コラム

 公開日: 2017-06-29 

マイホームを買うなら今は買い時か?

FP

マイホームを買うときに物件選びはもちろんですが、合わせて気になるのは今後の不動産市況と、金利の動向ではないでしょうか。


これからの不動産市況


日本の人口は減少し始めています。空き家が増加していることが社会問題にもなり始めています。そのような状況下では多くの不動産が値下がりするだろうといわれています。

賃貸住宅も需要と供給のバランスで家賃が決まります。周辺の賃料が下がれば、いずれ家賃負担も安くなるでしょう。持ち家を取得する価格も将来はもっと安くなるかもしれません。

急いで住宅を取得する必要がない人はしばらく待つ、というのも選択肢になりそうです。

一方、持ち家を全期間固定の住宅ローンを組んで取得する人にとっては住宅購入時にそれ以降の住宅費は固定できます。しかも低金利が続いています。世間では、所得が増えるように政府の方針も後押ししています。将来所得が増えれば、その分住宅費の負担も相対的に軽くなるでしょう。

住み替えを考えている人は注意


そのような住宅相場の下落局面では注意しておかなければいけないことがあります。
今、持ち家を買い、将来家族構成が変わったりしたときには住み替えることを考えている場合です。

低金利の状況下といえども、住宅ローンの返済開始からしばらくは返済額に占める金利の割合が大きく、元本がなかなか減りません。数年内に住み換えようとした時、自宅を売ろうと思ったら住宅ローンの元本のほうが売却価格より高くなってしまう、ということもあり得ます。特にマンションは最近の価格上昇幅が大きかったので、今後の下落する可能性が気になります。

例えば、借入額5000万円、借入期間35年、金利1.2%固定の場合の返済額に占める金利分と元本分の割合は下図のようなイメージです。返済開始当初は返済額の35%近くが金利分の支払いになります。5年経過時の返済額合計は約875万円ですが、元本は4407万円。593万円しか減っていません。



もし、5年後に「子供が大きくなってきたので、今の家を売った資金で少し大きな家に住みかえよう」と考えた場合、今の家が4400万円以下の値段でしか売れない場合には、差額を自己資金で足さなければならなくなります。

同じ住宅を買う場合でも、頭金として自己資金で2割、つまり1000万円支払っていた場合、返済期間を同じ35年としていた場合の5年後の元本は3526万円となり、仮にその時点で売却価格が4200万円に下がっていたとしても手元に資金が残ります。

これからの金利動向


昨年8月にフラット35(借入期間21年~35年、融資率90%以下)の金利が最低の0.90%を付けました。現在は1.09%、7月の金利も同程度になるかと思われます。
民間の金融機関の金利もフラット35の金利推移と似たような動きをしています。
今後の金利動向を予測するのは難しいですが、昨年の8月のレベルまで下がることはないのではないでしょう。
今後は横ばいから緩やかな上昇に向かうと思います。

変動金利で借り入れ、金利が上昇した場合の住宅ローン返済額への影響を考えてみたいと思います。

先ほどの借入額5000万円、借入期間35年、金利を変動金利とし、当初借入額0.7%で5年ごとに0.3ポイントずつ金利が上昇。つまり5年後から1.0%、10年後から1.3%…(実際の変動金利は半年ごとの見直しです。)

この二つのケースで総返済額を比較すると1.2%固定の場合約6130万円、変動の場合で6200万円であまり大きな差が出ません。

つまり5年毎に0.3ポイント以下の金利上昇に収まると考えるならば、「変動金利」のほうが有利になると考えられます。また、低金利が継続する期間が長いほど元本の減少速度が速いので変動のほうが有利といえます。

金利は一様に上昇し続けるわけではありません。あくまでも参考としてお考え下さい。

まとめ


マイホームを取得するタイミングとして、金利面では今はチャンスです。一方、これからの不動産市況予測を考えると、終(つい)の棲家(すみか)として購入するならばよいと思いますが、将来の買い替えを考慮した場合、頭金なしで購入するのはリスクを伴います。

これからの金利動向は読むのは難しいですが、今後の不動産価格の下落予測などを考えると少し様子を見るというのも選択肢でしょう。

でも、不動産は唯一無二のもの。こんな家に住みたい!と思えるような不動産に出会ったら何とかしたいですよね。
マイホームが家計を見直すきっかけになったり、頑張って働いて給料を増やすモチベーションにもつながるかもしれません。税制面でのメリットもあります。(住宅ローン控除や親からの贈与を受けた場合住宅資金贈与の特例など)

できれば頭金を貯め、予算も事前に検討し、出会いのチャンスを逃さずに理想のマイホームを手に入れられたらよいですね。

西山ライフデザインは「不動産に強いファイナンシャル・プランナー」として「お金」と「不動産」のお悩みを解決します。

住宅の取得・売却・買換え、資産形成・活用、相続などのご相談をお待ちしております。

ご予約はこちらから↓
西山ライフデザイン ホームページ
http://www.nishiyama-ld.com/

この記事を書いたプロ

西山ライフデザイン株式会社 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 西山広高

東京都大田区南雪谷1-4-2  新勝雪谷ビル4F [地図]
TEL:03-6421-8673

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
西山ライフデザイン株式会社代表取締役 西山広高さん

「安心」「楽しい」「自分らしい」将来の暮らしをサポート(1/3)

 西山ライフデザイン株式会社代表取締役の西山広高さんは、お金と不動産の問題をサポートするファイナンシャルプランナー(FP)。人生を大きく変える住宅購入や土地相続のほか、将来、安心して自分らしく生きるための生活設計および対策を考えてくれます。...

西山広高プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

お金と不動産の知識で「ワンダフルライフ」の実現をサポート

会社名 : 西山ライフデザイン株式会社
住所 : 東京都大田区南雪谷1-4-2  新勝雪谷ビル4F [地図]
TEL : 03-6421-8673

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6421-8673

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西山広高(にしやまひろたか)

西山ライフデザイン株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

強力な将来のサポーターになってくれる西山さんをオススメします!

実家の母が高齢となり、相続についてどう考えるべきかを教え...

A
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
マイホーム購入のタイミング
イメージ

家を買う。そう決めるのは一大決心だと思います。生きている中では様々なイベントがあります。どのタイミン...

[ 不動産 ]

相続の相談は誰にする?
イメージ

「我が家は相続では揉めることはない。」と考えている人は少なくありません。そうお答えになる人たちは、 ・...

[ FP ]

相続の基本(セミナー報告)
イメージ

先日「おひとり様、ひとりっ子、子供のいない夫婦の相続」というテーマで、セミナーを開催しました。ご出席いた...

[ 相続 ]

相続対策の基本(贈与の活用)
イメージ

弊社では相続対策の相談をお受けしています。相続対策で最も大事なのは 「円満に次世代に資産を継承するこ...

[ FP ]

お金の教育
イメージ

いま、お金の教育が非常に大事だと思っています。元来、日本人はお金のはなしをするのが苦手、といわれます。...

[ FP ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ