった。
私物の搬出は、本日中には出しきれないということだったので、後日弁護士の立会いで会社を開けることを確認した。

ひとりの社員がつぶやくように発言した。
「おれの友人の勤めていた会社がこのあいだ倒産したんだ。でもその会社の社長は逃げちゃって、給料も解雇手当ももらえなくて大騒ぎしているんだ。それに較べればまだいいかもしれない…」

この説明会は終了し、社員は給与と解雇手当の支給をサインして受けとった。
継続中の仕事にどう対応するかは、担当する役員と個別に打ち合わせをはじめた。ほとんどが後日の打ち合わせを約して、携帯電話での連絡方法を確認していた。

このように、整然と大きなトラブルもなく倒産の社員説明を行われることは稀だ。
これが実現できた原因は、労働債権(給与と解雇手当)が支払われたことが最も大きく、次にこの会社の社長のキャラクターと社員の質がよかったこと、そして事前に社長、役員、弁護士とわたしが充分に打ち合わせを重ねることができていたことだろう。

社員たちが私物を整理して会社を退出したあと、会社の役員と弁護士が会社の入り口に張り紙をして会社を出た。
深夜だった。

※ [倒産のその日]といっても、この日は[事業を停止した日]と[代理人(弁護士)の介入日]であった。裁判所への法人の破産の申立ては、代理人が債権者と連絡を取り、債務の全体像が判明した後で行われる予定である。

これら、倒産に関する詳しい情報は、わたしのホームページ『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照ください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
(根)抵当権設定の不動産の売却はできるのか

この問題も、[100のケースがあれば100の解決法がある]のであり、単純な問題ではない。以下、仮定のケースで解...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ