コラム

 公開日: 2014-05-26  最終更新日: 2014-07-31

過労死防止法が成立


過労死防止を「国の責務」と明記した初の法律「過労死等防止対策推進法案」が、今国会で成立する公算が大きくなりました。

法案は長時間労働などに対する規制や罰則を定めるのではなく、社会的な損失である過労死や過労自殺をなくすため、国の責任で防止対策を実施するとの理念を明確にするのが目的との事。

法案では国が実施する対策として以下を掲げています。
(1)過労死の実態の調査研究
(2)国民の関心と理解を深めるための啓発
(3)産業医への研修など相談体制の整備
(4)民間団体の活動支援

また地方自治体や事業主にも協力を求め、「勤労感謝の日」を含む毎年11月を啓発月間とするようです。

法案では過労死を「業務における過重な負荷による脳・心臓疾患や精神障害を原因とする死亡や自殺」と定義していますが、過労死の実態には不明な点も多いため、調査研究は定義外のケースも含めて幅広く取り扱っていくようです。

対策については国に大綱の作成を義務付け、過労死遺族や労使の代表をメンバーとして厚生労働省内に設ける「防止対策推進協議会」からの意見を参考にしていきます。

調査研究結果や対策の実施状況を毎年国会へ提出するよう義務付けます。

人事労務面での過労死というと、長時間労働・過重労働からくる精神疾患による自殺や、脳・心臓疾患を原因とする死亡が想像されます。

長時間労働・過重労働が直ちに過労死につながるわけではなく、これらが継続的に続く事により様々な症状を発症し、結果的に死亡に至ってしまうというものです。

原因が一定でないところから、今回の法律でも調査研究を幅広く行っていくとしています。

本法では直接的な規制や罰則は設けないとありますが、過労死防止を国の責任と定義付けるという事は、企業側にも相応の義務を求め、労働行政上も実態調査を行うものと考えます。

今後の具体的な施策を注目する必要がありそうです。

過労死等防止対策推進法案
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/186/pdf/t051850281850.pdf

★オフィシャルページ【人事・労務の玉手箱】
http://www.nari-sr.net

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人スマイング [ホームページ]

社会保険労務士 成澤紀美

東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL:03-6300-0485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
なりさわ社会保険労務士事務所 成澤紀美さん

元システムエンジニアならではの視点で、IT業界の人事労務の問題を解決します(1/3)

 新宿から京王新線で2つめの幡ヶ谷駅から徒歩1分。代表の成澤紀美さんを中心に、ほとんどが女性スタッフで構成される「社会保険労務士法人スマイング」は、とくにIT業界に特化して、人事労務のさまざまな問題に取り組んでいます。実は成澤さん自身が、も...

成澤紀美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

IT業界の人事・労務トラブル解決、就業規則に強み

事務所名 : 社会保険労務士法人スマイング
住所 : 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F [地図]
TEL : 03-6300-0485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6300-0485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

成澤紀美(なりさわきみ)

社会保険労務士法人スマイング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
社労士業務の専任担当者、給与計算実務経験者を募集中です

現在、業務拡大に伴い、社会保険労務士業務である各手続専任担当者と、給与計算業務担当者を募集しています。!...

働き方改革には社員の人柄と行動変容が重要
イメージ

ノーベル賞を受賞の経済学者ジェームズ・ヘックマンの研究によると、世俗的な成功にはIQスコアはほぼ無関係であり...

[ 人事・労務 ]

No残業手当制度と社員の生産性
イメージ

紳士服事業のはるやまホールディングスは、残業をしない生産性の高い社員の評価制度を整えることで、社員自らが「...

[ 人事・労務 ]

若手社員が感じる中小企業で良かったこと
イメージ

アイリサーチ社による社員50人未満の企業に勤める20~30代の男性会社員を対象とした「中小企業に勤めていて良かっ...

[ 人事・労務 ]

1月から変わること②
イメージ

今月から「育児・介護休業法」も改正がされています。まず「有期契約労働者」に対する扱いが改正されていま...

[ 人事・労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ