コラム一覧

1件~15件(103件)

過去の15件

【改定】 倒産しないという選択

※ このコラムは、より判りやすくするために2018年1月22日に改定した。倒産状態にあっても、倒産しないという方法を選ぶことができるか。原理的にはできる。倒産とは、債務超過で資金不足に陥り、事業が継続できなくなる状態。その状態でありながら、事業としての採算性が維持できてい... 続きを読む

倒産の周辺

2018-02-19

【改定】 経営危機を突破する二つの道

このコラムは、より判りやすくするために2018年2月6日に改定した。経営危機とは、倒産の危機。事業の継続が難しくなった状態を指す。その初期段階は;・シクミ -事業モデルの問題(売上・利益が上げられなくて事業が継続できなくなる)・ヒト  -人材の問題(有能・有効な人材がいな... 続きを読む

小規模零細企業の経営者の周辺

2018-02-06

【改定】 破産管財人の実態

※ このコラムは、より判りやすくするために2018年1月22日に改定した。倒産の法的処理(法人の破産)には、必ず破産管財人が出てくる。破産管財人は弁護士でなければならず、地方裁判所や弁護士会の法人の破産に関する研修に参加した弁護士が有資格者となる(東京地裁の場合)。その資格を得た... 続きを読む

倒産の周辺

2018-01-22

【改定】 弁護士(申立て代理人)の紹介

このコラムは、より判りやすくするために2018年1月8日に改定した。弁護士(申立て代理人)を紹介して欲しい、という依頼はたいへんよく受ける。わたしは中小零細企業の顧問弁護士を安価でやってくれる弁護士の活動を支援する【L.A.P.顧問弁護士の会】の顧問をしているので、弁護士の知り合い... 続きを読む

倒産の周辺

2018-01-08

【改定】 経営危機相談のハードル

このコラムは、より判りやすくするために2017年12月25日に改定した。当事務所に相談にいらっしゃる方は、一様に「相談に来るには相当の勇気を要した」、「相談に来るためのハードルがとても高い」とおっしゃる。中には「相談に来るためには三年かかった」、「一年間、毎日のように著作を読... 続きを読む

倒産の周辺

2017-12-25

【改定】 ポジティブ・シンキングへの疑問

このコラムは、より判りやすくするために2017年12月11日に改定した。プラス思考といい、ポジティブ・シンキングといい、よいところばかり見ようとする考え方に大いに疑問がある。 〝勝負には勝てなかったけど、ファインプレイがあったからよしとする〝 〝いいプレイはできなかったけど、オ... 続きを読む

倒産の周辺

2017-12-11

【改定】 倒産 - 取締役の責任は

このコラムは、より判りやすくするために2017年11月27日に改定した。倒産に関して、取締役の責任はどうなるのか、という問い合わせは多い。倒産はどうしても経済的な被害者が出てしまうので、倒産の当事者は“加害者”と位置付けられてしまうが、倒産それだけでは犯罪ではない。倒産にか... 続きを読む

倒産の周辺

2017-11-27

【改定】 倒産の定義

このコラムは、より判りやすくするために2017年11月13日に改定した。“事実上の倒産”といい、“倒産状態”といい、倒産の定義は確定していないように思える。わたしは、倒産の定義を以下としたい。① 会社の財務状態が[債務超過]  会社の負債が財産より大きい。破綻すると債権者(被害者... 続きを読む

倒産の周辺

2017-11-13

小規模零細企業や個人事業者の倒産処理(最も多いケース) [放置]

年商1,000万円程度の小規模零細な事業体(会社や個人事業)は多い。年商500万円程度の零細事業体もかなりあるようだ。そうした小規模零細企業の経営的な行き詰まりはどうなるのか。事業継続ができなくなる最終段階は、おおむね資金的な問題になる。◆事業の行き詰まり・売上が落ちて... 続きを読む

倒産の周辺

2017-11-01

【改定】 ある倒産への道程(プロセス)

このコラムは、より判りやすくするために2017年10月16日に二度目の改定をした。その依頼人がわたしの事務所を訪れたのは、一年ぶりだった。一年前に訪れた時、わたしは直ちに破綻処理が必要だと申し上げたのに、そのときの経営者の意思は、〝もう少しがんばってみる〝というものになった。... 続きを読む

倒産の周辺

2017-10-16

【改定】 倒産処理の原則

このコラムは、より判りやすくするために2017年10月2日に改定した。放置逃亡などの処置とはいえない方法以外の、真っ当な倒産処理の原則は、・会社の存在をなくすことである。そのためには、・会社のした契約(約束)をすべてなくすことであり、・会社の財産をすべて換金して、可能であ... 続きを読む

倒産の周辺

2017-10-02

【改定】 社長は離婚すべきか -連帯保証人とは

このコラムは、より判りやすくするために2017年9月18日に二度目の改定をした。この質問は根強い。経営危機コンサルタントを20年以上やっているが、いまだになくならない質問だ。「社長は離婚すべきか」この質問には以下の問題が控えている。・倒産すると社長の家族(妻)も責任を問わ... 続きを読む

倒産の周辺

2017-09-18

【改定】 倒産の実数(廃業数)

このコラムは、より判りやすくするために2017年9月4日に改定した。倒産数は民間調査会社によって毎年発表されている。ここ数年は、年間一万社を割っている。しかし、これにはカラクリがあって。正確な倒産の実数ではない。交通事故による死亡者数は、[交通事故を原因として24時間以内... 続きを読む

小規模零細企業の経営者の周辺

2017-09-04

【改定】 倒産 = 放置逃亡が、なくならない

このコラムは、より判りやすくするために2017年8月21日に改定した。倒産=放置逃亡、なにが悪い、と開き直るパターンがなかなか、なくならない。わたしは800件以上の倒産に関する相談に応じているが、誠実な経営者ほど贖罪意識にさいなまれることが多いので、[倒産自体は決して犯罪ではな... 続きを読む

倒産の周辺

2017-08-21

【改定】 100の倒産あれば、100の決着がある

このコラムは、より判りやすくするために2017年8月7日に改定した。いままで倒産処理のお手伝いをたくさんしてきたが、どれとして同じ倒産の決着はなかった。負債総額などの規模が違うといえばそれまでだが、依頼人の債務環境や財産環境によってもその処理は大きく変わってくるのだ。例え... 続きを読む

倒産の周辺

2017-08-07

1件~15件(103件)

過去の15件

RSS
相談料金 報酬

当事務所は、主として小規模零細企業の[経営相談]、[経営危機相談]に対応しています。対応している形態は、大きくは[相談対応]と、[アドバイス顧問契約対応]と、[委任...

著作の無料ダウンロード

内藤明亜の以下の二冊の著作が、PDFにて無料でダウンロードしていただけます。版元のご厚意で、無料で提供できるようになりました。かなり前の著作なので、実情に...

 
このプロの紹介記事
中小零細企業の経営危機、倒産に対するサポートを行う経営危機コンサルタント、内藤明亜(ないとうめいあ)さん

倒産の危機に面した経営者の利益を守り、最適な対策をアドバイスする(1/3)

 経営危機に直面した経営者にとって、事業を継続するか、倒産を受け入れるかを判断するのは、とても困難な問題です。特に中小零細企業にとっては、身近に相談できる相手がいないこともほとんど。そんな時に力になってくれるのが、経営危機コンサルタントの内...

内藤明亜プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自らの倒産経験を活かし、依頼人に寄りそった最適な対応が可能

事務所名 : 内藤明亜事務所
住所 : 東京都新宿区北新宿1-17-3 金元ビル202 [地図]
TEL : 03-5337-4057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5337-4057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤明亜(ないとうめいあ)

内藤明亜事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【改定】 倒産しないという選択

※ このコラムは、より判りやすくするために2018年1月22日に改定した。倒産状態にあっても、倒産しないという方...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 経営危機を突破する二つの道

このコラムは、より判りやすくするために2018年2月6日に改定した。経営危機とは、倒産の危機。事業の継続が...

[ 小規模零細企業の経営者の周辺 ]

【改定】 破産管財人の実態

※ このコラムは、より判りやすくするために2018年1月22日に改定した。倒産の法的処理(法人の破産)には、必ず破...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 弁護士(申立て代理人)の紹介

このコラムは、より判りやすくするために2018年1月8日に改定した。弁護士(申立て代理人)を紹介して欲しい、と...

[ 倒産の周辺 ]

【改定】 経営危機相談のハードル

このコラムは、より判りやすくするために2017年12月25日に改定した。当事務所に相談にいらっしゃる方は、一様...

[ 倒産の周辺 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ