コラム

 公開日: 2016-10-04 

会話によって、部下のやる気と引き出すには

部下のやる気を上げ、育成することは上司の任務でです。

「褒めること」と「話を聞くこと」は部下との会話によって、やる気を引き出す方法として重要ですが、ある部下には褒めることで、やる気を上げられるのに、褒めてもプレッシャーを感じるので余計なお世話だと感じる部下もいる、というお悩みをお聞きすることがあります。

「褒めること」は具体性と時間差というコツがあります。
具体的に褒めることによって何が喜ばれたのかがわかり、その後の行動にも影響を与え、
その場でお礼をいった後に、夜メールで褒める等の時間差で褒めることで、より一層感情に訴えかけることが出来ます。

「話を聞くこと」は最後まで聞くことが鉄則です。
日本語の文法の構造上、話を最後の最後まで聞かないと、否定しているか肯定しているかがわかりませんし、話の途中で遮られると、感情を害してしまいます。
日本だけでなく世界共通のルールです。

行動を褒めることを行動承認、結果を褒めることを結果承認、話を聞くことを存在承認と言い、承認には様々な方法があり、部下のやる気をあげることに効果的です。

承認力を向上して、部下のやる気をあげませんか?
社員がイキイキする職場づくりセミナー
http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

参考)“時間差褒め”“最後まで聞く”部下をやる気にさせるトーク術
http://president.jp/articles/-/20165

★社員が働きたいと思う会社づくりのご質問・ご相談はお気軽に★
オフィシャルページ【人事・労務の玉手箱】
http://www.nari-sr.net/contact/

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

月に一度、金曜日が半休という制度を導入している企業
イメージ

長時間労働の是正など、企業は多様な働き方ができる環境の整備が求められきており、社員が働きたくなる職場環境の...

[ 人事・労務 ]

不祥事を抑制する、会社の「価値観」の共有
イメージ

大企業を始めたとした企業の不祥事のニュースが絶える事がありません。なぜ、不祥事は繰り返されるのでしょうか...

[ 人事・労務 ]

働き方は量より質へ
イメージ

長時間労働、過重労働が問題になる中、在宅勤務を活用し、場所に捉われない働き方=モバイルワークを、企業が積極...

[ 人事・労務 ]

大学の就職内定率は、過去2番目の高水準
イメージ

文部科学、厚生労働両省の調査によると、来春卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率は、前年同期比4.7ポイン...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ