コラム

 公開日: 2014-06-20  最終更新日: 2014-07-31

3社に1社が出張費用を削減、日当・宿泊費を見直し


労務行政研究所の「国内・海外出張旅費に関する実態調査」より。最近3年間に国内出張費用を削減した会社が3社に1社。

最近3年間に国内出張費用を削減した企業は33.6%。
削減した内容は「日当の見直し」(43.4%)、「宿泊料の見直し」(35.5%)、「テレビ・インターネット会議の導入・活用」(30.3%)。

前回2000年の調査では、「回数券の利用」「宿泊から日帰り出張に切り替え」「出張回数(人数)の削減」「ディスカウントチケットの利用」などが上位だったが、前回の調査では回答が少なかった日当や宿泊料の見直しが今回は上位となった。

宿泊日当の支給は9割以上の会社で行われており、支給額は出発・帰着時刻による増減を設けている企業が6割近くにのぼっている。

宿泊料は上限付き実費支給が多く、一般社員で8,000~8,500円、課長・部長クラスで10,000円~10,500円程度となっている。

国内出張時の新幹線グリーン車の利用許可状況では、社長に利用を認めている企業は約7割、取締役に認めている企業は約半数。

一方、海外出張時の航空機ビジネスクラス以上の利用許可状況を聞いたところ、社長に利用を認めている企業は6割以上(ファーストクラス25.1%、ビジネスクラス41.5%)、取締役に認めている企業は5割超(ファーストクラス4.1%、ビジネスクラス53.2%)。

全体的にみると、役員クラスの費用が削減され、一般社員は横ばいとなっている。
(ここまで)

自分もですが、移動時間が短縮された事により、日帰り出張が増えています。

時代の変化に応じて、出張旅費や日当のあり方も変わってきます。

役員自身のコスト意識が高まったのが背景にあるのではと記事にはありました。コスト意識が高まるのは良い事ですが、目に見える料金だけに囚われると、返ってコストがかかってしまっている場合があります。特に、時間コストとのバランスを考えた上で検討すべきと考えています。

行政の調査結果は以下より
民間企業の旅費に関する実態調査報告書(H23年版、財務省)
http://www.mof.go.jp/procurement/approach/team/seikabutsu/minkankigyouryohi.pdf

★オフィシャルページ【人事・労務の玉手箱】
http://www.nari-sr.net


この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

社員の生産性を高める、改革のメカニズム
イメージ

最近、政府が掲げる「働き方改革」が様々な記事やニュースで話題となっています。企業にとって、長時間労働の抑...

[ 人事・労務 ]

優秀な人材確保のため、カルビーがテレワークの上限日数を撤廃
イメージ

カルビーは2017年4月以降に、多様な働き方を認めることで、優秀な人材を確保することを目的に、自宅など社外で勤...

[ 人事・労務 ]

働き方改革には社員の人柄と行動変容が重要
イメージ

ノーベル賞を受賞の経済学者ジェームズ・ヘックマンの研究によると、世俗的な成功にはIQスコアはほぼ無関係であり...

[ 人事・労務 ]

No残業手当制度と社員の生産性
イメージ

紳士服事業のはるやまホールディングスは、残業をしない生産性の高い社員の評価制度を整えることで、社員自らが「...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ