コラム

 公開日: 2017-09-20 

労働人口減少による事業の見直し

日本の人口は2005年の1億2729人をピークに人口は毎年減少し、14歳から64歳までの人口も約7500万人から2500万人も減少するため、国内市場の規模が縮小いくことが予想されます。
故・松下幸之助の側近である江口氏によれば、人口減少と超高速時代の経営モデルとして、「コラボ経営」「変身経営」「駆逐艦経営」の3つの経営モデルによる事業の見直しが述べられています。
・「コラボ経営」1人のお客を2回、お客になってもらう、
        1カ所を1日2回、別々の会社が使用する経営
・「変身経営」今ある事業基盤を活用し、事業内容を
       変身または、新規事業を展開する経営
・「駆逐艦経営」規模拡大を抑え、
        1人当たりの利益を重視した経営

労働人口の減少による経営戦略の見直しとともに、社員に求められる役割や能力が変わることや、1人当たりの利益や生産性を重視するため、会社の方向性の変更による人材の活用や評価・育成などの人事戦略も改めて検討する必要があります。

事業の見直しをする際には、ビジョン・想いから作る人事評価制度もご検討されてはいかがでしょうか。

すまいる人事制度&人事評価制度セミナー
http://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

参考)人口減時代の経営戦略を真剣に考えるべきだ
http://toyokeizai.net/articles/-/187226

★社員が働きたいと思う会社づくりのご質問・ご相談はお気軽に★
オフィシャルページ【人事・労務の玉手箱】
http://www.nari-sr.net/contact/

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

年次有給休暇所得促進など、「ワーケーション」の動向が注目
イメージ

欧米で広がりつつある旅行先のリゾート地などで休暇を兼ねてテレワークを行いながら仕事をする「ワーケーション」...

[ 人事・労務 ]

離職防止の強化のポイント
イメージ

人手不足や「売り手市場」が進む中、人材流出や社員を採用し続けることには企業にとって、大きなコストインパクト...

[ 人事・労務 ]

平成30年度厚生労働省予算概算要求
イメージ

9月20日、平成30年度厚生労働省予算概算要求の概要が発表されました。「働き方改革の着実な実行」に向けての戦略...

[ 人事・労務 ]

仕事でストレスを感じる社員数は増加も、ケアの実施企業は減少
イメージ

厚生労働省の2016年労働安全衛生調査により、仕事で強いストレスを感じているビジネスパーソンは前年度比3.8ポイン...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ