コラム

 公開日: 2017-11-21 

ワンデーインターンシップの実施企業が増加

大学生の就職内定率は、10月1日現在で75.2%と、調査を始めた1996年度以降で最高水準となり、厚生労働省は「企業の人手不足感が強まり、採用活動が前年より早まった影響が出た」と分析しています。

売り手市場が続く中、学生に自社をPRして応募につなげようと、1日限りの「ワンデーインターンシップ」を開く企業が増えています。
マイナビ社による「今夏以降にインターンを実施したか」という調査では、予定している約700社のうち、ワンデーインターンを実施する割合は約70%となっています。

学生にとっても効率よく多くの企業を知る機会が増えることにより、採用のミスマッチを防ぐといったメリットがあります。

インターンは、学生に学習の機会を与えることが本来の目的で、複数日の実施が望ましいとされ、経団連の指針では「教育的効果が乏しく、企業の広報活動や選考活動につながるような1日限りのプログラムは実施しない」としているが、事実上の会社説明会として利用している企業も少なくないことが実態になり、採用活動の実質的な前倒しだ、との批判もあります。

学生の就職観の調査においては「楽しく働きたい」が十数年連続1位、行きたくない会社については「暗い雰囲気の会社」が18年連続1位と、職場の雰囲気や人間関係等の企業風土を最も重要視する傾向は変わりません。

ワンデーインターンシップを活用し、職場の風土を同時にPRすることで、新卒の採用力を向上してはいかがでしょうか。

社員がイキイキする職場づくりセミナー
http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

★社員が働きたいと思う会社づくりのご質問・ご相談はお気軽に★
オフィシャルページ【人事・労務の玉手箱】
http://www.nari-sr.net/contact/

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

株式会社トレジャー・ファクトリー様所在地:東京都千代田区URL:http://www.treasurefactory.co.jp代表取締役社長 野坂 英吾 様総務部長    関根 喜之...

 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

人手不足と外国人材の活用
イメージ

日本商工会議所の調査では、6割の中小企業が人手不足と回答しており、人手不足が深刻化しています。帝国データバン...

[ 人事・労務 ]

失敗を歓迎することが生産性を向上させる
イメージ

自らの会社と社員に「もっと多くの間違いを犯そう、もっと多くの失敗を歓迎しよう」と訴える成功企業のリーダーが...

[ 人事・労務 ]

やらされ感のある仕事をやりがいのある仕事に見直す方法
イメージ

社員が、与えられた仕事の範囲や他者との関わり方を、主体的に変えていく手法として、「ジョブ・クラフティング」...

[ 人事・労務 ]

ミレニアル世代は、短期間で成長できる多様なキャリアを求めている
イメージ

2020年には、ミレニアル世代(1982~1996生まれ)が世界の労働力人口の35%を占めると言われており、この世代を理...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ