コラム

 公開日: 2014-06-11  最終更新日: 2014-07-31

マタニティハラスメント(マタハラ)の認知は6割


連合が実施した「マタニティハラスメント(マタハラ)」の実態に関する第2回の意識調査より。

◆「マタハラ」という言葉を知っている 62.3%(昨年20.5%)

◆自分が「マタハラ被害者」 26.3% (昨年25.6%)、周囲に「被害者」 27.3%(昨年23.2%)

◆マタハラの原因
1位 男性社員の妊娠出産への理解不足・協力不足 66.1%
2位 フォローする社員への評価制度や人員増員などケア不足 39.3%

◆マタハラを改善する方法
1位 企業内での制度整備と、企業の理解促進 51.9%
2位 育児に携わった女性の管理職・経営陣への登用 51.1%
他に男性の育児参加制度整備や空気づくり、育児に携わった男性の登用への期待

◆働きながら子育てをしたい 81.3%

◆子どもを預ける環境は、キャリア形成に影響がある 93.1%

◆自由回答より
子どもを保育園に預けるには、9月ごろに4月の就業証明が必要。でも子供を預けられないので、9月の時点では働けない。
9月に仕事の面接をして4月から採用なんてのは正社員じゃなきゃありえない。
しかも保育園の入所が決まるのが2月ごろなので、もし定員で保育園に入れなかったらせっかく4月からの就業証明をもらっても働けない。
子どもを連れてだと仕事の面接もいけないので、何もかも矛盾している。子どもを預け始めてから就業証明書を提出するように変えてほしい。
(以上、結果より抜粋)

自由回答にあるような働く女性に対する保育制度自体の柔軟性のなさと現場理解の不足に、いつも疑問を感じます。

弊社もママさん社員が活躍しています。

時間に限りがあるせいか、とてもパフォーマンスよく仕事を進めていきます。

ただ、お子さんが急に体調を崩したりすると、迎えに行くために早退したり休んだりしなければならず、業務に支障が出ないとも限りません。

そこは体制面でカバーしていくしかなく、多くの企業でも人員体制を工夫し対応しているところとなります。

今後も確実に増えていくママさん社員をどう活かしていくかは、企業側に求められている課題でもあります。

福利厚生を充実させ、万が一の時に休める仕組みをあらかじめ用意しておく会社も出てきたりと、これをクリアする事で企業の拡大成長がみえてきます。

一方で、働く側にも「子どもの事だからと」気持ちの甘えがあっては、企業側は気持ちよく受け入れてくれません。

一緒に働く他の社員への影響も少なからずあるわけで、お互いにサポートしあえる職場環境にしていくためにも、双方の立場を認識する事が重要であるといえます。

第2回 マタニティハラスメント(マタハラ)に関する意識調査(連合)
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/chousa/data/20140605.pdf

★オフィシャルページ【人事・労務の玉手箱】
http://www.nari-sr.net

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

不祥事を抑制する、会社の「価値観」の共有
イメージ

大企業を始めたとした企業の不祥事のニュースが絶える事がありません。なぜ、不祥事は繰り返されるのでしょうか...

[ 人事・労務 ]

働き方は量より質へ
イメージ

長時間労働、過重労働が問題になる中、在宅勤務を活用し、場所に捉われない働き方=モバイルワークを、企業が積極...

[ 人事・労務 ]

大学の就職内定率は、過去2番目の高水準
イメージ

文部科学、厚生労働両省の調査によると、来春卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率は、前年同期比4.7ポイン...

[ 人事・労務 ]

「何のために働くか」という調査結果、「生活のため」が大半
イメージ

「何のために働くか」の調査によると、「今の仕事が好きか嫌いか」では、好き24%、嫌い27%、好きや嫌いという感...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ