コラム

 公開日: 2017-11-27 

職場の社員の過半数が、ハラスメントを受けた・見聞きしたと調査結果

日本労働組合総連合会の「ハラスメントと暴力の実態調査」調査によれば、約56%と過半数の社員が、ハラスメントを受けた・見聞きしたと回答しています。
今やハラスメントは解雇を超え、最大の労働トラブルとなっています。

また、ハラスメントの内容は、「パワハラなどの職場のいじめ・嫌がらせ」45%と最も多く、次いで「セクシュアルハラスメント」、「ジェンダーハラスメント」「マタニティハラスメント」になります。

上司や先輩からのハラスメントが最も多く、ハラスメントを受けたものの「誰にも相談しなかった」約42%も占めており、「仕事のやる気がなくなった、ミス・トラブルが増えた」が約47%、「仕事をやめた・変えた」は約18.9%ということが明らかになりました。

ハラスメントが起きる要因として、以下の5つが挙げられます。
①個人間の意識差(人間関係での信頼関係が出来ているという思い込み)
②雇用区分での扱い(非正規社員や女性社員への扱い)
③倫理観(気遣い・思いやりの欠如。嫌がらせ)
④管理職のマネジメント能力(指示の出し方、不当な評価)
⑤職場のコミュニケーションの希薄さ

職場でハラスメントがあった場合、またハラスメントの発生を予防するには、「組織風土づくり」「社員教育」が効果的です。

経営層からの強いメッセージや決意表明を、会社の期初などの節目毎に発信してくことで組織風土改善の原動力になり、これを社内の規則やルールに明文化してくことや相談間口の設置などで抑止力が生まれます。

また、経営層の方針に基づき現場に落としこむ管理職に対してのハラスメント研修・マネジメント研修、現場で働く一般社員へのメンタルヘルス研修やコミュニケーション向上のワークショップなどを行うことで組織の風土が改善され、ハラスメントが発生しにい職場になります。

社員がイキイキする会社・組織風土づくりをしませんか?
http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

★社員が働きたいと思う会社づくりのご質問・ご相談はお気軽に★
オフィシャルページ【人事・労務の玉手箱】
http://www.nari-sr.net/contact/

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

株式会社トレジャー・ファクトリー様所在地:東京都千代田区URL:http://www.treasurefactory.co.jp代表取締役社長 野坂 英吾 様総務部長    関根 喜之...

 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

介護離職、年間9万9100人 深刻な状況続く
イメージ

総務省の2017年の就業構造基本調査により、家族の介護や看護のために仕事を辞める「介護離職」が年間9万9100人に上...

[ 人事・労務 ]

過労死・過労自殺の労災認定、昨年度と横ばい状態
イメージ

厚生労働省の「過労死等の労災補償状況」により、過労死や過労自殺(未遂を含む)で労災認定された人が2017年度は...

[ 人事・労務 ]

サバティカル休暇制度が注目
イメージ

「人生100年時代」の到来を見据え、経済産業省の有識者研究会がまとめた報告書でも、企業にその導入が提唱され、サ...

[ 人事・労務 ]

大企業のシニアや業界全体の人材流出防止として、地方の活用が注目
イメージ

大企業で培った専門性を社外で生かしたいシニア人材と、経験豊富な大企業の人材を獲得したい地方企業の双方に潜在...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ