コラム一覧

1件~15件(181件)

過去の15件

国外転出課税

平成27年税制改正の中でも最も注目されるのが「国外転出課税」です。これは1億円以上の有価証券等を保有する者が、平成27年7月1日以降に国外転出をする際に、その有価証券等を譲渡したのものとみなして所得税を課税するという制度です。日本の税制上、実現していない利益について課税をする... 続きを読む

税制改正のゆくえ

2015-03-31

寡婦控除と寡夫控除

確定申告が始まっていますが、市役所の税務相談会などで担当していると寡婦控除について質問を受けることがあります。女性の所得控除である寡婦控除とは次です。①夫と死別で本人の所得500万円以下(寡婦27万円控除)夫と死別後婚姻をしていない、もしくは夫の生死が明らかでない場合で... 続きを読む

所得税

2015-02-22

2年前納された国民年金保険料の社会保険料控除について

先日税理士会支部の所得税確定申告の無料相談会の担当者説明があり、その席で注意点として情報を頂いてきましたのでご案内します。国民年金については、平成26年4月から2年度分の保険料を口座振替でまとめて納める「2年前納」が始まっています。「2年前納」を利用すると、毎月納付する場合... 続きを読む

所得税

2015-01-25

平成27年度税制改正大綱の主要ポイント

あけましておめでとうございます。本年も2週に一度ペースでコラムを書いて行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。師走の選挙で12月30日に決定がずれ込んだ平成27年度税制改正大綱の主要なポイントを記しておきます。①消費税10%への引き上げ時期確定消費税の10%への引... 続きを読む

2015-01-12

預金口座にマイナンバー

政府は12月30日に発表される見込みの平成27年税制改正大綱で、平成30(2018)年からマイナンバーを預金口座に適用する方針を固めたという報道がされています。12月20日付け日本経済新聞↓(全文を見るためには有料登録が必要です)http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKASFS19H7I_Z11C... 続きを読む

税制改正のゆくえ

2014-12-23

マイナンバー制度の導入

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)をご存知ですか?マイナンバー制度とは、国民全員に番号を付して、社会保障や税についての行政の事務効率化を図り、国民の負担を軽減させ、適切な所得の再分配の実現、国民の社会保障の権利を守ろうとする制度です。かつては批判的に「国民総背番... 続きを読む

税務全般

2014-12-07

消費税10%導入の延長

衆議院が11月21日に解散し、12月14日に選挙が実施されることとなりました。平成27年10月に予定されていた消費税の10%への増税は、平成29年4月へと18か月間延期されることとなりました。安倍総理によると、平成29年4月からの10%実施については、景気判断条項を付すことなく確実に実施するとの... 続きを読む

消費税

2014-11-24

配偶者控除見直しの5案

毎年の税制改正議論で話題となる配偶者控除見直しですが、11月7日の政府税制調査会では5つの案が提示されています。①配偶者控除の廃止②配偶者控除に所得制限を設ける③移転的基礎控除の導入④移転的基礎控除の導入と税額控除化⑤配偶者控除に代えて、夫婦世帯を対象とした新たな控除... 続きを読む

税制改正のゆくえ

2014-11-09

出国税

富裕層が日本の税金を嫌って、日本を出国し香港やシンガポールなどに移住する動きがテレビなどで取り上げられます。出国して日本の非居住者となったあとに、含み益のある株式を売却しても日本では所得税がかかりません。一方で、香港やシンガポール、ニュージーランドなどでは、株式売却などの... 続きを読む

税制改正のゆくえ

2014-10-25

Jリーグ消費税未納

インターネットで11日の新聞記事「〈消費税未納〉Jリーグ監督・選手30人分 国税庁放置」が掲載されていました。http://mainichi.jp/shimen/news/20141011ddm041040123000c.htmlヤフーニュースのスポーツ欄にもリンクされていて、人気のJリーグに消費税??ということで目に止めた方も多い... 続きを読む

消費税

2014-10-12

「生計を一にする」とは

税法では「生計を一にする」という言葉が、あちこちで使われます。例えば、所得税の扶養控除の対象者(扶養親族)の要件では、「生計を一にする」親族が対象とされています。来年1月からの増税が話題の相続税では、一定の条件を満たす宅地の評価額が8割減額される「小規模宅地の特例」とい... 続きを読む

税務全般

2014-09-28

相続税相談が増えています

来年1月1日からの相続税増税を目前にして、あちらこちらで金融機関やハウスメーカーなどの主催による相続税セミナーや相続税相談会が開催されています。先日、私も吉祥寺のホテルで大手ハウスメーカーが開催する相続税相談会にて相談員を担当しました。その相談会は貸家不動産のオーナーの... 続きを読む

相続税・贈与税

2014-09-15

赤字企業の課税

本日の日本経済新聞一面の大見出し記事は「法人税、赤字企業の負担増」です。安倍政権は、法人税の実効税率の引き下げを公約しており、黒字企業は減税する一方で、赤字企業は増税をする方向で税制改正の議論に入るようです。企業のグローバル化が加速する中、優良企業を外国から呼び込む、... 続きを読む

法人税

2014-08-29

会社と個人事業の違い

「会社の税務と個人事業主としての税務の違いはあるのですか?」と会社勤務時代の友人に聞かれました。最近顧問先になったお客様で、個人事業主としてずっと仕事をやっていたけれどもチャレンジしてみようと決意し法人にしたという方がいらっしゃいます。その社長は、個人事業のときは自分... 続きを読む

法人税

2014-08-03

配偶者控除の対象となるか?

配偶者控除が女性の社会進出を阻害するという考えがあり、毎年のように配偶者控除の廃止が議論されています。個人的な感想としては「せっかくある所得控除を縮小・廃止しようなんてもったいない」と思っています。努力を積み上げて社会進出を果たしている女性から見て、これを不要と考える気持... 続きを読む

所得税

2014-07-21

1件~15件(181件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
東京都調布市の税理士法人シンフォ二ア 西山実さん

リアルタイムの経営業績を提示、会社を強くサポート(1/3)

 京王線調布駅から徒歩3分、緑と街が豊かに調和した場所に西山実税理士事務所はあります。ドアを開けると物腰が柔らかい温かな笑顔で出迎えてくれた西山実さん。税理士としての誠実さや明快さが心地良い、話しやすい人柄が印象的です。 西山実税理士事...

西山実プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 税理士法人シンフォ二ア
住所 : 東京都調布市小島町2-45-22 ワイズビル202 [地図]
(2011年11月28日移転)
TEL : 042-444-0582

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-444-0582

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西山実(にしやまみのる)

税理士法人シンフォ二ア

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
動画による相続税セミナーのご案内です

お申し込みはこちらへ

[ 相続税・贈与税 ]

「調布 相続相談センター」開設しました!
調布 相続相談センター

「税理士法人シンフォニア」と「くすのき法律事務所」の共同運営で、「調布 相続相談センター」を開設いたしまし...

[ ごあいさつ ]

国外転出課税

平成27年税制改正の中でも最も注目されるのが「国外転出課税」です。これは1億円以上の有価証券等を保有する者...

[ 税制改正のゆくえ ]

寡婦控除と寡夫控除

確定申告が始まっていますが、市役所の税務相談会などで担当していると寡婦控除について質問を受けることがありま...

[ 所得税 ]

2年前納された国民年金保険料の社会保険料控除について

先日税理士会支部の所得税確定申告の無料相談会の担当者説明があり、その席で注意点として情報を頂いてきましたの...

[ 所得税 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ