コラム

 公開日: 2015-01-26 

絶対に倒産しない(倒産させない)方法はあるか?

〝絶対倒産させない〝というアプローチをしているコンサルタントがいるらしい。
〝絶対に倒産しない方法がある〝というアプローチも見たことがある。

果たしてそのようなことがあり得るのか。

わたしの観測では、絶対にない。
あり得ない。
あり得べからざることだ。

経営状態の悪化が一定のレベルを超えると、回避はできなくなる。
その段階になると、債務(買掛金、未払金、、借入金)がどんどん膨れ上がるから、毎月それらの支払いや返済や利払いに追われることになる。
すなわち〝資金ショート〝だ。

そのような経営状態でも、事業を継続させることは可能なのだろうか?

あるとすれば、“債権者の協力”と“資金調達”だ。
債権者が債権回収を留保することがひとつ。
もうひとつは、資金を確保すること。
いかなる資金ショートも資金があれば回避できる。
もちろん論理的にはそうなるが、果たしてすべての債権者が留保してくれるか。また、どこからその資金を調達するのか。
いったい誰が資金を提供するのか。
この話しは必ずここで止まってしまう。
回収の可能性のない資金を提供する者は存在しないのだ。

それでは、可能性はまったくないのか?
可能性としては、無限の資金がある場合であるが、破綻に向かっている段階の企業に代表者個人やその家族、あるいは友人知人や親会社が無限の資金を供給し続けるだろうか。
実は、このようなことは稀にあることだ。稀にはあり得るがやはりどこかで続かなくなり破綻することになる。
そのような相談を受けたことは再三あった。
その場合の破綻処理は凄惨を極めることになるのは言うまでもない。
その様相は、一族郎党の不動産などの全財産に(根)抵当権が設定され、連帯保証人にされ、すべての関係者が財産を失って破産することになるのだ。そのような流れで八人が破産したケースもあった。

あるいは、突然の電話で大きな発注がある、とか、今まで売れなかったものが突然売れだす、とかが考えられる。
これも、論理的にはありえないことではないが、今までそれがなかったために経営危機に陥っていたのではないか。
それが突然起こるというのか、やはりあり得ないことと断ぜざるを得ない。

よって〝絶対倒産させない〝、あるいは〝絶対に倒産しない〝方法は、存在しない。
事業経営はマジックではないし、超常現象でもないのだから。

そのような方法があるというのであれば、ぜひ聞かせていただきたいものだ。
それがあれば、世の中から倒産は一切なくなるのであるから。

これらについての詳しい情報は、わたしのホームページ『倒産と闘う!』http://nitemare.jp/を参照ください。

この記事を書いたプロ

内藤明亜事務所 [ホームページ]

経営コンサルタント 内藤明亜

東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL:03-5337-4057

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【改定】 Too Late,Too Large 「遅すぎ」かつ「大きすぎ」

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月28日に改定した。わたしの事務所に相談に来られる方のほ...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 なぜ、【切迫倒産】が多いのか

※ このコラムは、「なぜ、希望の少ない倒産が多いのか」というタイトルで作成したものだが、より判りやすくするた...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 倒産に至るプロセス(過程)、フロー

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。800件を超える経営危機相談を経て、わた...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ② (半年早ければ…)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年11月7日に改定した。先に、『倒産の判断はいつするのか ① (倒...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 倒産の判断はいつするのか ① (倒産時の二つの様相)

※ このコラムは、より判りやすくするために2016年10月31日に改定した。倒産するかどうかの判断は、簡単なもの...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ